80年代を代表するミュージシャンが一堂に会したロック・フェスティバル「BEAT CHILD」。それは最高にして最低のロック・フェスだった!
2018年4月14日 更新

80年代を代表するミュージシャンが一堂に会したロック・フェスティバル「BEAT CHILD」。それは最高にして最低のロック・フェスだった!

BOØWY、尾崎豊、THE BLUE HEARTS、佐野元春、RED WARRIORS、岡村靖幸にHOUND DOGなどなど80年代を代表するミュージシャンが一堂に会したロック・フェスティバル「BEAT CHILD」。出演者だけでも伝説ですが、この日は映像で見ると分かるように信じられないような豪雨なのでした!入場者は天国と地獄を同時に味わったことでしょう。

6,053 view

ビートチャイルド

「BEAT CHILD(ビートチャイルド)」というイベントをご存知でしょうか?
今や伝説となっている日本で最初のオールナイト・ロック・フェスティバルです。7万2千人もの観客を全国から動員して1987年8月22日から23日にかけて熊本県阿蘇で行われました。
ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD1987

ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD1987

出典 eiga.com
なぜ伝説かと言えば、先ず出演者です。80年代を代表するアーティストが13組ずらりと揃っています!ちょっと考えられませんね。
そして、死人が出なかったのが奇跡と言われるほど、当日は記録的な豪雨に見舞われたということです。
ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD 1987

ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD 1987

こんな中でコンサートが出来るのかという状況。なぜ中止にならなかったのか不思議でなりません。

当日の天気予報は晴れ。しかし、開演前に突然スコールが会場を襲います。これで会場が泥沼化。場内は混乱してしまい、何千人もの入場者が会場に入れない中で開演となってしまいました。

ビートチャイルド オープニング~THE HEART

会場というよりも、戦場と言いたいほどですね。それでもみんな熱かった。出演者も観客もスタッフも、関係者は全員熱かった。

THE BLUE HEARTS

THE HEARTが前座として登場した後、一番手はTHE BLUE HEARTSが務めています。
演奏したのは「未来は僕等の手の中」、「ハンマー」、「NO NO NO」、「爆弾が落っこちる時」、「世界のまん中」、「チェインギャング」、「人にやさしく」、「少年の詩」、「リンダ・リンダ」の全9曲でした。
THE BLUE HEARTS

THE BLUE HEARTS

天候は、THE HEARTの時には雨は降っておらず、THE BLUE HEARTSは小雨の中でのステージでした。

UP-BEAT~RED WARRIORS

続いてUP-BEATが、「EDEN」「Time Bomb」「Imitation Lovers」「Kiss…いきなり天国」「Kiss in the moonlight」の5曲を歌い、RED WARRIORSが4番手として登場します。

レッドウォーリアーズ ビートチャイルド カジノドライブ

少し雨が弱まった中で、RED WARRIORSは「Casino Drive」「FOOLISH GAMBLER」「バラとワイン」「SHOCK ME」、「WILD CHERRY」の全5曲を披露。

この後、雨脚は強くなっていきます。

小松康伸~岡村靖幸~白井貴子&CRAZY BOYS

小松康伸を挟んで岡村靖幸が登場した時には雷が鳴りだすほどの大雨に。それでも岡村靖幸は、「Water Bed」「Out of Blue」「Maria」「Dog Days」「Young Oh! Oh!」の5曲を歌いきっています。
岡村靖幸

岡村靖幸

午後8時頃には再び大雨が会場を襲い、セッティングに時間がかかった白井貴子&CRAZY BOYSは、1時間以上遅れての登場となりました。しかも、雨の為に機材が故障してしまいます。
それでも、その中で以下の7曲を歌っています。「Non Age」「CHANCE!」「African Dreamer」「Rock'n'Roll Paradise」「Japanese Girls&Boys」「今夜はIt's Allright」「Next Gate」「二人のSummer Time」

HOUND DOG~BOØWY~THE STREET SLIDERS

豪雨の中でHOUND DOGが 「SE〜炎のランナー」「BAD BOY BLUES」「OVER HEAT」「ROCKS」「ROLLING」「今夜ハートで」「Jのバラード「、「ラストシーン」「Rock'n' Roll Laliart」「ラストヒーロー」「ff(フォルティシモ)」の11曲を熱唱の後、BOØWYが登場します。
BOØWY

BOØWY

BEAT CHILDより
颯爽と登場したBOØWYでしたが、いきなり氷室マイク飛ばしてしまいます。雨でギターの音は途切れ、途中でなんと布袋が転倒してしまします。
不謹慎ですが、貴重といえばこの上なく貴重な映像がこれです。

BOOWY(Beat Child )

演奏曲目は「IMAGE DOWN」「ハイウェイに乗る前に」「BABY ACTION」「MARIONETTE」「THE WILD ONE」「BAD FEELING」「WORKING MAN」「B・BLUE」「BEAT SWEET」「ホンキー・トンキー・クレイジー」、「BLUE VACATION」「NO. NEW YORK」「DREAMIN'」「ONLY YOU」の14曲です。

続いてTHE STREET SLIDERSが、「Back To Back」「HOLD ON」「Downtown Sally」「So Heavy」「Lay dawn the city」「Special Women」「Boys Jump The Midnight」「TOKYO JUNK」の8曲を演奏します。

尾崎豊~渡辺美里

雨脚のピークは午前2時ごろで、会場一帯には大雨警報が出されました。ステージ上に水たまりができたほどの記録的豪雨で、雨量71.5ミリメートルを観測したそうです。
それでも中止にならなかったというのが信じられませんが、そんな中、11人目として尾崎豊が登場します。

尾崎豊 Driving All Night~BOW!(87年 熊本ビートチャイルド)

さすが尾崎!充実の「シェリー」「Driving All Night」「Bow!」「街角の風の中」「十七歳の地図」「Scrambling Rock'n'Roll」「Freeze Moon」の全7曲。

続いて渡辺美里が 「Richじゃなくても」「みつめていたい(Restin' in your Room)」「風になれたら」「Boys Cried」「19才の秘かな欲望」「Lazy Crazy Blueberry Pie」「It's Tough」「My Revolution」「Long Night」「GROWIN' UP」の10曲を歌います。
渡辺美里

渡辺美里

BEAT CHILDより

佐野元春 with THE HEARTLAND

トリを務めたのは佐野元春でした。この時にはウソのように雨は上がっていたと言います。
佐野元春

佐野元春

BEAT CHILDより
「ガラスのジェネレーション」「WILD HEARTS」「君をさがしている」「STRANGE DAYS」「COMPLICATION SHAKEDOWN」「99BLUES」「INDIVIDUALISTS」「SOMEDAY」「YOUNG BLOODS」「HAPPY MAN〜R&Rメドレー」の10曲を歌い、朝日とともにフィナーレを迎えました。

尚、「BEAT CHILD」の模様は「ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD 1987」としてドキュメント映画になっていますが、劇場公開のみでソフトにはなっていません。残念ですね。

映画「ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD 1987」予告編A - BEATCHILD (ビートチャイルド)

36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

高得点を目指せ!【ザ・ブルーハーツ】イントロクイズ

高得点を目指せ!【ザ・ブルーハーツ】イントロクイズ

1985年に甲本ヒロトと真島昌利を中心に結成したパンク・ロックバンド『ザ・ブルーハーツ』。 激しいライヴパフォーマンスとメッセージ性の高い歌詞で多くの若者を熱中させたブルハの名曲たちをアナタはどれだけ覚えていますか?
BOØWY・ブルーハーツ・RCサクセション・TM NETWORK…アナログレコードが続々復刻発売

BOØWY・ブルーハーツ・RCサクセション・TM NETWORK…アナログレコードが続々復刻発売

近年、有名アーティストたちが続々とアナログレコードで復刻版や新譜を発売し、再ブームの兆しが見えている。 なぜ、いまさらレコードなのか?アナログだからこその魅力やアナログレコードを出しているアーティストなどを紹介。
アダルト界のカリスマ監督「代々木忠」。愛があふれる奇妙な世界を括目せよ!

アダルト界のカリスマ監督「代々木忠」。愛があふれる奇妙な世界を括目せよ!

「ザ・オナニー」「ザ・面接」「女が淫らになるテープ」など大ヒットシリーズをいくつも量産した代々木忠。知る人ぞ知るアダルト界のカリスマ監督です。彼が作り出す作品の根底にあるものは愛です。愛こそがすべて。代々木忠の奇妙な世界に触れてみてください。
obladioblada | 11,424 view
熟女ファン必見!五月みどり の色気が半端ない!

熟女ファン必見!五月みどり の色気が半端ない!

熟女エロスの女王の名をほしいままにした五月みどり。そのきっかけとなった映画「かまきり夫人の告白」は今でも語り草です。3年連続で紅白歌合戦に出場していた人気歌手が、突然ポルノ映画に出演したのですから当時は大騒ぎでした。その色気は今見ても半端ありません。
obladioblada | 10,772 view
80年代ヤンチャな奴らが愛した単車!!HONDAのCB400 HAWK-II&HAWK III。

80年代ヤンチャな奴らが愛した単車!!HONDAのCB400 HAWK-II&HAWK III。

80年代夜のツーリングクラブ(族の集会)で人気が高かった単車、HONDAのCB400 HAWK-II&HAWK III人気も高く、ヤンチャ少年達ノ憧れの1台でした。
ギャング | 786 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト