90年代屈指の悪名高き助っ人「メル・ホール」を知っているか?
2020年5月10日 更新

90年代屈指の悪名高き助っ人「メル・ホール」を知っているか?

良い意味で記憶に残る外国人は数知れず。その一方で、悪い意味で記憶に刻まれてしまった助っ人も少なくない。 ロッテ・中日に在籍していた野手、メル・ホールもその一人。愛甲猛が「史上最低の野球選手」、小宮山悟が「はらわた煮えくり返った」、山崎武司が「僕の中で、助っ人としてNo.1にダメだった人」と酷評した悪名高き同選手は、いったい、どんな悪行を働いていたのか?今回、振り返っていきたい。

2,552 view

ヤンキースの4番も務めた1流メジャーリーガーだったメル・ホール

はじめに断っておくが、ホールは決して助っ人外国人選手として結果を出せなかったわけではない。むしろ、かなりの好成績を残している。

ホールがロッテに入団したのは、1993年のこと。当時、2年連続最下位と暗黒期を迎えていた同球団の救世主として迎えられた。

ホールのメジャーリーグにおける実績は際立っていた。そのキャリアは、高校卒業後の1978年、MLBドラフト2巡目でシカゴ・カブスに指名されて契約したところから始まる。メジャーのドラフト制度は、1巡目から40巡目まで。その2巡目で指名されているあたり、どれほど将来を嘱望されていた選手だったかわかるというものだろう。

その後、1981年にメジャーデビュー。その後、クリーブランド・インディアンス、ニューヨーク・ヤンキースと渡り歩き、主に4番打者として活躍した。

ロッテ移籍初年度はチーム四冠王を獲得!

ロッテ入団時はまだ32歳。この時点で、メジャー通算1168安打、615打点、134本塁打を達成し、前年はヤンキースの主軸打者として、打率.280、15本塁打、81打点の好成績を残していた。正真正銘、一線級の現役メジャーリーガーだ。そんなホールに球団も出し惜しみせず、推定年俸2億2000万円で獲得。当時高給取りの代名詞だった落合博満の年俸が2億5000万円だったことを考えると、破格の条件と言える。

その大きな期待にホールも応える。入団初年度には打率.296、30本塁打、92打点、21盗塁で、チーム四冠王に。下馬評通りの活躍をして見せた。94年にも引き続きロッテで活躍するも、オフに就任したボビー・バレンタイン監督の構想から外れて退団。95年シーズンは中日ドラゴンズでプレーし、96年のサンフランシスコ・ジャイアンツ移籍を機にNPBを去っている。
 (2190101)

Mel Hall - 1989 Fleer - 来日外国人(ロッテ/中日) メル・ホール

ロッテ移籍初年度はチーム四冠王を獲得!

このように、助っ人としての働きは申し分なかったのだが、ホールはとにかく素行が悪く、なによりも日本球界を見下していた。

ホールは守備が不得手で、ロッテ時代は基本的に指名打者としての出場。それをいいことに自分の打席が終わると、さっさとクラブハウスに戻ってテレビゲームに興じ、自分の出番が近づくとシレっと手袋をしてネクストバッターズサークルに入っていたという。こうしたホールのプロとは思えない舐め腐った態度に、当時のチームメートだった小宮山と愛甲は憤慨し、後年、冒頭で紹介したようなコメントを残したというわけだ。

さらにホールには、自分の実績を鼻にかけ、同じ助っ人外国人をいじめるというマウント癖があった。最大の標的にされたのは、ヤンキース時代の同僚・ミューレン。ヤンキースの主力級だったホールに対して、ミューレンは同球団で1軍とAAAを行ったり来たりするマイナーリーガーとメジャーリーガーの中間にあたる選手だった。その格の違いをいいことにホールは、ロッテでも同僚となったミューレンのロッカーを破壊し、使いっ走りにするなど、子供じみたいじめを繰り返したのだった。当時のロッテ監督・八木沢荘六から2度も注意されるも、いじめをやめることはなかったという。
 (2190104)

1991 Donrussレギュラー# 31ヘンスリー・ミューレンス、ニューヨーク・ヤンキース野球カード
ホールは95年に中日に移籍すると、同じ年にヤクルトへ移籍したミューレンをいじめるべく、ヤクルト戦のたびにわざわざ敵軍ベンチを訪れてたというから、執拗極まりない。加えて、中日の同僚、アロンゾ・パウエルにも不遜な態度を取っていたらしく、よほど他人を虐げることが好きな性分なのだろう。

未成年へのわいせつ行為によって懲役45年。今も塀の中に……

プロ野球選手引退後、女子バスケットボール・チームのコーチをしていたホールだったが、1998年~1999年の間に、複数の未成年の選手をレイプ。2007年6月に逮捕されると、2009年には懲役45年の判決が下ることに。仮釈放にも22年と4ヶ月を要するため、現在も塀の中にいる。

ちなみに、ホールが見下していたミューレンは引退後、母国オランダの代表監督として第3回、第4回のWBCに出場。2017年オフにはヤンキースの新監督候補に最終まで残り、現在はニューヨークメッツのベンチコーチを務めている。

一方は母国の英雄で、一方は囚人……「憎まれっ子世に憚る」というが、ホールとミューレンのキャリアを見ていると、最後のところではその限りでなさそうだ。もっとも、ホールがク〇過ぎるだけかもしれないが……。
11 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

日本のプロ野球史で5人しかいなかった!助っ人外国人なのに捕手だった選手!

日本のプロ野球史で5人しかいなかった!助っ人外国人なのに捕手だった選手!

日本プロ野球80年の歴史において、これまで数えきれないほど多くの助っ人外国人が活躍してきました。しかし、しかし、捕手として選手登録された外国人選手は、これまでにわずか5名しかいません。そんな世にも珍しい外国人捕手の歴史を振り返っていきたいと思います。
こじへい | 5,562 view
巨人・モスビー!1992年はモスビー効果と称された活躍をした!

巨人・モスビー!1992年はモスビー効果と称された活躍をした!

メジャー通算169本塁打を引っ提げ、巨人入り。優勝を目指せるチームを探し、巨人に辿り着いたモスビー。陽気なキャラはクロマティ2世とも言われた。1992年のモスビーはデビュー戦でホームランを放つなど印象に残る活躍が多かった!
ひで語録 | 5,480 view
ロッテのエース小宮山悟!球速80km/hの魔球シェイクも投げた!

ロッテのエース小宮山悟!球速80km/hの魔球シェイクも投げた!

90年代のロッテを支えたアイウェアのエース・小宮山悟。魔球・シェイクやメジャー挑戦、最年長セーブ記録等、話題も豊富だった彼。時代ごとの来歴を追って、小宮山悟の野球人生を振り返ります。ルーキー時代の貴重なインタビュー動画も紹介します!
ひで語録 | 6,951 view
【伊良部秀輝】”悪童”と呼ばれた孤高の速球王

【伊良部秀輝】”悪童”と呼ばれた孤高の速球王

日本の最速投手の一人として名を挙げられる伊良部秀輝。トラブルが絶えなかったことから悪童と呼ばれていた。日米通算106勝は平凡な成績ではあるが、強烈な印象を残し、自殺という最期を遂げた伊良部を振り返ります。
tiro | 39,504 view
【宇野勝】元祖!「記録よりも記憶に残る」名選手

【宇野勝】元祖!「記録よりも記憶に残る」名選手

プロ野球ファンで「記録はイチロー君にまかせて、僕は記憶に残る選手」という名言を残した新庄剛選手の事を知らない方はいないでしょう。ところが「記憶に残る選手」にも大先輩がいたんですね。その一人が宇野選手です。1984年の掛布との熾烈なホームラン王争いを繰り広げたり、ベストナインに3回も選出されていながらみんなの「記憶」には全く別な宇野選手が焼き付いています。プロ野球の面白さを120%教えてくれた、名選手。
TheLineKing | 4,009 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト