【Robbie Williams】Take Thatの一員からスーパーソロアーティストに!ロビー・ウィリアムズの成功への軌跡
2020年2月3日 更新

【Robbie Williams】Take Thatの一員からスーパーソロアーティストに!ロビー・ウィリアムズの成功への軌跡

90年代のUKミュージックシーンで人気を博した、イギリスの国民的グループTake That(テイク・ザット)のメンバーとして、エンタメ界でのキャリアをスタートさせたRobbie Williams(ロビー・ウィリアムズ)。 1995年にグループを脱退、ソロ活動を開始。97年にリリースされた「エンジェルス」の大ヒットを機に、ソロアーティスト、ロビー・ウィリアムズの黄金時代が幕を開けました。大成功を成し遂げたロビーの軌跡をご紹介します。

73 view
Amazon Music - ロビー・ウィリアムスのIn And Out Of Consciousness: Greatest Hits 1990 - 2010 - Amazon.co.jp (2165074)

成功への軌跡

Take That でのロビーのイメージは「二番手」。ソロとしてのロビーがこれほどまでに成功することを誰が予想した事だろうか。現在ではイギリスを代表するトップアーティストの1人として君臨するロビーの成功までの道のりを振り返ります。

Take Thatになる前のロビー

1974年2月13日、「イギリスの陶器産業の里」と称される焼き物の街Stoke-on-Trent(ストーク・オン・トレント)で生まれた男の子に、両親はRobert Peter Williams(ロバート・ピーター・ウィリアムズ)と名づけました。ロビーが3歳の時に両親は離婚。母、姉、ロビーの3人での生活がスタートしました。

学生時代のロビーは、やんちゃな少年として知られ、学校の成績は散々だったといいます。ティーンになってセールスマンとして働き始めたロビーにエンタメ界で生きる道を勧めたのはロビーの母、Janet(ジャネット)でした。

ジャネットは、常々ロビーの歌声にプロとしての可能性を感じていたといい、新聞で見つけたボーイバンドのメンバー募集記事に飛びつき、ロビーがエンタメ界に飛び込むきっかけを作りました。

ジャネットが見つけた記事は、イギリス北部の都市Manchester(マンチェスター)で芸能プロダクションを運営していたNigel Martin-Smith(ナイジェル・マーティン-スミス)が掲載したものでした。マーティン-スミスが目指したものは、当時世界中で旋風を巻き起こしていたアメリカのボーイバンドNew Kids on the Block(ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック)のUK版を売り出すことでした。

マーティン-スミスが最初に発掘したのは、後に多くのTake Thatの楽曲をプロデュース、そしてメインボーカルを務めることとなったGary Barlow(ゲイリー・バーロウ)。

マーティン-スミスはゲイリーの歌唱力、そして彼の創りだす楽曲に魅了され、自身の目指すボーイバンドはゲイリーを軸に構成することを決めました。二人は出会いから程なく、ゲイリーと一緒にスターダムを駆け上る人材を発掘するため、マンチェスター郊外でのオーディションを開催しました。

オーディションで選ばれたのは、ダンスユニットStreetbeat(ストリートビート)として活動していた、Howard Donald(ハワード・ドナルド)とJason Orange(ジェイソン・オレンジ)、18歳の銀行員Mark Owen(マーク・オーエン)そして最年少でメンバー入りしたのが当時16歳のロビーでした。1990年、Take Thatの誕生です。

Take That時代のロビーの活躍

「ビートルズ以降のUK音楽史上で最も成功したバンドと称される」Take Thatですが、デビュー後2年間はイギリス各地のクラブやイベントでライブ活動を行うことが生活の中心となっていました。ゲイ・クラブでも頻繁にライブを行っていたこと、そして露出度の高い彼らのファッションから、Take That=ゲイバンドというイメージをもたれ、なかなか女性ファンからの支持が得られませんでした。

そんなTake Thatに転機が訪れたのは92年のことでした。Take That4枚目のシングル『It Only Takes A Minute(イット・オンリー・テイクス・ア・ミニット)』がUKチャートで初めてトップ10入りを果たし、同年にリリースしたファーストアルバム『Take That & Party(テイク・ザット・アンド・パーティー)』もUKアルバムチャート2位を記録する大ヒットとなりました。

このアルバムの収録曲は、デビュー前の計画通り、ほとんどの楽曲がゲイリーをメインボーカルに構成されていましたが、ロビーがメインボーカルを務めた『Could It Be Magic(恋はマジック)』もUKチャート3位にランクインし、メインボーカリストとしてのロビーの魅力に多くのファンが魅了されました。

ロビーのTake That脱退

『It Only Takes A Minute』のヒットを機に、Take ThatはUKチャート常連のイギリスの国民的グループとなり、人気を不動のものにしました。

しかし人気絶頂だった1995年、ロビーが突然Take Thatからの脱退を表明し、イギリス国内では彼の脱退を悲観したファンたちが命を絶ってしまわないよう、自殺防止ホットラインができるほどの大事件となりました。

ロビーは後のラジオインタビューでTake Thatからの脱退を次のように語っています。

「僕は当時パーティー三昧の生活を楽しみすぎていたんだ。側で見ているメンバー達が不快に思うほどに我を忘れて遊んでいた。」

脱退の理由は、ロビーがゲイリー中心のグループのあり方に不満を抱いていたこと、そしてロビーがアルコールやドラッグに溺れてTake Thatの活動に支障をきたし始めていたこととされています。

ロビーはステージに立つ不安、そしてTake Thatのメンバーとしてのさまざまな不満を紛らわすためにアルコールと薬物に依存するようになっていったといいます。

ロビー本人もTake Thatのメンバーたちも、ロビーを「何かに依存しやすい性格」と分析していて、ロビーはTake That在籍当時の自身について、「アルコールにもドラックにも、命を落としても不思議ではないほどに依存していた」と語っています。

Take That脱退後もロビーは、酒と薬物に依存する生活を続けましたが、ソロ活動を開始すると、次第に更生を志すようになったといいます。

ソロアーティスト ロビー・ウィリアムズ

Amazon | Life Thru a Lens by Robbie Williams (1998-12-01) | Robbie Williams | ミュージック | 音楽 (2165073)

1996年、ファンが待ちに待ったロビーのソロ活動がスタートしました。デビューアルバム『Life thru a Lens (ライフ・スルー・ア・レンズ)』からの4枚目のシングル『Angels(エンジェルス)』は、UKチャートのみならず世界中の音楽シーンで大ヒットを記録し、2005年には「UK音楽シーン過去25年で最高の楽曲」として認定されました。

以降もロビーの奏でる楽曲は次々に世界のヒットチャートを駆け巡り、彼が2016年までにリリースした11枚のスタジオレコーディングアルバムは、全てイギリスでプラチナディスクに輝いています。また、2006年のワールドツアーでは全44公演で260万人を動員、チケット即日完売でギネス記録として認定されました。

Take Thatの全盛期に正統派ロックバンドとして人気を博したOasis(オアシス)で、数々のヒット曲を生み出したNoel Gallagher(ノエル・ギャラガー)が、テレビ番組でのインタビューで、ロビーがソロで成功を収めたことについて次のように語っています。

「テイク・ザットを辞めた後のロビー・ウィリアムズ以外に、大成功していたバンドにいて、ここまでの規模の成功を手にした奴は他に思いつかないよ」

Take Thatでは二番手に甘んじていたロビーが、全英を、そして世代を代表するソロアーティストと称されるようになることを、誰が予想したでしょうか。

Take That復帰

ロビーの脱退後、メンバー間での方向性の違いが顕著に現れるようになったというTake Thatは、1996年に突如解散を発表しました。解散後、ゲイリーとマークはソロアーティストとして、ハワードはDJとして、そしてジェイソンは俳優として、それぞれ新しいキャリアを歩み始めました。

Take That解散から10年の時を経た2005年、イギリスITVがメンバー達の解散から10年間を振り返るというテーマでドキュメンタリー番組『Take That: For the Record(テイク・ザット・フォー・ザ・レコード)』を制作。これがきっかけとなり、翌2006年にはロビーを除く4人のメンバーでTake That再結成が実現しました。往年のファン達は歓喜し、再結成後初のシングル『Patience(ペイシェンス)』がUKチャート1位に輝き、Take Thatは見事なカムバックを遂げました。

メンバー達はロビー復帰を望んで彼へのメッセージを送り続け、Take That復帰後3枚目のスタジオ・アルバムとなった『Progress(プログレス)』でロビーの復帰が実現し、ロビー脱退から16年の時を経てオリジナルメンバー5人のTake Thatとしてヨーロッパツアーを敢行しました。このチケットの販売日には、イギリス国内の電話回線がパンクしたといわれています。

しかし、このツアー終了後に、ロビーは再度グループを脱退し、2014年にはジェイソンも脱退。現在はゲイリー、マーク、ハワードの3人がTake Thatとして活躍しています。

ロビーは脱退後もメンバー達と良好な関係を築いていて、楽曲提供なども行っているといいます。

家庭人になったロビー

Take That復帰を果たした2010年、ロビーは兼ねてから交際中だったアメリカ人の女優Ayda Field(アイーダ・フィールド)と結婚しました。Take That脱退の原因の一つとなったアルコールとドラッグの悪癖を絶つために、リハビリ施設への入退院を繰り返していたというロビーを誠心誠意支えたのがアイーダでした。

ロビーは、Theodora(セオドラ)、Charlton(チャールトン)そして代理母出産で授かったColette(コレット)という3人の子どものパパになりました。長女のセオドラの愛称は「テディ」。テディは2018年のロイヤルウェディングでユージェニー王女のブライズメイドを務めて一躍注目の的となりました。

夫、そしてパパになったロビーはアルコールからも薬物からもフリーの生活を送っているといいます。

まとめ

40代になっても迫力満点のパフォーマンスでステージを沸かせ続けるロビー。彼のの人気が衰えることはなさそうですね。

ロビーの人気を超える勢いで人気を集めているテディからも目が離せません。
18 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

生前のシングルで辿るジョン・レノン

生前のシングルで辿るジョン・レノン

ナイーブな天才、ジョン・レノン。ソロとして生前に発表した14枚のシングル・ジャケット(日本版)を眺めながらジョン・レノンの歴史を辿ってみます。
obladioblada | 2,317 view
【Take That】ボーイバンドの走り! イギリス国民に愛されるスーパーバンドの軌跡

【Take That】ボーイバンドの走り! イギリス国民に愛されるスーパーバンドの軌跡

90年代を代表するボーイバンドTake That(テイク・ザット)は 2019年に結成30周年を迎えました。90’sのミュージックシーンをを席巻したスーパーグループの当時の活躍の様子とメンバーの現在をご紹介します!
Hamanasunohana | 170 view
Mr.マリックのテーマでお馴染み!80年代以降の音楽に革命を起こした「Art of Noise」

Mr.マリックのテーマでお馴染み!80年代以降の音楽に革命を起こした「Art of Noise」

イギリスのエレクトロニック・ミュージックグループ「Art of Noise」。同グループのサンプリングを多用した音楽性はその後の音楽シーンに影響を与えました。
かずくん | 658 view
バッチでもバッジでもなく、バッヂ。今や伝説のバントと呼ばれている「The BADGE」の音楽を聴いてくれっ!

バッチでもバッジでもなく、バッヂ。今や伝説のバントと呼ばれている「The BADGE」の音楽を聴いてくれっ!

ブリティッシュ・ビートにポップなメロディ。そこに絶品のコーラス。これがザ・バッヂのサウンド。シンプルでタネも仕掛けもありませんが、その分、思いっきり熱いロックン・ロールを聴かせてくれます。
obladioblada | 973 view
90年代を代表するボーイズグループ「Take That」その軌跡を振り返る

90年代を代表するボーイズグループ「Take That」その軌跡を振り返る

90年代はボーイズグループの全盛期。その先駆けとなったイギリスのグループ「Take That」の歴史をみてみよう!
sara1225 | 436 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト