名曲ばかり!ハードロックの王道“ディープ・パープル”の70年代を日本で発売されたシングルで振り返ります
2017年9月21日 更新

名曲ばかり!ハードロックの王道“ディープ・パープル”の70年代を日本で発売されたシングルで振り返ります

ハーロックといえば、ディープ・パープル。70~80年代のバンド小僧にとってはお手本のバンドでもありました。そのディープ・パープルの黄金期といえばやはり70年代。現在でも活動を続けている彼等ですが、70年代に日本でリリースされたシングルは代表曲の目白押しです。熱い思いを込めて振り返ります!

1,954 view

Deep Purple

ディープ・パープルは、1968年に結成され1976年にいったん解散したものの1984年に再結成されて以降現在まで活動を続けているイギリスのハードロック・バンドです。

息の長いバンドとは言え、その最盛期となると、それはもう70年代前半。その当時のディープ・パープルは、今聴いても十分に男心を熱くする、これぞロック!といった男臭いサウンドが全開です。

その頃のディープ・パープルといえば、メンバー的には第2期と言われている時期にあたります。
第2期メンバー(1969年ー1973年)

第2期メンバー(1969年ー1973年)

ジョン・ロード(Jon Lord, キーボード)
リッチー・ブラックモア(Ritchie Blackmore, ギター)
イアン・ペイス(Ian Paice, ドラム)
ロジャー・グローヴァー(Roger Glover, ベース)
イアン・ギラン(Ian Gillan, ヴォーカル)
これぞディープ・パープルといった、黄金のメンバーです。

レッド・ツェッペリンと並びハードロックを代表するバンドですが、レッド・ツェッペリンほどの商業的な成功を収めることが出来なかったのはメンバーチェンジが多すぎた、メンバーを固定することが出来なかったというのは大きな要因ではないかと思われます。

もしも、この第2期のメンバーのまま活動できていたとしたなら、もっと大きな存在となっていたと思います。しかし、そんなことを今更言っても始まりません。
ディープ・パープルが70年代に日本でリリースした10枚のシングル聴きながら、その偉大な足跡を振り返ります。

Black Night

1970年に発表した4枚目のアルバム「ディープ・パープル・イン・ロック」ですが、ここからボーカルがロッド・エヴァンスからイアン・ギランに、ベースがロジャー・グローヴァー に変わります。そうです第2期の始まりです。
このアルバム完成後に、レコード会社からの要請でプロモーション用のシングルをリリースすることになります。それが第2期の最初を飾るディープ・パープルのシングル「ブラック・ナイト」です。
ブラック・ナイト

ブラック・ナイト

ジョン・ロードによると飲んでいる最中にリッキー・ネルソンの「サマータイム」を参考にしてあの印象的なリフが出来たのだそうです。
因みに、歌詞は即興でつくったのだそうですよ。この曲は、全英2位というヒットを記録して第2期のディープ・パープルは幸先の良いスタートを切ることができました。

DEEP PURPLE - Black Night (1970 UK TV Performance) ~ HIGH QUALITY HQ ~

ブラック・ナイト

Strange Kind of Woman

1971年のアルバム「ファイアボール」から先行リリースされた「ストレンジ・ウーマン」 

ところで、アルバム「ファイアボール」の収録曲は、各国で違っていて、日本盤とアメリカ盤は、3曲目に「ストレンジ・ウーマン」が入っていますが、イギリス盤では「デイモンズ・アイ」に差し替わっています。
ストレンジ・ウーマン

ストレンジ・ウーマン

イギリスのバンドはシングルをアルバムに入れないことが多いですもんね。

「ストレンジ・ウーマン」は前作に続いて全英8位というヒットを記録しました。

Deep Purple - Strange Kind Of Woman - Live 1973 (USA, New York)

ストレンジ・ウーマン

Fireball

全英15位だったシングル「ファイアボール」ですが、アルバム「ファイアボール」の方は見事に全英1位に輝いています!
ファイアボール

ファイアボール

メンバーが火の玉となっているジャケットは、正直どこがそれほど素晴らしいのか分かりませんが、ニュー・ミュージカル・エキスプレス紙でその年の「ベスト・デザイン・ナンバー・ワン・アルバム賞」を受賞しています。

Deep Purple - Fireball (Live)

ファイアボール

Never Before

55 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

70年代のロックが好きならこれを聴け!マイケル・シェンカーを輩出したブリティッシュ・ハードロックバンド“UFO”

70年代のロックが好きならこれを聴け!マイケル・シェンカーを輩出したブリティッシュ・ハードロックバンド“UFO”

ギターヒーローと言う呼び方がピッタリなマイケル・シェンカーがUFOに参加したのは、なんと若干17歳の時です!70年代のロック好き、特にブリティッシュ・ハードロック好きには避けて通ることが出来ないマイケル・シェンカー在籍時のUFOをご紹介します。
obladioblada | 1,327 view
「HR(ハードロック)/HM(ヘビーメタル)を創ってきたギタリストたち」を6月4日にWOWOWでオンエア!

「HR(ハードロック)/HM(ヘビーメタル)を創ってきたギタリストたち」を6月4日にWOWOWでオンエア!

「ディープ・パープル」「ジューダス・プリースト」「MR.BIG」伝説の3バンドのライブ映像を特別にオンエア!70年代~90年代を盛り上げた伝説のバンドたちをもう一度体感できる!
メンバーチェンジを繰り返すことで成長していくという稀なバンド、ホワイトスネイク

メンバーチェンジを繰り返すことで成長していくという稀なバンド、ホワイトスネイク

メンバーチェンジを繰り返すバンドはそれほど珍しくありませんが、ホワイトスネイクのようにメンバーをどんどん解雇し、その度に優れたミュージシャンが集まってくるというのは稀なのではないでしょうか。ホワイトスネイクなだけに、まさにヘビが脱皮するようにメンバーを変え、その度に成長していくという特殊なバンドといえます。
obladioblada | 1,746 view
【レインボー】D.パープルをついでHR/HMの雄、R・ブラックモア(g)と4人のシンガーたち

【レインボー】D.パープルをついでHR/HMの雄、R・ブラックモア(g)と4人のシンガーたち

 レインボーは、ディープ・パープルのギタリスト、リッチー・ブラックモアが1974年(頃)に結成したヘヴィメタル・バンドです。「リッチー・ブラックモアズ・レインボー」とも呼ばれています。HM/HRの雄として活躍する反面、とにかくメンバーチェンジの激しく時にはファンをがっかりさせたことも…。R.J.ディオを含むボカールも例にもれず…。個性豊かなシンガー4人も同時に紹介したいと思います。いつのまにか「空耳」も紹介していました…!
Yam | 4,752 view
音楽配信サイト"AWA"でマツドデラックスがお届けする第2弾!まるでカセットテープのような「J-POP BEST  女性アーティスト編」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でマツドデラックスがお届けする第2弾!まるでカセットテープのような「J-POP BEST 女性アーティスト編」をご紹介!

音楽配信サイト「AWA」の公式プレイリスターの「マツドデラックス」こと「山本圭亮」がお送りする「まるでカセットテープのような」シリーズ!それを皆様に聴いて欲しいのでこんな企画をやっちゃったわ!どうかアクセスして聴いて頂戴ね!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト