70年代前半にアルバムが7作連続で全米首位に輝いた男、エルトン・ジョン
2016年7月11日 更新

70年代前半にアルバムが7作連続で全米首位に輝いた男、エルトン・ジョン

70年代のエルトン・ジョンは凄かった!人気、作品の質、そして量と全てが桁違いです。奇跡ともいえる栄光の7枚のアルバムを紐解いてみます。

1,525 view

エルトン・ジョン

Elton John

Elton John

エルトン・ジョンは、1969年にソロ・デビューし、コンスタントにヒット曲を出し続けています。現在までのアルバム総売上枚数は全世界で3億枚を超えており、世界で最も成功したミュージシャンの一人です。

人気としては1970年代前半が全盛期で、アルバムでいうと1972年の「ホンキー・シャトー」、「ピアニストを撃つな!」(1973年)、「黄昏のレンガ路」(1973年)、「カリブ」(1974年)、「グレイテスト・ヒッツ」(1974年)、「キャプテン・ファンタスティック」(1975年)、「ロック・オブ・ザ・ウェスティーズ」(1975年)が7作連続全米首位になるという偉業を成し遂げています。

この時期のエルトン・ジョンといえば、派手な衣装に派手なメガネがなんとも印象的です!
僕の歌は君の歌

僕の歌は君の歌

まず、何と言ってもエルトン・ジョンの快進撃は、1970年に発表されたシングル「僕の歌は君の歌」から始まったといっていいでしょう。
当初は「パイロットにつれていって」のB面として発売されていたこの曲は、全米チャートの8位にまで上がるヒットとなりました。

Elton John - Your song

It's a little bit funny this feeling inside I'm not one of those who can easily hide I don't have much money but boy if I did I'd buy a big house where we bo...
それでは、エルトン・ジョンの奇跡の7作品を紐解いていきましょう。

ホンキー・シャトー

Honky Château

Honky Château

1972年5月リリース
そして、本作が大ブレーク!
シンセイサイザーを用いた軽快なポップサウンドの本作よりエルトン・ジョンの快進撃がはじまります。

【収録曲】
1.ホンキー・キャット - Honky Cat
2.メロウ - Mellow
3.自殺の予感 - I Think I'm Going to Kill Myself
4.スージィ - Susie(Dramas)
5.ロケット・マン - Rocket Man(I Think It's Going to Be a Long Long Time)
6.サルヴェイション - Salvation
7.スレイヴ - Slave
8.エイミー - Amy
9.モナ・リザ・アンド・マッド・ハッター - Mona Lisas and Mad Hatters
10.ハーキュリーズ - Hercules

Elton John - Rocket Man

Song called "Rocket Man" by Sir Elton John. Available on the album Honky Chateau (1972) . Lyrics: She packed my bags last night pre-flight Zero hour nine a.m...

ピアニストを撃つな!

Don't Shoot Me I'm Only the...

Don't Shoot Me I'm Only the Piano Player

1973年1月リリース
アルバムタイトルとジャケット・デザインは、フランソワ・トリュフォー監督の映画「ピアニストを撃て」のパロディ(?)になっています。
シングル・ヒットした「クロコダイル・ロック」、「ダニエル」以外の曲もとてもポップで楽しいアルバムです。

【収録曲】
1.ダニエル - Daniel
2.僕には先生が必要 - Teacher I Need You
3.にわとこのワイン - Elderberry Wine
4.ベイビーと僕のためのブルース - Blues for My Baby and Me
5.ミッドナイト・クリーパー - Midnight Creeper
6.罪人にあわれみを - Have Mercy on the Criminal
7.ティーン・エイジャーのアイドル - I'm Going to Be a Teenage Idol
8.テキサスのラヴ・ソング - Texan Love Song
9.クロコダイル・ロック - Crocodile Rock
10.ハイ・フライング・バード - High-Flying Bird

Elton John - Crocodile rock

Elton John - Crocodile rock

Elton John - Daniel 1973

Elton John - Daniel 1973 Daniel is travelling tonight on a plane I can see the red tail lights heading for Spain Oh and I can see Daniel waving goodbye God i...

黄昏のレンガ路

Goodbye Yellow Brick Road

Goodbye Yellow Brick Road

1973年10月リリース
本作をエルトン・ジョンの最高傑作とするファン多数の名盤中の名盤です。
レコードでは2枚組の大作でもありました。

タイトルにあるイエローとは黄金のことで、「イエロー・ブリック・ロード」は黄金で出来た芸能界への道。すなわち出世街道を意味しています。

【収録曲】
1.葬送〜血まみれの恋はおしまい(メドレー) - Funeral for a Friend(Love Lies Bleeding)
2.風の中の火のように(孤独な歌手、ノーマ・ジーン) - Candle in the Wind 
3.ベニーとジェッツ(やつらの演奏は最高) - Bennie and the Jets
4.グッバイ・イエロー・ブリック・ロード - Goodbye Yellow Brick Road
5.こんな歌にタイトルはいらない - This Song Has No Title
6.グレイ・シール - Grey Seal
7.碧の海ジャマイカにおいで - Jamaica Jerk-Off
8.僕もあの映画をみている - I've Seen That Movie Too
9.スィート・ペインテッド・レディ - Sweet Painted Lady 
10.ダニー・ベイリーのバラード(ケンタッキーの英雄の死) - The Ballad of Danny Bailey(1909-34)
11.ダーティ・リトル・ガール - Dirty Little Girl
12.女の子、みんなアリスに首ったけ - All the Girls Love Alice 
13.ツイストは踊れない - Your Sister Can't Twist(But She Can Rock‘n Roll)
14.土曜の夜は僕の生きがい - Saturday Night's Alright for Fighting
15.歌うカウボーイ、ロイ・ロジャース - Roy Rogers
16.こんな僕こそ病気の典型 - Social Disease
17.ハーモニー - Harmony

"Goodbye Yellow Brick Road" - Elton John [Subtítulos en español].

"Goodbye Yellow Brick Road" (1973) - Elton John [Subtítulos en español].
39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

エルトン・ジョン邸のプライベートギャラリーにて、毎年恒例のチャリティーディナーを開催!

エルトン・ジョン邸のプライベートギャラリーにて、毎年恒例のチャリティーディナーを開催!

エルトン・ジョンとデヴィッド・ファーニッシュは、イギリス オールドウィンザーに佇むエルトン・ジョン邸のプライベートギャラリーにて、毎年恒例のチャリティーディナーを開催した。イタリアのハイジュエラー ブルガリのパートナーであるエルトン・ジョン・エイズ基金(EJAF)のために行われたもの。
70年代に突然ブームを巻き起こしたシンガーソングライターたち。メロディのはっきりしたナイーブな曲は今の時代にもピッタリです。

70年代に突然ブームを巻き起こしたシンガーソングライターたち。メロディのはっきりしたナイーブな曲は今の時代にもピッタリです。

自作自演のミュージシャンは古くからいましたが、シンガーソングライターという言葉は70年代になってから作られました。70年代初頭に突然巻き起こったシンガーソングライター・ブームの先駆けであるジェームス・テイラーをはじめ、70年代のシンガーソングライターを代表する美しい楽曲をご紹介します!
obladioblada | 1,960 view
ブリティッシュ・ロックのライブの名盤は、1976年に集中してリリースされているんです!

ブリティッシュ・ロックのライブの名盤は、1976年に集中してリリースされているんです!

ビデオやDVD、インターネットが普及したことでライブ・アルバムの価値が下がったように思われているようですが、いえいえライブ・アルバムはやっぱりいいものです。特に70年代のライブ・アルバムは今聴いても心が躍るものばかりです。ブリティッシュ・ロックに関しては、1976年はライブ・アルバムの当たり年です。1976年にリリースされた名盤の数々をご紹介します!
obladioblada | 2,233 view
セリフは一切なし、70年代当時の人気のミュージシャンが多数参加した狂気のロック・オペラ、トミー。

セリフは一切なし、70年代当時の人気のミュージシャンが多数参加した狂気のロック・オペラ、トミー。

70年代に人気だったミュージシャンが多数出演した類稀なる映画「トミー」。ザ・フーのロック・オペラ・アルバムを鬼才ケン・ラッセルが見事なまでに映画化しています。セリフは一切なく、出演ミュージシャンは勿論のこと、ジャック・ニコルソンやオリヴァー・リードなどの俳優陣も見事な歌声を披露しています。
obladioblada | 701 view
ロックバンド『KAI FIVE』ロックシーンの第一線で活躍する甲斐よしひろがボーカルだった!

ロックバンド『KAI FIVE』ロックシーンの第一線で活躍する甲斐よしひろがボーカルだった!

KAI FIVEは、甲斐よしひろが中心となって活動していたバンドです。シングル『風の中の火のように』は、ドラマに起用され40万枚を超える大ヒットになりました。
星ゾラ | 4,529 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト