我が栄光の巨人軍の応援歌!!80年代バージョン!
2016年11月25日 更新

我が栄光の巨人軍の応援歌!!80年代バージョン!

夜8時代のテレビといえば、プロ野球中継。 チャンネル権なんという、謎の権利が存在し、ほとんどの家庭では父親が権利を獲得していた時代。 テレビから流れてくる選手の応援歌を口ずさみながら応援していた少年時代を思い出してください!!

12,566 view

ウォーレン・クロマティ

ウォーレン・リビングストン・クロマティ(Warren Livingston Cromartie、1953年9月29日 - )は、アメリカフロリダ州出身の元プロ野球選手。左投げ左打ちの外野手、一塁手。愛称は「クロウ」。
ウォーレン・クロマティ

ウォーレン・クロマティ

楽をしても苦労苦労
苦労しても苦労苦労
お前が打たなきゃ明日は雨
クロマティー!

巨人クロマティ応援歌 87日本シリーズ 投手工藤 - YouTube

原辰徳

原 辰徳(はら たつのり、1958年7月22日[1] - )は、日本の元プロ野球選手(内野手、外野手)、プロ野球監督。現在は読売ジャイアンツ(巨人)監督、同球団名誉顧問。

1980年代から1990年代中盤にかけて巨人の4番打者を務め、ON時代後の巨人を支えた。監督としてもチームを3度、日本一に導いている。2009年にはワールド・ベースボール・クラシック日本代表の監督を務めた。
原辰徳

原辰徳

嵐を呼べ レッツゴーレッツゴー
勝利を呼べ レッツゴーレッツゴー
アーチを架けろ 輝く光浴びて
それゆけ辰徳ー!

巨人 原辰徳応援歌 87日本シリーズ 投手 工藤公康 - YouTube

吉村 禎章

吉村 禎章(よしむら さだあき、1963年4月27日 - )は、奈良県御所市出身の元プロ野球選手(外野手)、野球解説者。
1980年代後半の巨人の主力打者として活躍。1988年、プレー中に「交通事故レベル」と言われる大けがを負うも、不屈の精神で復帰を果たし、その後も代打の切り札として活躍した。
吉村禎章氏

吉村禎章氏

7番の凄い奴
鋭い打球をスタンドへ
それ行けそれ行け
それ行け吉村ー!

G 読売ジャイアンツ[巨人] 7 吉村 禎章 応援歌 - YouTube

中畑清

中畑 清(なかはた きよし、1954年1月6日 - )は、福島県西白河郡矢吹町出身の元プロ野球選手(内野手)。2012年より横浜DeNAベイスターズ監督。

1980年代の巨人の中心打者として活躍。日本プロ野球選手会初代会長。2004年のアテネオリンピック野球日本代表監督を務めた。愛称は「絶好調男」[1]、「ヤッターマン」[1]。
中畑清

中畑清

燃えろ キヨシ 男なら
ここで一発 キヨシ
かっ飛ばせよ かっ飛ばせよ レフトスタンドへ

巨人 中畑清応援歌 87日本シリーズ 投手工藤 - YouTube

30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

巨人の三本柱の一角・斎藤雅樹の「野球殿堂入りを祝う会」に王貞治ら球界関係者350人が出席!

巨人の三本柱の一角・斎藤雅樹の「野球殿堂入りを祝う会」に王貞治ら球界関係者350人が出席!

巨人・斎藤雅樹2軍監督の「野球殿堂入りを祝う会」が東京・文京区の東京ドームホテルで開かれた。王貞治ソフトバンク球団会長を始め、金田正一氏、堀内恒夫氏、原辰徳前巨人監督、高橋由伸監督ら球界関係者350人が出席した。
読売ジャイアンツの名選手、クロマティと篠塚和典が、TV番組でバッティングセンターでのホームラン打ちに挑戦!

読売ジャイアンツの名選手、クロマティと篠塚和典が、TV番組でバッティングセンターでのホームラン打ちに挑戦!

日曜・朝の番組『帰れまサンデー』(前10:00~11:15)に読売ジャイアンツの名選手、クロマティと篠塚和典が登場。「バッティングセンターでホームランを打つまで帰れない!」の第2弾に挑戦。番組ではクロマティの現役時代の名場面シーンも放送された。
台湾から巨人にやってきた呂明賜(ろ めいし)!デビュー9試合で7本塁打!背番号97は体重と同じ!

台湾から巨人にやってきた呂明賜(ろ めいし)!デビュー9試合で7本塁打!背番号97は体重と同じ!

1988年、巨人に入団した呂明賜(ろ めいし)。 6月14日の明治神宮野球場の対ヤクルトスワローズ戦で、初回にボブ・ギブソンから初打席初本塁打を記録。その後も打ちまくった呂明賜(ろ めいし)の活躍を振り返る。
ひで語録 | 16,692 view
あだち充が月刊少年サンデーに登場!そこで語られた『タッチ』のタイトルに込められた意味が衝撃的すぎる!

あだち充が月刊少年サンデーに登場!そこで語られた『タッチ』のタイトルに込められた意味が衝撃的すぎる!

1981年から1986年まで『週刊少年サンデー』にて連載された野球漫画の名作、あだち充の『タッチ』。『月刊少年サンデー』の人気コーナー「カメントツの漫画ならず道」にあだち充が登場し、タイトルの意味をサラリと告白し、ファンを驚かせている。
【松本匡史選手】青い稲妻と呼ばれた巨人軍不動のトップバッター

【松本匡史選手】青い稲妻と呼ばれた巨人軍不動のトップバッター

俊足巧打、そして守備も抜群に上手い。青い手袋を身につけていた事から 「青い稲妻」と呼ばれた松本匡史選手は、正に理想的な一番打者だった。 1980年代の巨人軍を支えた松本選手の球歴を振り返る。
和尚 | 25,271 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト