【おもしろ・懐かしい邦題】愛されてるの?嫌われてるの?フランク・ザッパさんの変な邦題集
2016年11月1日 更新

【おもしろ・懐かしい邦題】愛されてるの?嫌われてるの?フランク・ザッパさんの変な邦題集

 ミュージシャンとして「鬼才」「天才」と言われるフランク・ザッパさんですが、その60枚以上リリースされたアルバムで、日本では、何故か不思議な邦題をつけられていることでも有名(?)です。そんなザッパさんのおもしろ邦題を集めてみました。また、変な邦題ニュー・ホープとしてディ・エルツテも紹介します。

7,293 view

フランク・ザッパ(Frank Zappa)

フランク・ザッパ

フランク・ザッパ

フランク・ヴィンセント・ザッパ(Frank Vincent Zappa, 1940年12月21日 - 1993年12月4日)は、アメリカ合衆国出身の作曲家、ミュージシャン(シンガーソングライター・ギタリスト)。
フランク・ザッパは生涯を通じて、アメリカ政府・キリスト教右派(キリスト教原理主義者)・検閲・音楽産業などの批判をとおして、アメリカという国家の問題点をきびしく指摘し続けたミュージシャンである。52年の人生で非常に旺盛な活動を展開し、多彩なバンド形態でツアーもこなしながら、60枚以上のアルバムを発表した。またその複雑かつポップな音楽性の作曲家としてのみならず、独特なフレージングやスケールを多用するスタイルの“ギタリスト”としても評価を受けている。
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第45位、2011年の改訂版では第22位。
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第71位。
 そんなフランク・ザッパさんですが、日本においては、何故かそのアルバムや楽曲のタイトルが、おもしろ過ぎだ…ということでも、一部の音楽ファンの間では有名であったりします。
 原題が既に「??」の場合もありますが、邦題もちょっとおかしなものもあったり…。
 邦題をつけるのは、おそらく日本のレコード会社の方ではないかと思うのですが、果たして、ザッパさんは、「愛されてるが故に…」そのように奇抜なタイトルなのか、それとも「ちょっと嫌われてしまった…」が故に、そんな突飛なタイトルなのか…疑問に思うようなものが多いのです。
 年代は前後するかと思いますが、集めてみました。

※下画像は、フランク・ザッパさんのバンドに在籍していたギタリスト、スティーヴ・ヴァイとドラマー、テリー・ボジオです。その他、バンドから著名ミュージシャン多数。元レッド・ホット・チリ・ペッパーズのジョン・フルシアンテもオーディションを受けるも、年齢が若過ぎたために断られたとか。
スティーヴ・ヴァイ

スティーヴ・ヴァイ

高校で楽典や音楽理論を習得し、バークリー音楽大学に入学。
在学中に養った採譜力をかわれ、フランク・ザッパのバンドの採譜役として雇われる。
1980年代には、正式にザッパのバンドにギタリストとして加入。ヴァイに与えられたセクションネームは「Impossible Guitar Part」「Stunt Guitar」「Strut Abuse」などで、名前の通り主に作曲者ザッパの演奏不可能なパートを受け持つ。ライブのソロコーナーで、聴衆やメンバーにミュージカルのスコアを持ってこさせて初見で演奏する芸を披露。ザッパとの活動を続ける傍ら、セッションミュージシャンとして数多のアーティストとも競演する。
1982年、ザッパの演奏をヴァイが採譜したものを集めて、The Frank Zappa Guitar Book が出版される。この年カリフォルニアに移住する。
1984年に、初のソロ・アルバム『フレックス・エーブル』(後に『フレクサブル』に改題)を発表。ザッパの84年ツアーには参加せず。
テリー・ボジオ

テリー・ボジオ

1975年にフランク・ザッパ・バンドに加入。「ブラック・ページ」を筆頭にテクニカルなドラム・プレイを披露。3年間で19枚のアルバム(離脱後のコンピレーション・アルバムを含む)に参加した。ザッパ・バンドではドラミングしながらリードヴォーカルを勤める曲も多い(「パンキーズ・ウィップス」や「アイム・ソー・キュート」等)。ザッパの唯一の来日時にも帯同している(その一部はザッパの「You Can`t Do That On The Stage Any More」でも聴くことができる)。

ハエ・ハエ・カ・カ・カ・ザッパ・パ

The Man from Utopia(ザ・マン・フロ...

The Man from Utopia(ザ・マン・フロム・ユートピア)

1983年。
Frank Zappa – guitar, vocals, drum machine, ARP 2600
Steve Vai – guitar, acoustic guitar
Ray White – guitar, vocals
Roy Estrada – vocals
Bob Harris – boy soprano
Ike Willis – vocals
Bobby Martin – keyboards, saxophone, vocals
Tommy Mars – keyboards
Arthur Barrow – keyboards, bass, micro bass, rhythm guitar
Ed Mann – percussion
Scott Thunes – bass
Chad Wackerman – drums
Vinnie Colaiuta – drums
Craig Twister Steward – harmonica
Dick Fegy – mandolin
Marty Krystall – saxophone
 原題「ザ・マン・フロム・ユートピア(The Man from Utopia)」が、何故に「ハエ・ハエ・カ・カ・カ・ザッパ・パ」になるのか…とっても不思議ですが、そんなタイトルのアルバムが1983年にリリースされました。
 この時期は、確かに、CMで「ハエ・ハエ・カ・カ・カ・キンチョール」が流行っていましたが…。
 ザッパさんとどんな関係があるのか…???

1981 キンチョール

郷ひろみさん出演のCM

イリノイの浣腸強盗

Zappa in N.Y. (アルバム)

Zappa in N.Y. (アルバム)

フランク・ザッパ - リードギター、 ボーカル
レイ・ホワイト - リズムギター、ボーカル
エディ・ジョブソン - キーボード 、ヴァイオリン、ボーカル
パトリック・オハーン - ベース、ボーカル
テリー・ボジオ - ドラムス、ボーカル
ルース・アンダーウッド - パーカッション、シンセサイザー
ドン・パルド – ナレーション
デイヴ・サミュエルズ - ティンパニ、ヴィブラフォン
ランディ・ブレッカー - トランペット
マイケル・ブレッカー - テナー・サックス、フルート
ルー・マリニ – アルト・サックス、フルート
ロニー・キューバー - バリトン・サックス、クラリネット
トム・マローン - トロンボーン、トランペット、ピッコロ
 このアルバムの6曲目で、原題は「ザ・イリノイ・エネマ・バンディット (The Illinois enema Bandit)」です。 確かに「enema」は「浣腸」、「Bandit」は山賊、盗賊の意味があって、これは直訳なのかどうなのか…? ごろ合わせとしても、もうちょっと考えた方が良かったかも??!!
(「それがザッパさ~!」と言われてしまいそうです)。
 既に2曲目から頭痛がしてきたような…?!

Frank Zappa - Illinois Enema Bandit (with lyrics)

「イリノイの浣腸強盗」ライヴ

鼻クソマン

You Can't Do That On Stage ...

You Can't Do That On Stage Anymore - Vol. 4

「ユー・キャント・ザット・オン・ステージ・エニモア 4」
の中の10曲目(ディスク2)に入っています。
 原題は「The Booger Man」です。
 確かに、直訳で「Booger 」は鼻クソです。
 邦題じゃなくて原題もかなり妙ちくりんなザッパさんです。
 そういえば、ザッパさんですが、鼻クソには縁があるようです。
 かなり昔、音楽雑誌を読んでいて「今年、来日したミュージシャンについて」書かれた記事があったので、読んでみました。その中にザッパさんも入っていたのですが、その感想が音楽ではなく、
「ザッパは、座っているソファに鼻クソをつけて帰っていった…」
 と書いてありました…。
 もうかなり昔のことなのですが、その部分だけ何故か鮮明に覚えています。以来、私の中でザッパさんは「鼻クソに縁がある方」になっております。

黄色い雪の下にはウンコがあるから食べちゃだめ

DON'T EAT THE YELLOW SNOW

DON'T EAT THE YELLOW SNOW

「ドント・イート・ザ・イエロー・スノー」
 原題は上記の通りで「黄色い雪は食べちゃだめ」とはありますが…
 ウ〇コについては、歌詞を全部見てないのでわかりませんが…そんな内容なのでしょうか?
 鼻クソにウ〇コに…ザッパさん、普段はどんな生活をされているのでしょう??
51 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【孤高のギタリスト】3大ギタリストの一人、ジェフベック!

【孤高のギタリスト】3大ギタリストの一人、ジェフベック!

エリッククラプトン・ジミーペイジと並び3大ギタリストと呼ばれるジェフベックについて、当時僕が受けたショック・感想を交えながら紹介してみます。
yakushakowai | 1,552 view
80年代「オジー・オズボーン」の全盛期を支えた凄腕ギタリストたち

80年代「オジー・オズボーン」の全盛期を支えた凄腕ギタリストたち

カリスマヴォーカリスト、オジー・オズボーン。彼が1980年代、ブラック・サバス脱退後、オジー・オズボーンバンドを結成してから発掘した、当時、世界的には無名に近かった3人の凄腕ギタリスト「ランディ・ローズ」「ジェイク・E・リー」「ザック・ワイルド」についてご紹介します。
gogo-one | 17,850 view
【20世紀の偉大なギタリスト】ジミヘン、クラプトン洋楽G10人と布袋さん、HIDEなど邦楽G5人

【20世紀の偉大なギタリスト】ジミヘン、クラプトン洋楽G10人と布袋さん、HIDEなど邦楽G5人

 シンガーの次は、ローリングストーン誌の「100人の偉大なギタリストたち」を参考に、国内外のギタリストに焦点を当ててみます。洋楽はローリングストーン誌内からですが、邦楽は…これまた悩みましたが5人の方を…。そしてまたまた動画だらけになると思います…ご了承ください。
Yam | 16,261 view
ユーロビートの歌姫【シニータ】が1980年代に大ヒットさせた曲を聴き直してみましょう!

ユーロビートの歌姫【シニータ】が1980年代に大ヒットさせた曲を聴き直してみましょう!

ユーロビートの歌姫として知られているシニータは、1980年代に多くのヒット曲を世に送り出しました。この記事ではそんなシニータの1980年代の楽曲を中心に振り返ってみたいと思います(^^)/
つきねこ | 570 view
ヒップホップ界伝説のラッパー・故「2パック」の記念グッズが登場!気になる暗殺の真相とは?

ヒップホップ界伝説のラッパー・故「2パック」の記念グッズが登場!気になる暗殺の真相とは?

ヒップホップ界のレジェンドであり、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」にもランクインしているラッパー・2パックのベストアルバム「グレイテスト・ヒッツ」の発売から20周年を記念し、彼のオリジナルグッズが期間限定で発売されることが明らかとなりました。
隣人速報 | 322 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト