20世紀のプロ野球で「トリプルスリー」達成した7人の打者を言えますか?
2018年5月14日 更新

20世紀のプロ野球で「トリプルスリー」達成した7人の打者を言えますか?

1シーズンで「3割・30本・30盗塁」を達成すると与えられるトリプルスリーの称号。長いプロ野球の歴史の中でわずか10人しか成し遂げていない大記録ですが、20世紀の達成者には、どんな選手がいるのかを今回振り返っていきたいと思います。

6,241 view

岩本義行(松竹ロビンス)‐1950年 打率.319・39本塁打・34盗塁

岩本 義行

岩本 義行

大陽ロビンス
松竹ロビンス (1949 - 1951)
大洋ホエールズ
大洋松竹ロビンス (1952 - 1953)
水沢駒形野球倶楽部
東映フライヤーズ (1956 - 1957)
2015年に、山田哲人と柳田悠岐の両名が達成し、その年、現代用語の基礎知識選「ユーキャン新語・流行語大賞」にも選ばれたトリプルスリー。この快挙から65年前に当たる1950年も2名のトリプルスリー達成者が誕生しています。そのうちの一人が、岩本義行です。
明治生まれのプロ野球選手として、1940年から1957年まで南海、大洋ホエールズ、東映フライヤーズなどで活躍。戦前で唯一、1試合3本塁打を記録し、また、落合博満のバッティングスタイルとして後年有名になった神主打法を最初に案出し、実践した人物としても有名です。

別当薫(毎日オリオンズ)‐1950年 打率.335・43本塁打・34盗塁

大阪タイガース時代の別当薫

大阪タイガース時代の別当薫

大阪タイガース (1948 - 1949)
毎日オリオンズ (1950 - 1957)
この岩本義行と同じ年にトリプルスリーを達成したのが、千葉ロッテマリーンズの前身・毎日オリオンズで活躍した大打者・別当薫です。物腰柔らかな風貌と度の強い眼鏡がトレードマークで、「球界の紳士」と謳われていました。

が、一度グラウンドに出れば、強烈な打撃力を発揮し、プロ通算10年で155本塁打・打率.302という好成績をマーク。中でもトリプルスリーを成し遂げた1950年は出色の出来で、120試合出場で、打率.335・43本塁打・105打点という実績を叩きだし、その年の2冠王に輝きました。

中西太(西鉄ライオンズ)‐1953年 打率.314・36本塁打・36盗塁

中西太

中西太

西鉄ライオンズ (1952 - 1969)
現役時代はずんぐりむっくりとしていて、どこかプロレスラーを思わせるような体型をしていた中西太も、トリプルスリー達成者の一人。4年連続含む本塁打王5回、首位打者2回、打点王3回の打撃タイトルを持ちながらも、入団から数年間は俊足“豪打”の打者として鳴らしていました。

20歳でのトリプルスリー達成はいまだ破られない史上最年少記録。引退後は監督としてよりもコーチとして手腕を発揮し、数々の球団を渡り歩いて強打者の育成に務めました。

簑田浩二(阪急ブレーブス)‐1983年 打率.312・32本塁打・35盗塁

簑田浩二

簑田浩二

阪急ブレーブス (1976 - 1987)
読売ジャイアンツ (1988 - 1990)
出典 buyee.jp
1950~1953年で3人も達成したトリプルスリーですが、1953年の中西太を最後に、なんと30年間、誰も成し遂げられない幻の数値目標と化していました。1958年にルーキーイヤーで打率.305・29本塁打・37盗塁という惜しい成績を残した長嶋茂雄のような選手も何人かはいたものの、あと一歩のところで達成できず仕舞いだったのです。

そんな「トリプルスリー・冬の時代」を打破したのが、阪急ブレーブスで活躍した簑田浩二でした。プロ生活15年のうち、規定到達で打率3割を超えたのも、本塁打30本オーバーも2シーズンのみ。しかし、トリプルスリーの神様が微笑んだのか、そのわずかな機会が偶然にもかみ合い、結果として、巨人の長嶋や広島の山本浩二といった「走れる大打者」でもなし得なかった大記録を、1983年に達成することになるのでした。

1988年 東京ドーム第2号ホームラン 巨人【蓑田浩二】

秋山幸二(西武ライオンズ)‐1989年 打率.301・31本塁打・31盗塁

秋山幸二

秋山幸二

西武ライオンズ (1981 - 1993)
福岡ダイエーホークス (1994 - 2002)
同時代に活躍した巨人のウォーレン・クロマティから「メジャーリーグでも通用する」と太鼓判を押されたファイブツールプレイヤー・秋山幸二。西武時代、豪快にホームランを放ってホームベース一周後、華麗にバク宙する姿を目の当たりにし、その運動能力の高さに驚かされたものです。

秋山 バク宙 ホームイン

そんな完全無欠の強打者・秋山に唯一欠落していたのが、アベレージヒッターとしての素養でした。プロ通算20年で3割を超えたのは、わずか2シーズンのみ。しかも、1989年に打率.301、1996年に打率.300と、いずれもギリギリの達成です。しかし、やはり持ってる男は違います。その人生2回しかなかったチャンスをしっかりと活かし切り、1989年にトリプルスリーを達成したのでした。

野村謙二郎(広島東洋カープ)‐1995年 打率.315・32本塁打・30盗塁

野村謙二郎

野村謙二郎

広島東洋カープ (1989 - 2005)
25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

鷹の男、【佐々木誠】はメジャーに最も近い男と言われる凄い男だった。

鷹の男、【佐々木誠】はメジャーに最も近い男と言われる凄い男だった。

トリプルスリーを意識した3拍子揃った男、ホークスの主力選手だった佐々木誠は、全盛期にはMLBに最も近い男と言われていました。そんな80年代に活躍した佐々木誠の軌跡をご紹介いたします。
takaboo | 12,370 view
類いまれなる才能を持ちながら故障に泣いた【高沢秀昭】の全て

類いまれなる才能を持ちながら故障に泣いた【高沢秀昭】の全て

ロッテオリオンズの中心選手として80年代を大活躍した高沢秀昭。ケガと隣り合わせで故障しては復活を繰り返す高沢はロッテのみならず、広島のファンを興奮させたスター選手です。 そんな、高沢秀昭の軌跡をご紹介します。
takaboo | 6,079 view
広島が愛して離さない男、走攻守の三拍子が揃った【野村謙二郎】!

広島が愛して離さない男、走攻守の三拍子が揃った【野村謙二郎】!

2000本安打を達成し、トリプルスリーも達成した広島カープが誇るスター選手の野村謙二郎はどんな人物だったのでしょうか。選手としても、監督としてもどん底だったチームを引っ張り上げた男の人柄に迫ります。
takaboo | 2,330 view
2015年、山田哲人(ヤクルト)と柳田悠岐(ソフトバンク)が超難関「トリプル3」達成で振り返る、歴代の「トリプル3」達成者8人!!

2015年、山田哲人(ヤクルト)と柳田悠岐(ソフトバンク)が超難関「トリプル3」達成で振り返る、歴代の「トリプル3」達成者8人!!

「3割30本30盗塁」プロ野球選手における攻撃力の万能さを示す「トリプル3」と呼ばれるこの記録は、世界の王やイチローですら成し遂げたことの無い記録。歴代でもこれまで8人だったこの記録に、2015年になんとセパ両リーグから達成者が現れる(ヤクルト:山田哲人、ソフトバンク:柳田悠岐)という事態になりました。そこで改めて歴代の「トリプル3」達成者をみていきましょう。
青春の握り拳 | 3,456 view
本塁打王と盗塁王の両方を獲得したメジャーに最も近かった男『秋山幸二』

本塁打王と盗塁王の両方を獲得したメジャーに最も近かった男『秋山幸二』

西武・ダイエーで活躍し「メジャーに最も近かった男」と呼ばれた秋山幸二。バク転でホームインするほどの驚異的な身体能力や、現役時代の実績について紹介。
百本ノック | 28,530 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト