【姫ボーカル】ドリカム、ELT、マイラバ☆90年代流行った3人組ドリカム編成バンド
2017年1月25日 更新

【姫ボーカル】ドリカム、ELT、マイラバ☆90年代流行った3人組ドリカム編成バンド

姫ボーカルといば、吉田美和さん、持田香織さん、KEIKOなど豪華メンバーの名前がずらり浮かんできますね。90年代ドリカムが一世を風靡して以降、黄金比率かのようにドリカム編成バンドがたくさんデビュー、その中で90年代から活躍したグループを集めてみました。

12,420 view

DREAMS COME TRUE(ドリームズ・カム・トゥルー)1988-

DREAMS COME TRUE(ドリームズ・カム・トゥルー)は、日本のバンド。2002年3月21日 西川隆宏が脱退。現在、吉田美和と中村正人からなる。
■DREAMS COME TRUE

■DREAMS COME TRUE

『ドリカム編成』由来の3人。(大人の事情?ということで…この辺りの詳しいくだりはなかったことにされている?!それだけ時間が経過したということで、良い子の大人の皆様の熱き胸で悶々と思い出して下さいませ)
デビュー当時の女性1人・男性2人の編成を「ドリカム編成」と形容されることがあり、その後、この編成でのグループが多く結成された。

Dreams Come True『うれしい!たのしい!大好き!』Dreams Come True WONDERLAND'91

吉田は、北海道の高校に通っている頃から歌唱力抜群で有名だったが、卒業後上京してもしばらくはデビューが叶わず、小泉今日子や中山美穂のバックコーラスで下積みをしていた。
ドリカムには「浦嶋 りんこ」の歌声もセットで

ドリカムには「浦嶋 りんこ」の歌声もセットで

1993年以降の「DREAMS COME TRUE」ライブにおいてBacking Vocal担当しているこの方も思い出してほしい!!浦嶋りんこさんは、中西圭三らのライブや、B'z、ブラザートム、KinKi Kidsなどのコーラスも担当している。
たくさんのアーティストたちに影響力のあるドリカム、若手アーティストだけでなく、個性的な方々にもドリカイズム?!が届いております。90年代のドリカムを思い出させてくれるのが、ものまね?だったりします。

清水ミチコ【ドリカム作曲法】転調、転調、転調!シャウトWO WO WOW!! - YouTube

【動画1分33秒】初期のドリカムを思い出させてくれます!もれなく古手川祐子さんもご覧いただけます。
清水ミチコはジャズっぽい伴奏に乗せて転調やシャウトなどを繰り返して演奏する「ドリカム風作曲法」と称したネタを披露している。
【生まれて飛び出てジャジャジャジャ~ン♪え、50?!! 】

【生まれて飛び出てジャジャジャジャ~ン♪え、50?!! 】

今年のドリカムは熱い!!!
2015年5月6日に吉田美和さんが50歳の誕生日を迎え、よりアグレッシブるな活動を見せている。今年ハワイでのスペシャルライブも大成功に終わり、全国ツアーコンサートに向けて着々とメディアへの露出度がアップしております。久しぶりにドリカムを少し振り返ってみたら、美和さんはなんと50歳だった。ホントえ?びっくりです。
ドリカムラッピング車両は新幹線だった!!

ドリカムラッピング車両は新幹線だった!!

『ドリカム新幹線プロジェクト』2015

DREAMS COME TRUEとJR九州によるコラボ企画として、九州新幹線800系「SPECIALドリカム新幹線」の運行が2015年7月7日からスタートしています。初日の特別運行車両に“あなたのDREAMS大募集!”企画への応募者から選ばれた50組100名が乗車。博多~鹿児島中央駅間をノンストップで走行する新幹線車内で、ドリカムのサプライズ七夕ライヴが行われた。
「ようこそ、ドリカム新幹線へ! ねえ、ありえなくない? 新幹線の中だよ!?」(吉田)という挨拶を挟んで大ヒット曲「うれしい!たのしい!大好き!」「サンキュ.」「何度でも」のアコースティック・バージョンが演奏される

DREAMS COME TRUE THE BEST!私のドリカム/スペシャルダイジェストムービー - YouTube

【動画3分3秒】2015年七夕に発売されたドリカムベストをサクッと
ドリカムをカバーしたアルバム『私とドリカム2』

ドリカムをカバーしたアルバム『私とドリカム2』

ドリカムのライブ「DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2015」開催記念としてリリースされ、その参加アーティストはMONGOL800・大森靖子・NICO・Touches the Walls・JUJU・三浦大知・徳永英明・西内まりや・May J.・片平里菜ら14組のアーティストがドリカムの名曲をカバーしている。クリス・ハートの「うれしい!たのしい!大好き!」をはじめに三浦大知など若手アーティーストの頑張りを感じさせる作品。
出典 mdpr.jp

MY LITTLE LOVER(マイ・リトル・ラバー)1995-

My Little Lover(マイ・リトル・ラバー)は、日本の音楽ユニット。以前は小林武史、藤井謙二が所属していたが、現在はボーカルのakkoのソロプロジェクトとして活動している。
50 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

竹内まりや(作詞家)と中森明菜(歌手)「駅」に対する2人の解釈の違い

竹内まりや(作詞家)と中森明菜(歌手)「駅」に対する2人の解釈の違い

竹内まりやさんが中森明菜さんのために作った曲の中に「駅」があります。この曲には不思議な出来事があって、竹内まりやさんと中森明菜さんとでは曲に対する解釈が違っていたのです。では、どう違っていたのでしょうか。2人の歌い方の違いにも注目してみてください。
ペリドット | 10,416 view
作詞松本人志、作曲槇原敬之、歌浜田雅功「チキンライス」ができるまで

作詞松本人志、作曲槇原敬之、歌浜田雅功「チキンライス」ができるまで

作詞松本人志さん、作曲槇原敬之さん、浜田雅功さんが歌う「チキンライス」という曲を覚えていますか。みなさんが“クリスマスソング”としてイメージするにはほど遠いような曲。「チキンライス」はこうして生まれました。きっかけやエピードをご紹介します。
ペリドット | 16,088 view
【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 122,951 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 100,686 view
【アンサーソング】え?!この曲にもあったの?意外なものから定番まで特集してみました!!

【アンサーソング】え?!この曲にもあったの?意外なものから定番まで特集してみました!!

皆さんはアンサーソングと聞くと、どんな曲を連想されますか? 今回は1980年代から1990年代にリリースされた曲と、その曲に対するアンサーソングを10組厳選してみした! さっそく見ていきたいと思います(^^)/
つきねこ | 3,540 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト