キャロルから始まったリーゼントのロックンローラーたちは、いつだって不良、つっぱり、ヤンキー達の憧れのマトだ!
2017年9月7日 更新

キャロルから始まったリーゼントのロックンローラーたちは、いつだって不良、つっぱり、ヤンキー達の憧れのマトだ!

70年代初頭、キャロルから始まったリーゼントでロックンロール!もうこれは日本の伝統芸能といってもよい程に今日まで脈々と受け継がれている。リーゼントは、不良、つっぱり、ヤンキー達の象徴であり、彼らが奏でる音楽は、いつだって危険な香りがいっぱいのロックンロールだ。

7,179 view

リーゼント

ロックンロールとファッションは切っても切れない関係にありますが、中でもヘアスタイルは重要です。70年代から日本のロッカー達に脈々と受け継がれているヘアスタイルといえば、そうリーゼント。ロックもリーゼントも不良の象徴でした。

しかしそのリーゼントは、日本独自のヘアスタイルというわけでは勿論ありません。リーゼントのロックンローラーというのはどこからきたのでしょう?

まず考えられるのが、エルヴィス・プレスリーでしょうね。
エルヴィス・プレスリー

エルヴィス・プレスリー

う~ん、流石に決まってますね。ただ、ファッションも含めて考えるとエルヴィス・プレスリーは、日本のリーゼント・ロッカーとはニュアンスが違います。では、お手本となったのは誰でしょう?

おそらく、それはシルヴァー・ビートルズでしょうね。リーゼントに皮ジャンという基本スタイルが既に完成しています。
シルヴァー・ビートルズ

シルヴァー・ビートルズ

シルヴァー・ビートルズとは、ドラムのリンゴ・スターが加入する前、公式デビューする前のビートルズです。デビュー後のビートルズにはないロッカーとしてのカッコ良さがありますね。

キャロル

皮ジャンにリーゼントというシルヴァー・ビートルズそのまんまのファッション・スタイルを日本の音楽シーンに持ち込み定着させたのが矢沢永吉率いるキャロルです。

因みに矢沢永吉のベースは、ポール・マッカートニーと同じくバイオリン・ベースです。
キャロル

キャロル

まだ、「ヤンキー」も「つっぱり」という言葉もなかった時代、不良の音楽としてロックンロールとリーゼントを日本に定着させたのです。

キャロルといえば、矢沢永吉ばかりが大きく取り上げられますが、ジョニー大倉の日本語と英語をちゃんぽんにした歌詞はその後の日本のロックに計り知れない影響を与えており、まさに発明といえます。更に彼のリズムギターももっと評価されて良いものです。実にロックしてるんですよね!

そんな彼らのデビュー曲は1972年の「ルイジアンナ」です。
ルイジアンナ

ルイジアンナ

CAROL(キャロル)

矢沢永吉(ベース・ボーカル)
ジョニー大倉(サイドギター・ボーカル)
内海利勝(リードギター・ボーカル)
ユウ岡崎(ドラムス)

活動期間:1972年~1975年
ハンブルグ時代のビートルズを思わせるロックンロール・バンドが,かつてこの日本にいた。{
デビュー曲でありながら矢沢永吉の歌いっぷりは流石ですが、タイトルがもう実に洒落てます。しかもどこか不良のニオイがするんですねよ。

キャロル ルイジアナ

クールス

不良、とりわけ暴走族から絶大な支持を集めたキャロル。その影響を真正面から受けたのが、原宿にたむろしていた1950年代のロックン・ロールを愛聴する暴走族のクールスです。

キャロルの親衛隊をしていたクールスも、シャ・ナ・ナのような音楽性を持ったバンドとして活動を開始します。
現在では石原軍団のメンバーとして役者として活躍する舘ひろしがボーカルを務め、1975年に「紫のハイウェイ」でデビュー曲しています。
紫のハイウェイ

紫のハイウェイ

クールス(COOLS)

舘ひろし(ボーカル/ボス)
水口晴幸(ボーカル/ピッピ)
村山一海(ボーカル/ムラ)
ジェームス藤木(リードギター/ジェームス)
飯田和男(サイドギター/フランク)
大久保喜市(ベースギター/キイチ)
佐藤秀光(ドラム/ヒデミツ)
梅村光男(ギター/社長)

活動期間:1975年~現在
現在では石原軍団のメンバーとして役者として活躍する舘ひろしがボーカルを務め、1975年に「紫のハイウェイ」でデビュー曲しています。

COOLS - 紫のハイウェイ

ダウン・タウン・ブギウギ・バンド

37 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

伝説のリーゼント!70~ 80年代

伝説のリーゼント!70~ 80年代

70~ 80年代のリーゼント! 突っ張ることがカッコよかった時代。伝説のバンドキャロルとクールスの動画を見ながら振り返ってみました。
軽く見られがちな世良公則&ツイストですが、日本の音楽界にロックを定着させたのは彼らの功績です!

軽く見られがちな世良公則&ツイストですが、日本の音楽界にロックを定着させたのは彼らの功績です!

世良公則&ツイストがデビューした当時、日本ではまだロックは市民権を得ていませんでした。つまり商売にならんと音楽界からは相手にされていなかったのです。曲もさることながらボーカルやバンドのスタイルをはじめメディア戦略まで彼らが成し遂げた功績は大きく偉大なのです!
obladioblada | 2,216 view
映画『暴力教室』松田優作とクールス舘ひろしが壮絶な喧嘩!実は撮影時、松田は暴力事件で謹慎中!

映画『暴力教室』松田優作とクールス舘ひろしが壮絶な喧嘩!実は撮影時、松田は暴力事件で謹慎中!

暴力事件で謹慎中の松田優作と、舘ひろしを中心とした硬派・クールスとが「はみだし教師役と不良生徒役」という設定で対決するという触れ込みで売り出していた映画『暴力教室』。85分間の劇中、何度も暴力シーンが登場する屈指の青春映画だ。
ひで語録 | 20,069 view
スカジャンにサングラス!舘ひろしが主演ドラマでトラック野郎に!情に厚く涙もろいデコトラ運転手を演じる

スカジャンにサングラス!舘ひろしが主演ドラマでトラック野郎に!情に厚く涙もろいデコトラ運転手を演じる

舘ひろしが主演するTBS系ドラマ「天下御免のトラック野郎 銀ちゃんの事件街道」が、9月26日から放送が開始される。舘が演じるのは平成のトラック野郎・竜崎銀之助、通称“銀ちゃん”。これまで演じたことのない役どころに挑戦する。
【キャロル】矢沢永吉の名とともに日本ロックシーン史における伝説となったロックバンド!

【キャロル】矢沢永吉の名とともに日本ロックシーン史における伝説となったロックバンド!

日本における全てのロックバンドの歴史はキャロルから始まったといっても過言ではないでしょう。わずか2年半の活動期間にも関わらず、後世に続く日本のロックンロールを方向付けたのは間違いなくキャロルと矢沢永吉です。
青春の握り拳 | 25,583 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト