『ファイナルファンタジー』(FF1からFF13)の歴代「ラスボス」と「隠しボス(裏ボス)」
2017年1月20日 更新

『ファイナルファンタジー』(FF1からFF13)の歴代「ラスボス」と「隠しボス(裏ボス)」

RPG『ファイナルファンタジー』(第1作・1987年)から始まる国内を代表するゲームシリーズのファイナルファンタジーシリーズ(FF1からFF13)の歴代のラスボスとラスボスより強い裏ボス・隠しボスのまとめです。ネタバレも多数含みますので未プレイの場合はご注意ください。

569,350 view
『ファイナルファンタジーIX(FF9)』の隠しボス「ハ...

『ファイナルファンタジーIX(FF9)』の隠しボス「ハーデス (Hades)」

ハーデス (Hades)
今作品の隠しボスの1人。記憶の場所のある場所に隠れており、話しかけると「立ち去る」と「立ち去らない」の2つの選択肢が現れるので、「立ち去らない」を選ぶと戦闘が始まる。

その正体は「伝説の合成屋」で、戦闘終了後に合成屋に変化する。
なお、オズマの強さを知っているのか、オズマを先に倒していると戦闘開始直後に驚く台詞がある。

FF9 ハーデス戦 - YouTube

隠しボスとして出現。
記憶の場所でクイナが泳いでいた所の右の岩陰に隠れている。
話しかけると「立ち去る」か「立ち去らない」と選択肢が出てくるので、
「立ち去らない」を選ぶと戦闘になる。

『ファイナルファンタジーX』(FF10)のラストボス・隠しボス

『ファイナルファンタジーX』(FF10)のラストボス『ブラスカの究極召喚(シン・ティーダの父「ジェクト」)・エボン=ジュ (Yu-Yevon)』

FF10のラストボス『ブラスカの究極召喚・シン・ティー...

FF10のラストボス『ブラスカの究極召喚・シン・ティーダの父「ジェクト」』

「ブラスカの究極召喚」を撃破した後、今まで育ててきた召喚獣たちに憑依させ、全ての召喚獣を打ち倒し逃げ場をなくしてからエボン=ジュ本体との対決となる。

BGMは専用のものに変わるもののラストバトルとしては異色であり、エボン=ジュは一切攻撃してこない。

エボン=ジュや召喚獣たちのバトルはゲームオーバーになることがないため、ブラスカの究極召喚とのバトルが事実上のラストバトルとなっていると言える。
『ファイナルファンタジーX』(FF10)のラストボス『...

『ファイナルファンタジーX』(FF10)のラストボス『ブラスカの究極召喚』

ティーダの父「ジェクト (Jecht)」

彼が「シン」と化したことは、夢のザナルカンドを形成している祈り子達にも衝撃を与えた。「シン」の体内の最奥部でティーダ達と対面し、「ブラスカの究極召喚」の姿となって襲い掛かる。倒された後、エボン=ジュから解放されて自らの息子ティーダを褒め称え、彼らに後を託して消滅した。

Final Fantasy X - ブラスカの究極召喚戦/Braska's Final Aeon #53 - YouTube

ブラスカの究極召喚

究極召喚の祈り子となったことで召喚獣となったジェクトの姿。見上げるほどの巨人と化しティーダたちと死闘を繰り広げる。戦闘の直前に「戦いが始まったら自分でも止められない」と述べており、その通り苛烈な攻撃を次々と仕掛けてくる。

だがジェクトの意識はまだ残っているらしくティーダの台詞に反応して攻撃の手を止めたり、二回目の戦闘では胸元に「J」の文字が刻まれそこから剣を取り出すなどジェクトらしさがにじみ出ている。

倒された後はエボン=ジュから解放され消滅。しかし前述の剣は残り続け、それをティーダたちの足場にすることでラストバトルの援護を行った。

エボン=ジュや召喚獣たちのバトルはゲームオーバーになることがないため、ブラスカの究極召喚とのバトルが事実上のラストバトルとなっていると言える。
FF10のラスボス:エボン=ジュ

FF10のラスボス:エボン=ジュ

エボン (Yevon)
ユウナレスカの父で本作のラストボス。ユウナレスカに究極召喚を伝授し、エボンの教えの祖を築いたとされる伝説的人物で、彼もエボンの教えにおいて神格化されている。

その正体は召喚士の街であった1000年前のザナルカンドの支配者であり、また最高の召喚士であった人物。1000年前の機械戦争において、滅亡寸前になったザナルカンドを永遠に夢として保つことを決め、生き残った街の住民を大量の祈り子に変えて「夢のザナルカンド」を召喚し、同時に重力魔法と幻光虫を用いて、自身を守りつつ文明を自動的に破壊する鎧「シン」を創り上げた。

「シン」の本体となってからは、既にヒトとしての形も人格も善意も悪意もなく、永遠に「夢のザナルカンド」を召喚し、またその防衛手段として「シン」を創り続けるだけの存在と化している。「シン」の核となってからはエボン=ジュ (Yu-Yevon) と呼ばれるようになった。なお、「ジュ」というのは「呪」からきているとこのこと。

エボン=ジュ (Yu-Yevon)
本作のラストボス。「シン」に潜む本体であり、上述のように既に人としての姿も意識も持たない怪物と成り果てている。

召喚獣に寄生し、「シン」に作り変える能力を持つ。そのため「ブラスカの究極召喚」を撃破した後、今まで育ててきた召喚獣たちに憑依させ、全ての召喚獣を打ち倒し逃げ場をなくしてからエボン=ジュ本体との対決となる。

BGMは専用のものに変わるもののラストバトルとしては異色であり、エボン=ジュは一切攻撃してこない。
FF10のラスボス「エボン=ジュ」

FF10のラスボス「エボン=ジュ」

FF10のラスボス:エボン=ジュ

FF10のラスボス:エボン=ジュ

(矢印)ラスボスにしては、かつてないほどエボン=ジュはちっちゃい

『ファイナルファンタジーX』(FF10)の隠しボス『すべてを超えし者』

『ファイナルファンタジーX』(FF10)の隠しボス『す...

『ファイナルファンタジーX』(FF10)の隠しボス『すべてを超えし者』

PS3 FF10 HD vsすべてを超えし者 - YouTube

モンスター訓練所の最終モンスターとの戦いです。 ステータスカンストしていないのもありタイムアタックではありませんので長いです。 ダメージはクイックトリック 回復はドレイン 死亡対策でリレイズ この繰り返しだけです。 武器はユウナとリュックは七曜、ティーダは七曜の武器3段階目断念なのでエクスカリバーです。
FF10(インターナショナル版を除く)最強のモンスター。
英名はNemesis。格好はアルテマウェポンの色違いで金色のアルテマウェポン。
ゴージャスで中々格好いいのだが、オリジナルグラフィックでないことにガッカリした人も多いのでは。
HP1000万。もう既に『シン』とかどうでもいい、常軌を逸したレベルである。
(『シン』で一番HPが高いのはHP14万、全個所含めてもHP30万6000)

ファイナルファンタジーXII(FF12)のラストボス・隠しボス

ファイナルファンタジーXII(FF12)のラストボス『不滅なるもの』

FF12のラストボス『不滅なるもの』

FF12のラストボス『不滅なるもの』

ファイナルファンタジーXII(FF12)のラストボス『...

ファイナルファンタジーXII(FF12)のラストボス『不滅なるもの』

187 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ファイナルファンタジーVII』(FF7・1997年)は発売当時、何が新しかったか

『ファイナルファンタジーVII』(FF7・1997年)は発売当時、何が新しかったか

『ファイナルファンタジーVII』は発売から19年経った現在に至っても人気は高く、世界中の根強いファンに支持されています。「FF7」はゲームの表現に革新を起こしました。「3D」表現や開発がまだ未知の分野の開発だった当時に3Dゲームの大きな可能性と未来を初めて体現し、それを世界に示した偉大な先駆者的な存在です。2015年6月、スクウェア・エニックスは本作のPlayStation 4向けフルリメイク版が開発・発売予定である事を発表しました。PS4で『FF7』を遊ぶことができる単なる移植でなく、「今の映像技術・最新技術で、もう一度『FF7』を楽しみたい」という世界のファンのニーズに応えるフルリメイク版の開発が進んでいます。(ご注意)『ファイナルファンタジーXV』(FF15)と『ファイナルファンタジーVII リメイク』に関しては、情報が今後、解禁されていくに従い、現段階でリリースされている情報内容自体(及び、まとめの中の情報)も大きく変化することがありますのでご注意ください。
トントン | 30,878 view
RPG史上最も嫌われているヒロイン・『スクウェア3大悪女』ほか

RPG史上最も嫌われているヒロイン・『スクウェア3大悪女』ほか

スーパーファミコン後期に発売したゲームソフト『バハムートラグーン』『ライブ・ア・ライブ』に登場する、ヨヨとアリシアの行動に衝撃を受けたユーザーは多いですね。嫌われるヒロインの特徴を振り返ってみましょう。
ガンモ | 140,603 view
『クロノ・トリガー』(1995年)クロノとマールたちは過去・現在・未来にわたり、時間を越えて冒険をする。ラスボス「ラヴォス」を倒し未来を救えるか!

『クロノ・トリガー』(1995年)クロノとマールたちは過去・現在・未来にわたり、時間を越えて冒険をする。ラスボス「ラヴォス」を倒し未来を救えるか!

RPGの超名作『クロノ・トリガー』(1995年)が大好きな人は多いですね。全体のおさらいになります。仲間とともに過去・現在・未来にわたり、時間を越えて冒険し、ラスボス「ラヴォス」を倒し未来を救いましょう!全般的にネタバレも多数含みますので未プレイの場合はご閲覧にご注意ください。
トントン | 25,243 view
映画版「ファイナルファンタジー」などのコンセプトアートを手掛ける内尾 和正の個展が開催!

映画版「ファイナルファンタジー」などのコンセプトアートを手掛ける内尾 和正の個展が開催!

映画版「ファイナルファンタジー」やアニメ「魔女の旅々」などの コンセプトアートを手掛けるファンタジーアートの巨匠 内尾 和正氏の個展が横浜赤レンガ倉庫にて開催されます。
RPG「ライブ・ア・ライブ」から26年!『ライブ・ア・ライブ 26周年記念生放送』の配信が決定!!

RPG「ライブ・ア・ライブ」から26年!『ライブ・ア・ライブ 26周年記念生放送』の配信が決定!!

スクウェア・エニックスは、1994年に発表したSFC(スーパーファミコン)用RPG「ライブ・ア・ライブ」の26周年を記念した生配信『ライブ・ア・ライブ 26周年記念生放送』をYouTubeおよびニコニコ生放送で行うことを明らかにしました。
隣人速報 | 732 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト