「湾岸ミッドナイト」狂気の走り屋たち。人物と車をまとめてみました。(5)
2018年9月20日 更新

「湾岸ミッドナイト」狂気の走り屋たち。人物と車をまとめてみました。(5)

さぁいよいよ最終回となります第5回目。「ユウジ編」(地上のゼロ編)→「荻島編」(FDマスター編)となります。連載されていたのも2000年を超えていますが、この漫画だけは読み続けたという方も多いのではないでしょうか?最後のオチは少々とってつけの感じも多少しましたが、この長い連載を終わらせるためにはそれぐらいの強引さが必要なのでしょう。まずは見てみましょう。

5,945 view

はじめに

夜の首都高を疾走するZ

夜の首都高を疾走するZ

出典 湾岸ミッドナイトDVD第十三巻
いよいよこの長い物語も終わりを迎えようとしている。アキオの人間的魅力と「悪魔のZ」と呼ばれた車の不思議な楽しさを普通に描いた名作だったと思いう。何しろ間違いなく確信犯的なスピード違反行為を繰り返し、それを普通の事と読者に疑問を持たせなくなるという麻薬の様な作品だったように思う。
さて、それでは最後の2編をご紹介しよう。

「ユウジ編」(地上のゼロ編)

岸田 ユウジ

職場でのユウジ

職場でのユウジ

無き父の後を追ってか、偶然か・・・晩年の亡父の弟子であったカメラマンに付いて修行中である。
ホンダ・S2000 AP2

ホンダ・S2000 AP2

ボディタイプ 2ドア オープン
エンジン F20C型:2.0L 直4 DOHC VTEC
駆動方式 FR
最高出力 F20C型:250PS/8,300rpm
最大トルク F20C型:22.2kgf·m/7,500rpm
変速機 6速MT
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
全長 4,135mm
全幅 1,750mm
全高 1,285mm
ホイールベース 2,400mm
車両重量 AP2型:1,250-1,270kg
【画像提供:カーセンサーnet】
年歳は離れているが「YM SPEED」山本の異母兄弟である。戦闘機マニアで特に第二次世界大戦時の戦闘機を好む。特別車に興味はなかったが、父親の訃報で訪ねた際、山本に誘われ「地上のメッサーシュミット」ことブラックバードのポルシェ911ターボを追いかけるため、「地上の零戦」を共に作るべくS2000(AP2)で走り始める
登場時には車自体乗っていなかった(所有していなかった)。この物語の登場人物では高木を例外とすればただ一人この男のみである。しかし地上のゼロを探し、様々な車に乗り、やっと出会えたのがHONDA S2000だった。主人公のアキオにブラックバードのポルシェ・ターボに乗れるように仕向けられた。それはまさに地上のメッサーシュミットだった。

山本 和彦

YM SPEEDのデモ車と

YM SPEEDのデモ車と

「YM(ヤマモト)SPEED」代表。当初は「山本自動車」として登場しチューニングカーに対し否定的な考えを持ち(走り屋という言葉で暴走行為を正当化することに疑問を感じていた)
ユウジとは異母兄弟。
搭乗車種:日産・スカイラインGT-R V-spec (BNR34)
ボディーカラー…ベイサイドブルーメタリック
仕様・馬力:(R34のもの)ブーストアップ仕様 350〜400馬力
出典 KCコミック湾岸ミッドナイト第三十五巻P3
スカイラインGT-R 2.6 VスペックII ニュル ...

スカイラインGT-R 2.6 VスペックII ニュル 4WD クーペ

エンジン RB26DETT
駆動方式 4WD
最高出力 280PS/6,800rpm
最大トルク 40.00kgf·m/4,400rpm
変速機 6速MT
サスペンション 前後マルチリンク
全長 4,600mm
全幅 1,785mm
全高 1,360mm
ホイールベース 2,665mm
車両重量 1,560kg
【画像提供:カーセンサーnet】
レイナのGT-R以外チューンを受け付けていなかったが、ケイのスープラを仕上げたのち本格的にチューニングを再開し、昔の「YM(ヤマモト)SPEED」に看板を戻す(ただし以前同様に整備関係も受け持っている)。
温厚そうな外見から「地獄のチューナー」と呼ばれる北見に対し一見水と油のように思われがちであるが、機械をトコトン追い込んでゆく妥協がない姿勢は共通しており、大田曰く「ちょっとやばい」チューナー。一般道でも容赦なくアクセルを踏み込むことからもその片鱗を窺い知ることができる。チューナーになる以前は某メーカーにて開発をしていたらしい。湾岸線の海底トンネルは昔から得意ではないと言っている。
改めてのご紹介となる。このユウジ編においてもう一人のキーマンとして描かれているからでもあるが、山本自身この頃にはチューンドカー考え方を変えており、自身の会社「山本自動車」も「YM SPEED」と昔のチューナー時代に戻しているからである。この変化に、「悪魔のZ」やアキオ・レイナ・ブラックバードなどが深くかかわっていることは言うまでもない。
ユウジの異母兄であるが歳はかなり離れている。ユウジとチューンドカー「地上の戦闘機」を共に作り上げることにより、何かを伝えようとしている描写が複雑である。

その他の登場人物

アキオとブラックバードこと島 達也

アキオとブラックバードこと島 達也

出典 KCコミック湾岸ミッドナイト第三十五巻P78
DBWについて語る富永

DBWについて語る富永

出典 KCコミック湾岸ミッドナイト第三十五巻P59
このユウジ編ではいつものメンバーが顔をそろえている。特にチューナーの中でも「セッティングの富永」はDBW(ドライブ・バイ・ワイヤー)を視野に入れデータを集めている。その中で富永本人がこの電子スロットに最も適していると思われた車がHONDA S2000だった。富永自身がこの車を購入し、所有する。

「荻島編」(FDマスター編)

荻島 信二

36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「湾岸ミッドナイト」狂気の走り屋たち。人物と車をまとめてみました。(4)

「湾岸ミッドナイト」狂気の走り屋たち。人物と車をまとめてみました。(4)

さて第4回目です。前回から少し時間が空きましたが、再開させていただきます。第4回目は「城島編」(幻のFC編)・「友也編」(ガレージACE編)・「マコト編」(幻のF1タービン編)までをご紹介させていただきましょう。全体を通して半分以上をすぎるところでしょうか・・・コミックで30巻辺りまででしょう。
yakushakowai | 7,067 view
「湾岸ミッドナイト」狂気の走り屋たち。人物と車をまとめてみました。(3)

「湾岸ミッドナイト」狂気の走り屋たち。人物と車をまとめてみました。(3)

第3回目は「圭一郎編」「黒木編」「エイジ編」までご紹介します。主役の車たちは「80スープラ」「GT-R(33R)」「ランエボⅤ」当然みな「Z」を中心に回り始め、ブラックバード「911ターボ」、レイナ「GT-R(32R)」が絡んでいます。そしてチューナーたちにもスポットが当たるようになってきました。
yakushakowai | 14,876 view
2~3代目ポルシェ911バブルカーに憧れて!!

2~3代目ポルシェ911バブルカーに憧れて!!

1974年 ~ 1989年まで製造販売された2代目ポルシェ911。決して実用的では無いけど誰もが憧れた車の1台ではないでしょうか。その辺をまとめてみました。
ギャング | 4,960 view
カーアクション映画『ノーマンズ・ランド』チャーリー・シーン主演のポルシェしか盗まない窃盗団?!

カーアクション映画『ノーマンズ・ランド』チャーリー・シーン主演のポルシェしか盗まない窃盗団?!

この映画は、ポルシェ専門窃盗団のボスと潜入捜査官として彼に近づく新米警官の話です。また劇中では、カー・チェイスなどスリリングで魅力的な映像が多く観られます。
星ゾラ | 1,577 view
湾岸ミッドナイト「悪魔のZ」、リアルに再現された1/18スケールモデルが受注開始!!

湾岸ミッドナイト「悪魔のZ」、リアルに再現された1/18スケールモデルが受注開始!!

高い人気を誇るカーバトル漫画「湾岸ミッドナイト」の主人公朝倉アキオが運転する『悪魔のZ(フェアレディZ S30)』が1/18スケールモデルで登場し、受注が開始された。
red | 22,294 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト