「サッカー王国」静岡県出身!往年のJリーガーでベストイレブンを考えてみた!
2018年3月9日 更新

「サッカー王国」静岡県出身!往年のJリーガーでベストイレブンを考えてみた!

今年はワールドカップ2018ロシア大会がありますね~!そこで今回は、主に90年代に活躍した静岡出身のサッカー選手で、勝手にベストイレブンを考えてみました(^^)/ 是非読んでみてくださいまし~!!

4,158 view

はじめに

はじめにお断りしておかなくてはいけないことがあります・・・
私は日本代表しか判らない様な知識レベルでこの記事の作成に挑んでいます。
なので、往年のサッカーファンの方からはお叱りの言葉もあるとは思いますが、どうかご容赦ください。

今回この記事を書こうと思ったのは、今年のロシア大会に向けて、もっとサッカーを知りたい!と思ったからです。
素人の私でも、静岡には名選手が多かったということは知っているので、今回の記事をまとめてみようと思いました。

どうか最後まで宜しくお願い致します(^_^)

お正月お馴染みの”冬の選手権”での静岡県勢の優勝回数

・静岡県勢の優勝回数。
・意外に三位。兵庫強い。
・5校の優勝、準優勝回数。
藤枝東高校

藤枝東高校

静岡県の今までの”冬の選手権”での成績を調べてみました~!

すると・・・

静岡勢は歴代優勝回数10回、準優勝回数が10回で、全国で3番目の回数を誇っていました(^^)/ 正直ちょっと意外でした(>_<) 静岡が1番だと思ってました((+_+))
僕は知らなかったのですが、一番多いのは兵庫県なんですねぇ。ちなみに2番目は埼玉県でした!

さて、静岡勢の高校はというと・・・
藤枝東(優4、準3)、清水市商(優3、準0)、清水東(優1、準3)、東海大第一(優1、準1)、静岡学園(優1、準1)の5校でした!
お馴染みの高校ですねぇ(^^)/

あとこの名だたる強豪校に割って入るとすれば南葛小ですかね(笑)
実際に南葛小は、静岡県にある南葛市という設定ですね!

静岡出身のサッカー選手

調べてみると、やはり静岡出身のサッカー選手は多いですねぇ!
その為、今回は90年代に活躍した選手に絞ることにしました。
代表歴が90年代にある方にしてみたので、高原直泰選手や山田暢久選手はあえて外してみました。
他にも沢山いらっしゃったのですが、今回はスタメンと控え選手を合わせて14人にしています。
ご納得頂けるか不安ですが、お楽しみ頂ければ幸いです(^^)/

ポジション

静岡出身 仮想イレブン

静岡出身 仮想イレブン

出典 つきねこ

監督

長谷川健太(はせがわ けんた)

現役時代はフォワードとして活躍し、右45度から放つ豪快なキャノンシュートが売り物だった。また、右足から繰り出される正確なクロスボールは、「ケンタリング」とも呼ばれた。
現在はFC東京を指揮されている長谷川健太さん。
長谷川健太さんの監督歴は、2000年~2004年が浜松大学、2005年~2010年が清水エスパルス、2013年~2017年がガンバ大阪、そして今年2018~はFC東京になります。
この仮想静岡イレブンを引っ張っていけるのは、長谷川健太さんだけではないでしょうか!

GK ゴールキーパー

川口能活(かわぐち よしかつ)

ゴールキーパーの極意 スーパーセーブ 完全マスター

ゴールキーパーの極意 スーパーセーブ 完全マスター

優れたキャプテンシーを持ち、逆境に立たされた際に存在感を発揮するプレイヤー。しばしば「炎の守護神」、「魂の守護神」と表現される。
ゴールキーパーとしては小柄な川口選手ですが、メンタルが強く大舞台に強いと言われていますね。
いつも重心を低く保ち、ゴール前での飛び出しと俊敏な反応を武器とした前傾姿勢が特徴的な選手です。また、ロングキックを非常に得意とされています。
現在はJ3のSC相模原でキャプテンを務め、現役でゴールキーパーとして活躍されています。
凄いですよねぇ・・・42歳で現役でキャプテンですからね!

DF ディフェンダー

相馬直樹(そうま なおき)

 (1984692)

静岡県静岡市清水区出身の元サッカー選手、サッカー指導者(JFA 公認S級コーチ)。選手時代のポジションはディフェンダーで、主に左サイドバックを担当。またキャリア後期にはボランチやリベロでもプレーした。
現在はFC町田ゼルビアで監督に就任されていますね(^^)/
これからはチームを監督する立場として、活躍されて欲しいですねぇ!!

大榎克己(おおえのき かつみ)

 (1982970)

ポジションは主にMFであり現在でいうところのTOP下など、日本代表も務めた全盛期には、ゲームメーカーとして活躍。相当のテクニシャンでどんなポジションでもこなせる器用な選手であったため、ピークを過ぎた1996年からもボランチとしても活躍の場を広げた。DFとして出場する機会もあれば、後半からのFWとの途中交代でFWのスーパーサブとして得点を重ねた試合もある。
清水三羽ガラス(長谷川健太、大榎克己、堀池巧)のお一人である大榎克己さんは、2002年に現役を引退し、2003年には清水エスパルスのコーチに就任。2004年には母校の早稲田大学で監督を務め、2007年には日本サッカー協会公認S級コーチングライセンスを取得。2008年には清水エスパルスユースの監督に就任しました。
しかし、2015年にはチームの成績不振の為、引責辞任をされています。

堀池 巧(ほりいけ たくみ)

 (1982971)

主に右サイドバックを務め、日本代表や清水エスパルスでもこのポジションが多かったが、読売クラブ時代の1988年に守備的MF、1989年から1992年までセンターバックとして加藤久とコンビを組み、セレッソ大阪に移籍した晩年にもこのポジションを務めるなど守備のユーティリティープレーヤーとして活躍した。
Jリーグ発足に備えて設立された清水エスパルスに入団する前は、清水東高校時代に大榎克己、長谷川健太とともに「清水東三羽烏」として大変有名だったそうです。社会人になってからは、日本サッカーリーグ(JSL)の読売クラブ(現東京ヴェルディ)で活躍。その後、1992年からは清水エスパルス草創期の中心的な選手として大活躍されました。選手としての最後は、セレッソ大阪への期限付き移籍を経て、1999年シーズン限りで引退しています。
2014年からは順天堂大学の監督に就任し、現在も活躍されております。

MF(ボランチ)

伊東輝悦(いとう てるよし)

高校卒業後、1993年に地元の清水エスパルスに加入した。1994年6月11日のJリーグ・サントリーシリーズ第21節ガンバ大阪戦でプロ初出場を記録した。プロ3年目の1995年から頭角を現わした。同年11月8日のホーム鹿島アントラーズ戦で相手を3人抜き去って決めたゴールは語り草となっている。
1996年のアトランタオリンピックでは、初戦のブラジル戦で決勝ゴールを決め、マイアミの奇跡の立役者となったことが大変印象深いです。また、3戦目のハンガリー戦でも前園真聖の決勝ゴールをアシストしましたね(^^)/
クラブ加入歴は清水エスパルス→ヴァンフォーレ甲府→AC長野パルセイロ→ブラウブリッツ秋田→アスルクラロ沼津になります。
まだまだ現役で活躍中の伊東輝悦さん! 応援したいですね(^^)/
 (1982975)

小野伸二(おの しんじ)

Amazon | 【フットボールオールスターズ】小野伸二 清水エスパルス レギュラー 《FOOTBALL ALLSTAR'S vol.3》fo1103-121 | トレカ 通販 (1983072)

中盤の攻撃的な位置から攻撃を組み立てるゲームメーカー・チャンスメーカーである。また、ボールコントロールの正確さから、「ボールと会話できる選手」と呼ばれる。右足、左足のキックはどちらも精度が高く、繊細なボールタッチを持ち、主にダイレクトプレーでテンポよくゲームをコントロールする。受け手に優しく柔らかいパスは、海外移籍前の日本では「エンジェルパス」、移籍後のオランダでは「ベルベット・パス」と称され、多くのアシストを記録している。
小野伸二さんは小学生時代から天才と呼ばれ、地元では有名だったそうです。
エピソードとしては、ご家庭に貧しくてサッカー少年団に入れなかったそうですが、そこの監督が小野伸二さんが一人でサッカーをやっている姿を見つけて、お金は要らないから入団してくれと、逆にオファーされたそうです。余程凄かったのでしょうねぇ(^^)/
ちなみに小野伸二さんは、国際大会のすべてに出場した唯一の日本人選手でもあります。これって相当凄いことですよね!
僕的に印象深いのは、フランスワールドカップのジャマイカ戦で、相手選手の股抜きをして抜き去って行ったシーンが忘れられません(^^)/ あのプレイにはほんとに痺れましたねぇ!!
現在もコンサドーレ札幌で選手として現役です! まだまだ頑張って欲しいですねぇ

MF ミッドフィルダー

名波浩(ななみ ひろし)

Amazon | 2003カルビーJリーグチップスカード【144名波浩/磐田】レギュラーカード | トレカ 通販 (1983073)

Jリーグのジュビロ磐田、セレッソ大阪、東京ヴェルディ1969、イタリア・セリエAのACヴェネツィアでプレーした。Jリーグベストイレブンを4度受賞。日本代表としても、背番号10を背負い、1998年のフランスW杯に出場した経験を持つ。
ゲームメーカーで、トップ下でのプレーをする中盤の王様と呼ばれていた名波浩さん。
日本代表の加茂周監督の元、ボランチへコンバートされた時もありました。凄い人は何処でもこなせてしまうんですね(^^)/
また、自他共に「左の名波」というイメージがあり、Jリーグで右足で得点したのは、僅か1点だけだったそうです。
現在はジュビロ磐田の監督を務めていますね。
ここでも面白いエピソードがあり、監督して試合中に大声を出し過ぎて喉を傷めない様にする為、頻繁に水を飲み、飴をなめていたところ、それが話題となって「名波飴」まで作られたとか(^^)/
監督としても結果を出している名波さん。
これからも頑張ってください!!

澤登正朗(さわのぼり まさあき)

68 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

遡るシリーズ!【1993年・平成5年】のアレコレを振り返る

遡るシリーズ!【1993年・平成5年】のアレコレを振り返る

この年はアメリカでビル・クリントンが大統領に就任し、世界貿易センター爆破事件が発生しました。国内ではJリーグが開幕し、レインボーブリッジが開通しました。そんな1993年を振り返ってみたいと思います!
つきねこ | 7,077 view
あれから20年・・・1997年11月16日『ジョホールバルの歓喜』に至る激闘史を時間軸に沿って振り返る

あれから20年・・・1997年11月16日『ジョホールバルの歓喜』に至る激闘史を時間軸に沿って振り返る

ワールドカップ出場が夢のまた夢だった時代があった。それはついこないだのようだが、1997年11月16日の『ジョホールバルの歓喜』から20年が経つ。サッカー日本代表の1997年アジア最終予選を時間軸に沿って振り返ってみる。
ひで語録 | 2,412 view
19歳で日本代表に初選出された戸塚哲也!読売クラブでのプレイに支障が出るからと代表を辞退!

19歳で日本代表に初選出された戸塚哲也!読売クラブでのプレイに支障が出るからと代表を辞退!

読売クラブ、ヴェルディ川崎で活躍したMF戸塚哲也。読売クラブではラモスやジョージ与那城とブラジル流のサッカーを構築。繊細なボールタッチでゴールを量産した得点王でもあった戸塚哲也をまとめる。
ひで語録 | 4,603 view
ブラジルから来た侍・ラモス瑠偉!元DFだけど日本リーグで得点王!お茶漬けのCMも!

ブラジルから来た侍・ラモス瑠偉!元DFだけど日本リーグで得点王!お茶漬けのCMも!

1977年に来日して以降、長らく日本サッカーを支えたラモス瑠偉。現役時代は柔らかなボールタッチから放たれるループシュートなど印象に強く残るプレーが多かった。日本サッカーリーグ時代からJリーグ開幕、ドーハの悲劇のラモス瑠偉を中心にまとめた。
ひで語録 | 6,792 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト