クラリスカーはどこまでも~ホンダシティは世界を走る~「シティコネクション」
2016年5月24日 更新

クラリスカーはどこまでも~ホンダシティは世界を走る~「シティコネクション」

1981年、「チョロQ」が発売され、ウイリー走行、ゼンマイ式ブルバックなど、アグレッシブ走行で子供の心を釘付けにしました。チョロQのような丸っこい車が飛んだり跳ねたりスピンしながら世界を走るゲーム、それが「シティコネクション」です。ゲーム内容を振り返りつつ、懐かしの車CMなども紹介します。

12,074 view

かわいい女の子と車は最強コンビ

『シティコネクション』 (City Connection) は、1985年にジャレコがリリースしたアーケードゲーム。15歳の少女・クラリスが理想の男性を捜し求め、迫りくるパトカーを撃退しながら愛車・クラリスカーで世界を走り回る。
スタントばりの運転に似合わぬ美少女クラリス

スタントばりの運転に似合わぬ美少女クラリス

かわいい女の子がちっちゃな車で走り回る、こういうのは時代を問わず人気が出るシチュエーションですね。

最近のヒットものでは女の子と戦車とか、女の子と軍艦などが記憶に新しいですが、ごついメカと女の子の組み合わせは黄金コンビなのかもしれません。

15歳で免許・・・という点は、調べてみるとアメリカでは大抵15歳で仮免、16歳から免許が取れるそうです。クラリスが日本人の名前じゃないのはたぶん大人の配慮だと思われます。
カリフォルニア生まれのスピード狂少女クラリスが、世界中のハイウェイを走りまわって各国はもう大騒ぎ!!
追いかけまくるパトカーたちも何のその。オイルをぶつけてスピンさせ体当りではね飛ばしちゃう。6ヶ国の美しい背景を舞台にくり広げられるクラリス カーとパトカーのハチャメチャパニックカーチェイス!!
説明書を調べていると能天気なテンションでさらりと恐ろしいことを書いていました。
「オイルをぶつけてスピンではね飛ばしちゃう!」じゃないよ!ハイウェイでそんなことしたら自分も死ぬわ!
風船がゆらゆらしてたり、普通に猫が妨害してくるので一般道かと思っていたら高速道路だったことに衝撃を受けました。

CM "City Connection" (シティコネクション) "Famicom" (NES) - YouTube

シティコネクションのテレビCMです。

ポップなテーマソングが楽しい!

お馴染みのテーマソング、ステージ音楽、ねこふんじゃった、ライフが減った時の音楽が入ってます
シティコネクションのテーマソングはチャイコフスキー「ピアノ協奏曲第1番変ロ短調第1楽章」をアレンジした曲です。
ステージごとにリズムやテンポが変わり、ポップなゲーム内容にぴったり合っていました。よく電話の保留音に使われていますよね!この曲を聴くとシティコネクションを思い出すかたも多いのではないでしょうか。

多彩なステージが楽しい!

ニューヨーク夜景の旅!

ニューヨーク夜景の旅!

夜景に輝く摩天楼に自由の女神!最高の景色ですがそれを楽しむゆとりもなくパトカーに追われるクラリス。
ビッグベン沿いを走る

ビッグベン沿いを走る

テムズ川に沿って走ってます。
エッフェル塔が見える道路を走る

エッフェル塔が見える道路を走る

道路においてある燃料缶をゲットしながら進むのですが、高速道路に燃料缶があるなんて危なくて仕方がないと思います
タージ・マハルの上にも・・・

タージ・マハルの上にも・・・

第五代皇帝シャー・ジャハーンが妻のムムターズ・マハルの墓として建造したタージ・マハル。
世界一美しい霊廟として有名です。
ノイシュヴァンシュタイン城

ノイシュヴァンシュタイン城

フランスとかイギリスなどの有名どころに加え、きちんとこういうスポットも入れてくるところが素敵。
背後にあるアルプスの山々がとてもきれいです。

ちょこちょこ登場する隠しキャラ紹介

ヘヴラム

ヘヴラム

ジャレコのゲーム「フォーメーションZ」に登場する敵キャラ「ヘヴラム」はオイル発射10本目を、自由の女神の縦軌道上で発射すると飛んできます。1UP効果を持つありがたいキャラクターです。
ハレー彗星とハート

ハレー彗星とハート

画面左真ん中あたりにハレーすい星、エッフェル塔の下あたりにハートが出ています。
ハートは風船と同じ効果を持ち、風船を含めて3つ集めることでワープできます。

ハレー彗星は画面右上から現れ、斜めに画面を横切っていきます。効果は特になしです。
当時この彗星が86年にやってくるのが話題になりましたね。時事ネタがちゃんと入っているのが面白いです。
隠し要素 茶色の空

隠し要素 茶色の空

オイル缶二缶同時発射でなぜか空が茶色になります。
白うさぎ

白うさぎ

かわいい白うさぎが空から降ってきます。風船と同じ効果があります。
60 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

狼なんか撃ち落とせ!~コマンドーかあさん奮闘記~「プーヤン」

狼なんか撃ち落とせ!~コマンドーかあさん奮闘記~「プーヤン」

「プーヤン」そのゆるい響きと、ほわほわしたタッチのブタのイラストは「簡単そう」という理由で手に取られたことでしょう。ところが、このゲーム、硬派インベーダーゲーム「ギャラガ」と双璧をなすほどの実に高度なシューティングゲームでもあったのです。その内容を振り返ります。
あずき | 3,215 view
これはひどいミシシッピーですね。世紀のクソゲー「ミシシッピー殺人事件」にツッコミを入れる!

これはひどいミシシッピーですね。世紀のクソゲー「ミシシッピー殺人事件」にツッコミを入れる!

「ポートピア」「オホーツクに消ゆ」と推理名作が続いた二年後、発売された「ミシシッピー」。ところが「ミシシッピー殺人事件ってとんでもねぇゲームだったよな」「マリオではなくミシシッピーを選んだ時から間違え続けている」等聞こえてくるのはこんな声ばかり。どれだけひどいゲームなのか検証したいと思います。
あずき | 60,082 view
みんなあなたに憧れた~ファミコンから生まれた皆のヒーロー「高橋名人」~

みんなあなたに憧れた~ファミコンから生まれた皆のヒーロー「高橋名人」~

ファミコン時代のアイコンといえば間違いなく高橋名人。「ゲームの上手いお兄さん」からスタートした「名人」初期、彼が大人気のヒーローになるまでにはさまざまな伏線がありました。それは、ファミコン黎明期に撒かれていたたくさんの種が一気に花開く過程とも重なります。そんな「高橋名人ブーム」を振り返ってみました。
あずき | 12,365 view
じゃじゃ丸見参!ジャレコの怪作「じゃじゃ丸の大冒険」は今も生きていた! 

じゃじゃ丸見参!ジャレコの怪作「じゃじゃ丸の大冒険」は今も生きていた! 

1986年は「じゃじゃ丸の大冒険」「ツインビー」「ドラゴンクエスト」等そうそうたるタイトルが並び、まさに1980年代はファミコン黄金期。花火のように次々リリースされて消えていったソフトも多い中、なんとじゃじゃ丸がこの平成の世にも生きていたのです!現代に蘇ったなつかしのキャラのその後を追いました。
あずき | 8,122 view
【1985年のテレビゲーム】コンピュータゲームが大きく発展した1980年代を、ファミコンを中心に1年ごとに丁寧に振り返る。

【1985年のテレビゲーム】コンピュータゲームが大きく発展した1980年代を、ファミコンを中心に1年ごとに丁寧に振り返る。

【1985年のテレビゲーム】1980年代に幼少期から青春時代を生きた私たちは、家庭用ゲーム期黄金世代と呼ばれる世代です。1983年のファミコン登場以降、家庭用ゲーム機が遊びの主流へと駆け上がる中で、私たちは「外遊び」「家遊び」「勉強」を巧みに使い分けながら、ファミコンを中心とした家庭用ゲーム機の進化を肌で味わってきたといえるでしょう。そんな1980年代を1年ごとに振り返る、今回は1985年について振り返ってみます。
青春の握り拳 | 20,804 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト