【北島三郎】北島ファミリーを率いる演歌会の大御所でありながら、「サブちゃん」と呼ばれ慕われるこの人は、後継者問題で悩んでいるって本当?!
2017年3月27日 更新

【北島三郎】北島ファミリーを率いる演歌会の大御所でありながら、「サブちゃん」と呼ばれ慕われるこの人は、後継者問題で悩んでいるって本当?!

紅白歌合戦のトリといえば、この人「北島三郎」。山本譲二や歌手の小金沢君などを率いて演歌会を驀進していました。しかし、娘がとある弟子と恋に落ちたことで、だんだんと雲行きが怪しくなって…?そんな疑惑をのぞいてみましょう。

1,309 view

北島三郎

北島 三郎(きたじま さぶろう、1936年(昭和11年)10月4日 - )は、日本の演歌歌手、俳優、作詞家、作曲家、馬主。
『函館の女』に始まる「女」シリーズ、『兄弟仁義』などの「任侠」シリーズなど、数多くのヒット曲がある。
 (1845902)

一般にはサブちゃんという愛称で呼ばれているが、原 譲二(はら じょうじ)のペンネームでも知られ、自身の楽曲の作詞・作曲ばかりでなく自身の舞台のシナリオ・演出や、北島ファミリーはじめ、他の演歌歌手への楽曲提供など、マルチな活動を精力的に行っている。

北島三郎、デビューまでの道のり

北島三郎は、北海道上磯郡知内村の産まれです。北海道函館西高等学校時代に、海で溺れた小学生を救助したという逸話があります。この人命救助の件は当時の『函館新聞』にも掲載され、その記事が函館市の北島三郎記念館に飾られています。
 (1845908)

高校生のサブちゃん(本名:大野穣)が人命救助したという記事。
そんな高校在学中に函館で開催された『NHKのど自慢』に出場します。この時、鐘はたった2つでしたが、司会の宮田輝から「良い声して学生さんですか?お上手でしたのにねえ…」と優しく声をかけられたことで、「歌をやれば歌手の道あるかな?」と思うようになったそうです。

上京、そして結婚

1954年、17歳で高校を中退し、東京の親族を頼って上京しました。最初こそ東京声専音楽学校に入学し、通っていましたが、歌謡曲志向であったので、渋谷を拠点に流しの仕事をしながらデビューを目指します。
 (1845918)

演歌の流しには、縄張りやシマがありました。北島三郎は素人でしたから、知らずに流しの営業に行ってしまったことがあったそうです。用心棒みたいな兄さんに連れ出され、怖いお兄さん方数人に囲まれて、ケンカになってしまったことも。流しの収入は3曲100円の時代で、当時、ラーメン一杯30円程度。100円は今の2000円くらいでした。
妻 北島雅子

妻 北島雅子

北島三郎音楽事務所 副社長でもあります。
この頃に北島が当時都内で下宿していたアパートの大家の娘であった雅子と結婚します。1959年11月30日、挙式。北島がレコードデビューする約3年前の挙式でした。北島は定収がなく、雅子の両親から結婚を反対されていた為、結婚式に出席したのは両家あわせて21人だけした。

北島三郎 妻よ

作曲家、船村徹との出会い

1960年、流しの収入は3曲100円でしたが、ある日羽振りのいい客が1000円を出してくれました。北島はお礼を言いもう1曲歌うと「明日、新橋の○○って喫茶店で待っているから来なさい」と声をかけられました。実はその人は北島の評判を聞きつけた日本コロムビアの芸能部長で、その喫茶店で待つ相手は、作曲家、船村徹だったのです。
 (1845931)

北島はこの時のことを振り返り『こういうちょっとした出会いなんだけど、わずかな出会いが人生で物凄い出会いになってくる』と語っています。
1961年、ある日のレッスン前、船村から「今日から他の歌はいいからこの歌を歌え、この歌を勉強しろ。」と譜面を渡される。これが後に最初のヒット曲となった『なみだ船』でした。
57 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【門倉有希】消えた紅白歌手Kとしてマスコミを賑わした、あの失踪事件の真相とは?うつ病からの回復とその経緯とは?

【門倉有希】消えた紅白歌手Kとしてマスコミを賑わした、あの失踪事件の真相とは?うつ病からの回復とその経緯とは?

門倉有希(かどくらゆき)は、紅白歌合戦にも出場経験のある実力派の美人演歌歌手です。しかし、デビュー後まもなくして、ある男性との「逃避行」「駆け落ち」といわれた失踪事件を起こし、マスコミから大変な非難を受けました。そのバッシングの真相や真実ははっきりしていませんでした。
cyomo | 3,520 view
【大川栄策】今も伝説として語り継がれる、元祖お色気どっきり!彼のだまされっぷりを見て、爆笑した思い出がありませんか?

【大川栄策】今も伝説として語り継がれる、元祖お色気どっきり!彼のだまされっぷりを見て、爆笑した思い出がありませんか?

大川栄策は、「さざんかの宿」のヒットで知られる演歌歌手です。「さざんかの宿」がヒットしてしばらく、大川栄策は、フジテレビの人気番組「スターどっきりマル秘報告」のターゲットにされていました。
cyomo | 9,175 view
【石川さゆり】若い現代のアーティスト達ともコラボし、常に進化を続ける演歌会の大御所。その歌声と美貌に夢中になるファンは増えています。

【石川さゆり】若い現代のアーティスト達ともコラボし、常に進化を続ける演歌会の大御所。その歌声と美貌に夢中になるファンは増えています。

今年でデビュー42年目を迎える演歌歌手、石川さゆり。2016年の紅白歌合戦ではトリを務めるなど、大御所といっていい貫禄を持っています。CMなどでも彼女の歌声を耳にする事は多く、今時の高校生でも知っている、昭和の歌姫のこれまでの歴史を振り返ってみましょう。
cyomo | 2,192 view
芸道55周年を迎えた北島三郎!所属レコード会社の垣根を越えて、歌手7人とデュエット挑戦!

芸道55周年を迎えた北島三郎!所属レコード会社の垣根を越えて、歌手7人とデュエット挑戦!

今年で芸道55周年の北島三郎がまたもや挑戦を表明!吉幾三ら歌手7人とデュエットをした「サブちゃんとデュエットシリーズ」を5月18日に発売すると発表しました!まだまだ活動的なサブちゃんから目が離せません!
【神野美伽】男歌女歌両方を唄いこなしロックフェスにも参加している浪花の演歌歌手を振り返る

【神野美伽】男歌女歌両方を唄いこなしロックフェスにも参加している浪花の演歌歌手を振り返る

男歌女歌両方を唄いこなし、ロックフェス等にも積極的に参加している神野美伽さん。これぞ浪花の演歌歌手!といった方ですよね(^^)/ 世界中にも配信されている神野美伽さんの曲を、がっつり聴き直してみたいと思いま~す。
つきねこ | 249 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト