懐かしのデジタルシンセサイザー色々。使ってたやつもあるんじゃないですか?
2017年2月1日 更新

懐かしのデジタルシンセサイザー色々。使ってたやつもあるんじゃないですか?

学生の頃、ホントに楽しかったバンド活動。練習のためにスタジオに行くだけでもワクワクしてた頃、キーボード担当の悩みはそのスタジオにいつもと同じ機種のキーボードがないということでした。自宅の重たい機材を運ぶだけでも大変でしたね。(まぁ自宅にあるだけでも大したもんだったですが) あれにしようか、これにしようか?随分悩んで選んだ愛機。今、どうしているでしょう?これを読んで思い出してやって下さい。

5,850 view
Yamaha DX1

Yamaha DX1

お願い

途中引用文などでかなりの専門用語も出てきますが、飛ばして読んでください。

最初に・・・

これからご紹介する機材は私が独断と偏見を持って選ばせていただきます。

タイトル通りアナログのものは外しました。

基本的には1980年代のものをチョイスしています。

これ以外にも名機、迷機?もたくさんありますが悪しからずご了解ください。

そもそもデジタルシンセサイザーっていつ頃からあったの?

思ったより昔からあったんです。

1957年コンピュータを使ったソフトウェア音源として誕生した(MUSIC)。

1969年には最初のサンプリング音源 EMS Musys system (ミニコンPDP-8を2台使用)が開発されている。
また専用ハードウェアによる初期のディジタル楽器としては

1972年 アーレン・オルガンの アーレン・コンピュータ・オルガン

1973年 ダートマス大の ダートマス・ディジタル・シンセサイザー (後のシンクラヴィア. FM音源他、汎用コンピュータ制御)

1974年 アーレン・オルガン子会社RMIの ハーモニック・シンセサイザー
等が挙げられる。
ソフトウェア音源としてとしても1957年ですよ!世の中ではエルビスプレスリーがまだバリバリの勢いの全盛期だった時代ですよね。当時の録音を聞いても、残っている映像を見ても当然、まだ影も形も見せていません。

そんな時代にすでに開発されていたとは到底思ってもいませんでした。

確かに実用化される楽器としての形態をとるのは後年のこととなりましたが、理論的にはすでにその原型が完成していることに驚きですね。

ハイブリッド・シンセサイザー

波形を何らかの合成方式(典型的には倍音加算)で生成し、波形メモリに格納して再生、音作りにはフィルターを併用する方式。

初期のディジタルオルガン技術をディジタル・シンセサイザーに発展させる形で登場した。

Korg DW-6000

Korg DW-6000

Korg DW-6000

コルグ初のデジタルシンセサイザーである。8個の波形が256[kbit]ROM×2個に搭載されている。オシレーター部以外は全てアナログ回路で処理を行うため、ハイブリッドシンセサイザーにも分類される。同時発音数は6音である。
出典Wikipedia
とにかく分厚い音だった覚えがあります。リアルな音色を求めるのではなく、はなから全く新しい楽器を目指すようかに独特のサウンドでしたね。

Ensoniq ESQ-1

Ensoniq ESQ-1

Ensoniq ESQ-1

Ensoniq ESQ-1は、1985年にEnsoniqによってリリースされた61鍵の速度感知型、8音色のポリフォニックとマルチティンバルの シンセサイザーです 。その声の生成は、通常、それ以前のほとんどのアナログシンセサイザーと同じように減法的ですが、 電圧も「 デジタル制御 」 もされていませんが、カスタムのEnsoniq ウェーブテーブルチップによって提供されます。 残りの信号経路は、共鳴ローパスフィルタを含むアナログである。
出典Wikipedia
「アナログ、デジタル、サンプリングと3種類の音源を持っていた当時画期的なシンセサイザーだったです。とにかくお面白い音色を作り出せるし、特筆するべきはシーケンサー機能さえ持っていたことでしょう。これがなかなか便利で(シーケンサー単体を手に入れるお金を考えると特に)こいつを鳴らしながら他のことに集中できるだけで大助かりのすぐれものでした。」と聞いていました。ホントのところ触ったこともありません。

アディティブ・シンセシス

ここでは狭義の加算合成、音の要素である倍音に着目し、倍音一つ一つの強度の時間変化を設定して音色を合成する加算合成方式について説明する。

このような形式のデジタルシンセサイザーの例として河合楽器製作所のK5、K5m、K5000R、K5000S、K5000M が挙げられる。 なお、K5シリーズ,K5000シリーズは倍音を減ずる為のフィルタも内蔵している為、単純に倍音加算だけで音出力を得ている訳ではない。

Kawai K5

49 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 133,056 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 112,289 view
ゲームの世界観を広げてくれるBGM、ゲームサウンド(音源)の歴史と代表的なゲームを振り返る。

ゲームの世界観を広げてくれるBGM、ゲームサウンド(音源)の歴史と代表的なゲームを振り返る。

ファミコンなら”ブピブピ”、FM音源なら”ギュイーン”。ゲームサウンドには音源ごとの特徴や代表的なゲームがあり、私たちはいまでもそれらのBGMを憶えていたりするものです。そんなゲームサウンドの歴史、名曲と呼ばれたゲームを振り返っていきましょう。
青春の握り拳 | 12,587 view
元WANDSの大島こうすけが中心となって活動したR&Bバンド『SO-FI』

元WANDSの大島こうすけが中心となって活動したR&Bバンド『SO-FI』

当時あまりなかったデジタルサウンドを取り入れ、ダンスミュージックをメインに活動をしていました。ボーカルが変更するとともにバンドのサウンドに変化がありました。
星ゾラ | 3,107 view
独特な居心地のいいサウンドを作り出すバンド『ホフディラン』

独特な居心地のいいサウンドを作り出すバンド『ホフディラン』

二人組のバンドで、彼らの作り出す音楽はPOPな感じで楽しい曲が多い。
星ゾラ | 3,088 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト