「おやじファイト」で得られた生きがい!40代ボクサー、阿部浩治さん
2019年3月6日 更新

「おやじファイト」で得られた生きがい!40代ボクサー、阿部浩治さん

自分の過去を振り返った時、誰しも口惜しかったり恥ずかしかったことがあると思います。そんな過去をどう受け入れて消化するかは人それぞれ。40代でリングに立つボクサー阿部浩治さんはそんな自身の過去を美化することなく向き合うことで生きがいを手に入れることが出来ました。

9,514 view
「角海老宝石ボクシングジムは基礎からみっちり叩き込んでくれたので、それまでボクシング未経験の自分には合っていましたね。ボクシングにずっとあこがれていたので大学1年の8月入門以来、練習に明け暮れました。

当時は世界チャンピオンになればテレビのゴールデンタイムで放送された時代ですし、大学時代は必死で練習に励みました。毎日強い人と拳を交え、ボコボコにされても次の日にはまたジムに通う。そんな生活を繰り返しながら大学3年の時プロテストに合格したんです。」
中2で憧れたボクシング。
その世界へ歩みを進めるために国立大学を目指す。

一見ユニークな歩みと感じますが、同時に道を定めたらブレない強さを感じます。
その精神力で、阿部さんは埼玉大学3年生のときにプロボクサーとなります。

憧れのプロボクサー、そのリング上でみた景色は。

2戦して2敗、ともに2Rでダウンを奪われる

1998年12月5日のプロデビュー戦、翌1999年8月16日のプロ第2戦。

阿部さんはともに聖地・後楽園ホールで戦い敗れます。
いずれの試合でも2Rにダウンを喫し、阿部さんはリベンジを期しつつ就職することになります。
「それなりの練習を積んだ自負もありプロテストは自信があったんです。そして迎えたプロデビュー戦の後楽園ホールは心が昂って目の前の鉄扉が開くまでの時間が長かったですね。」


「プロで2戦やった実感としては『このまま続けてもよい流れが作れない。一度就職して環境を変えてからリベンジしよう』というのが率直な思いでした。

元々、角海老宝石ボクシングジムには大学卒業後に会社員として働きながらプロで戦う新井泰選手という方がいて、自分もそのような道を目指していたんです。」

ボクシングがやりたくて国立大学を志した阿部さんの中高時代。
今度はプロのリングでのリベンジを誓いつつ大手企業に就職することとなりました。

2年間の会社員生活を経て公務員試験に合格

就職した企業を2年で辞めた阿部さん。
社内結婚を経ての退職後、1年の勉強期間を経て公務員試験に合格することとなります。

見事合格した後、現在の職場である千葉県市川市役所に採用された阿部さんは、リベンジを期していたプロのリングを目指してボクシングジムに足を運び、2006年に再びプロテスト合格を果たします。

果たせなかったリベンジ

-「ボクサーになる」と誓ってからの大学受験、「リベンジする」と誓ってからの公務員試験。一見繋がっていないようにみえますが、阿部さんはどちらもクリアしたうえでプロの資格を勝ち得ています。
「プロになった満足感よりも、リングでダウンした口惜しさと恥ずかしさがずっと忘れられなくて。その事実と向き合えなかったこと、弱い人間と思われるのが嫌だったこと。そんな気持ちを拭うことが出来ませんでしたね。」
再びプロの資格を手に入れた阿部さんでしたが、時同じくして子宝に恵まれたこともあり、試合はすることなく引退。

その後は公務員として生活を送ることとなりました。
「その後は仕事と家庭の毎日を送りましたが、ライセンスの年齢制限である37歳を迎えてプロボクサーとしてリベンジを果たすことが不可能となったとき、気持ちが荒んでしまうこととなりました。結局、2戦2敗の現実を受け止めることが出来ず無為に過ごしてしまったという気持ちが残ってしまったんです。」
厳しいトレーニングに耐えてプロの資格を2度手に入れた、という見方も出来るとは思います。

しかしながら、志した場所と実際に歩んだ道との乖離に苛まれる、その苦悩はご本人にしか分からないことかもしれません。この時期について、阿部さんは明確に低迷期だったと話されました。

「おやじファイト」との出会い

2015年、そんな阿部さんに大きな転機が訪れます。
「子供の同級生のお父さんが元ボクサーだったんです。父兄参観のときに思い切って話しかけてみたらボクシングの話で意気投合しまして。一緒に練習しよう!という話から。正直、嬉しかったし楽しかったんですよ。」
そこで出会ったのが「おやじファイト」。

ジムでの練習を再開した半年後、阿部さんはついにボクシングのリングに再び上がることとなりました。

おやじファイト-「ただのオヤジか戦うオヤジか。」

60 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

手と手を結びあって大きな輪に!「平成のKOキング」坂本博之さんが子供たちに届けたいこと。

手と手を結びあって大きな輪に!「平成のKOキング」坂本博之さんが子供たちに届けたいこと。

不動心を背負い「平成のKOキング」「和製デュラン」の異名でファンを魅了したプロボクサー坂本博之さん。2000年の畑山隆則(横浜光ジム)に挑んだWBA世界ライト級王座戦は、結果として敗けたとはいえファンにより同年年間最高試合に選ばれています。ボクシングに惹かれボクサーとして生き抜き、そして今彼が目指しているものは何か――編集部がインタビューしました。
「みんなと共に世界へ」親友がくれた闘争心、船井龍一選手!

「みんなと共に世界へ」親友がくれた闘争心、船井龍一選手!

ガチンコファイトクラブに魅せられてボクシングの門を叩いたシャイな目立ちたがり屋、船井龍一選手。30歳を過ぎて、努力を継続する力とは別の勝つために必要な「闘う」力を身に纏った第39代日本スーパーフライ級王者、次なる高みは世界!ここまでのボクサー人生について船井選手に伺って参りました。
孤高の求道者は今なおボクシングの夢を追う、西島洋介山!

孤高の求道者は今なおボクシングの夢を追う、西島洋介山!

日本クルーザー級のパイオニアとしてその名を轟かせた西島洋介山を知らない人はいないだろう。手裏剣パンチを武器に闘った地下足袋ファイターは、そのボクサー人生の多くをアメリカで過ごした。またボクサーとして現役を退いた後には、日本国内で総合格闘技やキックボクシングにも出陣することに。様々なバックボーンを持ったファイター達とリング上で相見えてきた西島洋介山、孤高のボクサーはその拳にどんな想いを乗せて闘っていたのだろうか。
竹原慎二がアパレルブランド「BLAST」を発表!今一度振り返りたいガチンコファイトクラブ!!

竹原慎二がアパレルブランド「BLAST」を発表!今一度振り返りたいガチンコファイトクラブ!!

日本人初の元ボクシングミドル級世界王者・竹原慎二がこのたび、世の中の働く男性たちをさらに輝かせるべくアパレルブランド「BLAST」をプロデュースしています。
隣人速報 | 723 view
シルベスター・スタローンが『ロッキー4』を再構築した映画『ロッキーVSドラゴ:ROCKY IV』が8月公開!!

シルベスター・スタローンが『ロッキー4』を再構築した映画『ロッキーVSドラゴ:ROCKY IV』が8月公開!!

シルべスター・スタローンが監督・脚本・主演を務めた「ロッキー」シリーズ最大のヒット作『ロッキー4/炎の友情』が、スタローン自らの手で再構築&42分の未公開映像を加えた形の新たなロッキー『ロッキーVSドラゴ:ROCKY IV』として公開されることが決定しました。
隣人速報 | 683 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト