1972年の邦楽ヒット曲ランキング、年間ベスト10は、この曲だ!!!
2019年3月20日 更新

1972年の邦楽ヒット曲ランキング、年間ベスト10は、この曲だ!!!

歌謡曲にとって、それまでとは事情が変わってきた、それが1972年です。新たなアイドルの出現と、フォークブームの兆しが見え始めたからです。そんな1972年の邦楽年間ランキング、ベスト10を発表します!

1,757 view

1972年

1972年といえば、1月にグアム島で元日本陸軍兵士の横井庄一さんが発見され、2月からは札幌オリンピックが開催された年です。
連合赤軍によるあさま山荘事件(2月)、川端康成がガス自殺(4月)、田中角栄内閣発足(7月)、ミュンヘンオリンピック開催(8月)、オセロゲームが発売されたのが10月で、12月からはアメリカ軍が北爆を再開し、ベトナム戦争はいよいよ泥沼化していきます。
ベトナム戦争

ベトナム戦争

「Nam狂気の戦争の真実」より
さて、そんな1972年、日本ではどのような曲が流行ったのでしょう?1972年の邦楽年間ベスト10、いってみましょう!

10位 太陽がくれた季節

第10位、青い三角定規の「太陽がくれた季節」。 当時でも50.2万というヒットですが、現在では100万枚近い売り上げと言われています。
太陽がくれた季節

太陽がくれた季節

作詞:山川啓介
作曲:いずみたく
この曲を聴くと、意味もなく海岸を走りたくなる人は多いのではないでしょうか?それもそのはず、「太陽がくれた季節」は青春ドラマ「飛び出せ!青春」の主題歌だったからですね。

太陽がくれた季節/青い三角定規

9位 小さな恋

飛び出したのは青春だけではない!天地真理、彼女だって飛び出したのです。「ちいさな恋」は彼女にとって2枚目のシングルで、54.7万という大ヒットとなりました。
ちいさな恋

ちいさな恋

作詞:安井かずみ
作曲:浜口庫之助
累計では、こちらも100万枚近い売り上げとなっています。

8位 別れの朝

ジャズやラテンロックなどを取り入れた独特のサウンドで人気のペドロ&カプリシャス。「別れの朝」は、彼らのデビュー曲です。それがいきなり55.7万の大ヒットとなりました。
別れの朝

別れの朝

作詞・作曲:ウド・ユルゲンス(日本語詞:なかにし礼)
テレサ・テン、由紀さおり、世良公則など多くの歌手にカバーされ続けている名曲ですが、ペドロ&カプリシャスも実はカバーで、オーストリアのウド・ユルゲンスがオリジナルなんです。オーストリア!意外ですよね?

「別れの朝」 ペドロ&カプリシャス

7位 京のにわか雨

小柳ルミ子も天地真理と同様に前年にデビューしていて、「京のにわか雨」は5枚目のシングル。売り上げ枚数56.9万で堂々の第7位です。
53 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

聴きなおしシリーズ!【1972年・昭和47年】のヒット曲ベスト10を振り返る

聴きなおしシリーズ!【1972年・昭和47年】のヒット曲ベスト10を振り返る

この1972年には、有名なあさま山荘事件がありましたね。また、沖縄返還という大きな出来事もありました。そんな1972年にはどんな曲がヒットしたのでしょうか?さっそく聴きなおしてみたいと思います(^^)/
つきねこ | 1,317 view
老人ホームや施設に入居した有名人

老人ホームや施設に入居した有名人

有名人が入居した高級老人ホーム。一般の人が利用する介護施設など。家族やお金の事情を交えながら、調べてみた。
『はるな愛』性転換した現在も戸籍上の名前は「大西賢示」のままの理由!!

『はるな愛』性転換した現在も戸籍上の名前は「大西賢示」のままの理由!!

ニューハーフタレントで実業家としても活躍している「はるな愛さん」。20年以上前に性転換手術をされ女性の身体になったのに現在でも戸籍上の本名は「大西賢示」のままです。これまでのエピソードなど交えてまとめてみました。
ギャング | 5,810 view
小柳ルミ子と結婚して話題になった【大澄賢也】を振り返る

小柳ルミ子と結婚して話題になった【大澄賢也】を振り返る

1989年に小柳ルミ子さんと電撃結婚したことで話題となった大澄賢也さん。その後の離婚したことは皆さんもご存じだと思いますが、現在の大澄賢也さんはどの様な活動をされているのでしょうか?さっそく確認してみたいと思います!
つきねこ | 6,331 view
なるほど!『太陽にほえろ!』の歴代刑事のニックネームの由来!!

なるほど!『太陽にほえろ!』の歴代刑事のニックネームの由来!!

“ボス”こと藤堂係長(石原裕次郎)を中心に、ニックネームで呼び合う警視庁七曲警察署。大体が初回の登場するシーンでニックネームが付けられています、逆に初回の登場シーンを見逃すと由来が分かりません、なので調べてみました。
ギャング | 14,554 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト