【70年代歌手】さとう宗幸は歌手としてのイメージ?俳優としてのイメージ?宗さんのすべてを探る!
2017年3月16日 更新

【70年代歌手】さとう宗幸は歌手としてのイメージ?俳優としてのイメージ?宗さんのすべてを探る!

70年代後半にラジオから始まった歌手活動。デビュー曲が大ヒットし地方の歌手から全国ネットの歌手へ。仙八先生としてドラマで主演。今は地元のテレビで「おばんです!」と言いながら地元密着型のテレビに出演中!そんなさとう宗幸の芸能活動に注目してみた!

1,377 view

うたごえ喫茶から始まった歌手人生

さとう宗幸

さとう宗幸

さとうむねゆき
生年月日:1949年1月25日
デビュー:1978年(メジャーデビュー)

宮城出身のシンガーソングライターでメジャーデビュー前からラジオなどの芸能活動をしており自主制作でアルバムリリース経験あり。
宗さんことさとう宗幸の出身地は宮城県と思いがちですが、出生地は岐阜県になっています。2歳の時に宮城県古川市(現大崎市)に移転しており、それから東北人としての人生が始まっています。

大学在学中にうたごえ喫茶「若人」で歌い始め、歌手としての人生が始まりました。一旦は社会人として上京し会社勤めを経験していますが1年ほどで地元にUターンしうたごえ喫茶「若人」を再開します。
バラ色の人生

バラ色の人生

出典 ameblo.jp
1976年に「バラ色の人生」というアルバムを自主制作しています。ジャケット画像を見ても私たちが知っているさとう宗幸とはイメージが違うので時代を感じます。このアルバムがきっかけになったかどうかは定かではありませんが、翌年の1977年にNHK-FM仙台の番組でDJをすることになりました。
青葉城恋唄

青葉城恋唄

1978年5月5日発売
さとう宗幸がメジャーデビューしたのは「青葉城恋唄」という曲で有名です。
この曲には一般男性が自分の悲恋とその情景をもとに作り、さとう宗幸がDJをしていたラジオ番組「FMリクエストアワー」に投稿し曲をつけ、歌い始めたことから始まったということは当時の記憶が鮮明に残っている人か宮城出身者の人くらいしかわからなかったのではないでしょうか。

大ヒットしたデビュー曲

先に述べた「FMリクエストアワー」という番組内のコーナーで一般人から投稿された詩に曲をつけ番組内で歌うということをしていたさとう宗幸の下に送られてきた詩に書かれていた内容は投稿者でデビュー曲の作詞を行った星間船一氏の失恋と故郷の宮城県仙台市の思い出を綴った詩でした。その詩の内容にインスピレーションでつけた曲が「青葉城恋唄」となったわけです。
歌詞の内容に昭和の作詞家、阿久悠が指摘をしています。その指摘を受け修正した曲が日本作詞大賞を受賞しています。
元々の詩にあった「時は めぐる」を「季節(とき)は めぐる」に変更した歌を一度聞いてみましょう。

青葉城恋唄 / さとう宗幸

この曲のヒットで第20回日本レコード大賞・新人賞、第7回FNS歌謡祭・最優秀新人賞を受賞し第29回NHK紅白歌合戦にも出場しています。
ですが、この曲がヒットした要因は他にもあります。実際はコーラス・グループのダークダックスもこの曲をリリースしています。

仙台のFMラジオで歌われどんなに熱烈なファンがいても所詮は地方局のラジオ番組内でのことです。全国的にヒットさせるには力が乏しくレコード会社が宣伝費を無名の歌手に費やせるわけもありません。いかに低予算でこの曲をヒットさせるかという点でダークダックスに歌わせ競作という手段を取りました。
ダークダックス

ダークダックス

ですが、多くの人の記憶にあるのはさとう宗幸が歌う「青葉城恋唄」だと思います。あの心地よいビブラートもうたごえ喫茶で活動していた時からのものでいやらしい感じもなく、フォーク歌手としての地位も確立できたのではないでしょうか。

カバーする人が続出

静かに歌声を聴くという言葉がピッタリな「青葉城恋唄」は数多くの歌手がカバーしアルバムなどに収録さてリリースされています。
あの歌詞とあの曲とそれを壊すことのない歌声が揃っての大ヒットだったのでどのような歌になっているのか気になるところです。

倍賞千恵子/青葉城恋唄

青葉城恋唄 森昌子 Mori Masako

福山雅治 魂リク 『 青葉城恋歌 / さとう宗幸 』 2004.03.13

田川寿美 青葉城恋唄

たくさんの人が歌っているこの愛するべき歌を宮城を離れた人は遠い故郷に思いをはせるため、見知らぬ宮城を思い浮かべるため聞く人が多く、この歌に限らず自分の故郷に関わる歌を聞き返す人が増えたであろうと思います。
50 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

トム・ジョーンズは、70年代にセックスシンボルと呼ばれていた!

トム・ジョーンズは、70年代にセックスシンボルと呼ばれていた!

『思い出のグリーン・グラス』でおなじみのトム・ジョーンズは70年代にはセックスシンボルと呼ばれた。16歳で結婚してから、隠し子騒動はあったが、生涯添い遂げた。2006年に英国王室より「ナイト」 の称号が授与され、現在もコンサートを続けている。
【70年代】かぐや姫の神田川の歌詞「三畳一間の小さな下宿」って今でもあるの?調べてみた!

【70年代】かぐや姫の神田川の歌詞「三畳一間の小さな下宿」って今でもあるの?調べてみた!

70年代を象徴する曲のひとつ、かぐや姫「神田川」。その歌詞には当時の世相を反映した単語がたくさん出てきます。 その中のひとつである「3畳一間の小さな下宿」にスポットを当て、現在もそういうアパートがあるのか調査しました。
【70年代歌手】ニューミュージックシンガー・渡辺真知子の抜群な歌唱力を振り返る!

【70年代歌手】ニューミュージックシンガー・渡辺真知子の抜群な歌唱力を振り返る!

70年代、音楽業界の様が変わろうとしたときに次世代のニューミュージックシンガーとしてデビューし、群を抜いた歌唱力で次々をヒット曲を世に送り出した渡辺真知子の歌、そのバイタリティーに注目してみる!
はんまのまま | 2,648 view
1人でも多くの人に聴いてもらいたい、実に味わい深い斉藤哲夫の世界。

1人でも多くの人に聴いてもらいたい、実に味わい深い斉藤哲夫の世界。

自身最大のヒット曲「いまのキミはピカピカにひかって」は、斉藤哲夫にとって異質と言えるものです。デビュー当時は哲学者と呼ばれたこの天才は、数こそ少ないものの、ヒットこそしなかったものの、実に味わい深い曲を残しています。
obladioblada | 1,064 view
【安西ひろこ】!!90年代後半・ギャルのカリスマとして全盛期から7年間の活動休止~復活・そして現在は?

【安西ひろこ】!!90年代後半・ギャルのカリスマとして全盛期から7年間の活動休止~復活・そして現在は?

1996年、グラビアアイドルとして芸能界デビューし90年代後半には雑誌・CMやバラエティー番組など幅広く活躍し全盛期の時代を築いたのに活動休止されました。そんな安西さんが気になり調べてみました。
ギャング | 4,707 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト