1972年創業の竹書房ってマジにスゴイっ!麻雀愛にあふれまくっている出版社です!
2019年4月26日 更新

1972年創業の竹書房ってマジにスゴイっ!麻雀愛にあふれまくっている出版社です!

一般的にはイマイチ馴染みが薄いように思える麻雀。しかし、そこに執念を燃やして雑誌を作り続けている出版社があります。そう竹書房です。麻雀というマイナーともいえる世界から大ヒット作品を生み出しているんですよ。

1,044 view

竹書房

…竹書房。竹書房といえば、何を想像しますか?エロ本。そんなイメージでしょうか?確かに官能小説は竹書房の柱のひとつですね。
乱されたいの

乱されたいの

真島 雄二 (著)
しかし、それだけではありません。漫画雑誌や漫画単行本、小説、写真集などの出版に加え、映像ソフトの販売など実に幅広く展開してるんです。

その歴史をたどると麻雀に関する雑誌愛には心を打たれます。
イマイチ馴染みが薄い、しかし、実はスゴイ出版社「竹書房」をご紹介します!

月刊近代麻雀

竹書房の設立は1972年10月。野口恭一郎が作り上げました。で、何をやったかと言いますと「月刊近代麻雀」を創刊したんです。これは日本初の麻雀専門誌なんですね。
月刊 近代麻雀

月刊 近代麻雀

1978年12月号
画像は1978年のものですが、表紙をルパン三世で知られるモンキー・パンチが描いていますね。だからといって漫画雑誌ではありません。活字主体です。1975年に、やはり活字主体の「別冊 近代麻雀」が創刊されますが半年後には早くも「ジャンケン」と改称。
ジャンケン

ジャンケン

1975年9月号
で、順調にいくかと思えた「ジャンケン」でしたが、1977年には休刊(事実上の廃刊ですね)となります。
しかし、1977年は竹書房にとってターニングポイントとなります。「ジャンケン」は終わってしまいましたが、劇画主体となる「傑作劇画 近代麻雀臨時増刊(後の近代麻雀オリジナル)」が創刊されたのです。ここに竹書房の漫画時代が始まるんですね。
近代麻雀オリジナル

近代麻雀オリジナル

2009年 02月号

フリテンくん

1980年より「近代麻雀」「近代麻雀オリジナル」に連載され人気を博したのが植田まさし原作の4コマ漫画「フリテンくん」です。
フリテンくん

フリテンくん

植田まさし (著)
全19巻
植田まさしの出世作品で今でも人気があるわけですが、「近代麻雀」に掲載されていた時こそ麻雀やギャンブルがテーマとなっていましたが、徐々にそのテーマは薄れていき、主人公さえ登場しなくなるという珍しい作品となっています。
「フリテンくん」は、その後も竹書房の雑誌である「近代麻雀オリジナル」「漫画ギャンブルパンチ」「月刊ギャグダ」を経て、現在でも竹書房の4コマ系雑誌の基幹誌といえる「まんがライフ」に「新フリテンくん」として掲載されています。

1981年には7話の短編からなるオムニバス形式の劇場用映画として公開されました。

フリテンくん

竹書房のビルは「フリテンくん」の売り上げで建ったと噂されるほどのドル箱作品です。

別冊近代麻雀

1979年 「麻雀劇画(後の別冊 近代麻雀)」が創刊されます。
38 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「アカギ」2018年2月に完結!「鷲巣麻雀編」があと数回で終了。新デザインの単行本も刊行決定!!

「アカギ」2018年2月に完結!「鷲巣麻雀編」があと数回で終了。新デザインの単行本も刊行決定!!

現在竹書房の「近代麻雀」誌で連載されている、福本伸行の代表作の一つ「アカギ ~闇に降り立った天才~」が2018年2月で約27年の連載に幕を下ろすことがわかった。「鷲巣麻雀編」があと数回で終了する。
red | 3,890 view
25周年記念展を行う『アカギ』赤十字協力の献血応援イベント「アカギと鷲巣、どっちを救う!?」も開催!

25周年記念展を行う『アカギ』赤十字協力の献血応援イベント「アカギと鷲巣、どっちを救う!?」も開催!

福本伸行が描く人気麻雀漫画『アカギ ~闇に降り立った天才~』(アカギ)の連載25周年を記念した展示が、4月27日(木)より東京・中野のpixiv Zingaroにて開催される。5月3日(水・祝)には献血を行う人に、アカギと鷲巣どちらに輸血するかのアンケートを行う。
麻雀漫画の必殺技・特殊能力:ムダヅモ無き改革・哲也-雀聖と呼ばれた男・咲-Saki-ほか

麻雀漫画の必殺技・特殊能力:ムダヅモ無き改革・哲也-雀聖と呼ばれた男・咲-Saki-ほか

麻雀漫画の出演者の驚くべき能力や技の数々を振り返ってみましょう。1975年に日本初の麻雀漫画雑誌『漫画ギャンブルパンチ』が竹書房より創刊され、1970年代後半から1980年代半ばにかけて多数の専門誌が創刊される一方、リニューアルによる誌名変更などもを含めてその多くが休刊に。1990年代に、新創刊の雑誌は若干あるものの、継続して出版するのは竹書房ほぼ一社のみとなっています。盛り上げていきたいところです。
トントン | 27,289 view
【TVドラマ「アカギ」のキャスト決定】津川雅彦演じる鷲巣がスゴイ!!

【TVドラマ「アカギ」のキャスト決定】津川雅彦演じる鷲巣がスゴイ!!

「アカギ」昔から読んでます。いまなお続いている「アカギ」がTVドラマに!津川雅彦がハマリ役の予感です…アカギ名言とともにどうぞ!
青春の握り拳 | 3,515 view
ゲーセン御用達の脱衣麻雀「スーパーリアル麻雀PV」が25年の時を経てNintendo Switchで復刻!!

ゲーセン御用達の脱衣麻雀「スーパーリアル麻雀PV」が25年の時を経てNintendo Switchで復刻!!

株式会社マイティークラフトより、Nintendo Switch向け脱衣麻雀ゲーム「スーパーリアル麻雀PV」が復刻リリースされました。マイニンテンドーストアにてダウンロード販売を開始しています。
隣人速報 | 2,615 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト