2016年11月26日 更新

日本を代表するお祭りのひとつ「阿波踊り」(徳島)に流れる民謡、実は九州・熊本産なんです。

私の勉強領域は「民俗芸能」。簡単に言えば「お祭」である。で、ふと思った。皆さんが思い浮かべる「お祭」って何だろう?と。 色々あると思うけど、多分、コレは絶対ランクインする気がした。それは「阿波踊り」!今回はその阿波踊りの、踊りではなく曲(民謡『よしこの』)のお話。これ、阿波原産に非ず。実は、そのルーツは、九州・熊本である。

422 view
私の勉強領域は「民俗芸能」。簡単に言えば「お祭」である。
で、ふと思った。

皆さんが思い浮かべる「お祭」って何だろう?と。

色々あると思うけど、多分、コレは絶対ランクインする気がした。それは「阿波踊り」!

阿波踊り2016 総集編 Awaodori Festival in Tokushima, Japan

♪ハアラ えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ、踊る阿呆(あほう)に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損々~

↑という歌詞で始まる民謡「よしこの」のリズムで踊る「阿波踊り」。

ウィキペディアには「阿波おどり(あわおどり、Awa Odori)は徳島県(旧・阿波国)を発祥とする盆踊りである。日本三大盆踊りであり、江戸開府より約400年の歴史がある日本の伝統芸能のひとつである。夏季になると徳島県内各地の市町村で開催され、なかでも徳島市阿波おどりは踊り子や観客数において国内最大規模である」とある。

三大盆踊りというのはまた別の機会に書かせていただくとして、国内最大規模の盆踊りであることは間違いないだろう。今や東京・高円寺を始め、全国各地で踊られる盆踊りに成長している気がする。

今回はその阿波踊りの、踊りではなく曲(民謡『よしこの』)のお話。

民謡『よしこの』は阿波原産に非ず。そのルーツは、九州・熊本である。

「なんで熊本の民謡が阿波(徳島)に!?」と思う人がいるかもしれない。

そんな方に更に言うと、阿波踊りと同系統の民謡は、阿波どころか島根だ広島だ京都だ新潟だ秋田だ青森だ、いやいや北海道だ、ぐるっとまわって関東・茨城だ等々・・・実は全国にあったりする。

おそるべし熊本パワー。

正調・「お囃子よしこの」唄(阿波踊りの歌)

細かいことはチョイと横に置いておくとして、そのルーツとなった民謡の名を「ハイヤ節」と言う。限定すると、熊本県の港町・牛深で歌われた「牛深ハイヤ節」。

この民謡を祖とする各地の民謡の特徴は、出だしで「ハイヤー」だの「アイヤー」だの「ハア~」だの声が入ることだったりする。

では、どうして全国に広がったのか。

江戸時代に入り、熊本の船乗りたちが北前船などで各地の港を渡りながら移動する先々でこの民謡を伝えていったからだ。そして小気味よいリズムが受けて現地で定着したからだ。さらに、そんな港町でこの民謡を覚えたさすらいの芸人たちが陸路を歌い歩いたからだ。

結果、ルーツの牛深ハイヤ節は「ハイヤエー」、伝播先の徳島・阿波踊りは「ハアラ」、新潟・佐渡おけさは「ハアー」などといった具合に、全国各地にハイヤ~(ハア~)の声が響き渡ることになった。

佐渡おけさ  (おけさ会)

阿波踊りだけ見ても楽しいけど、民謡から見ると、壮大な歌の日本史がそこには在る。教科書には載らない日本史が。ロマンかもしれないですね♪
14 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「あんぱん」の木村屋が生んだ広告手法と芸能について。

「あんぱん」の木村屋が生んだ広告手法と芸能について。

桜がだんだん咲き始めましたね。空気も暖かくなってきた気がします。ああ、ようやく春…。桜といえば、木村屋(銀座木村屋總本店)の「桜あんぱん」を思い出した自分。木村屋のパンが、ある芸能の成長と関わりがある事をご存じでしょうか?
山崎敬子 | 246 view
「4月4日」は五節句に由来した新たな記念日です、さて何の日か分かりますか?

「4月4日」は五節句に由来した新たな記念日です、さて何の日か分かりますか?

ふと気がつけば、3月3日の桃の節句(雛祭り)が終わり、デパートからあっという間に雛人形が消えて、5月5日の端午の節句用の五月人形やら兜の飾り物がデデンと飾られています。年に5回の節句、それに由来した新たな記念日が4月4日に設けられました。
山崎敬子 | 1,054 view
花見シーズンもそろそろ!「桜×宴」スタイルが定着していった過程について。

花見シーズンもそろそろ!「桜×宴」スタイルが定着していった過程について。

春到来―。そろそろそんな時期になりました。そして、思いつく「花見」。桜が咲く頃になると、宴会を連想する方も多いのはないでしょうか?今回は、花見について。梅ではなく桜が愛でられる花見スタイルが定着していった過程についてです。
山崎敬子 | 172 view
アナタも泣かされた?子供を泣かせるナマハゲ、その意味は一体何だったのか。

アナタも泣かされた?子供を泣かせるナマハゲ、その意味は一体何だったのか。

「泣く子はいねが~!」「悪い子はいねが~!」と叫びながら子ども達を泣かしまくる鬼をもてなす行事が秋田県男鹿市にあります。「ナマハゲ」です。実は日本各地には、ナマハゲのような存在がポコポコ存在しています。さらに子供をわざと泣かせる行事は他にもあります。「泣き(笑い)相撲」です。こちらも全国でポコポコ見られる行事です。
山崎敬子 | 429 view
卒業式シーズンには「はなむけ」の言葉ですね、そう「鼻向け」の言葉…

卒業式シーズンには「はなむけ」の言葉ですね、そう「鼻向け」の言葉…

2月といえば、バレンタインもあるけれども、学生さんには受験の時期。そしてその先にある「卒業式」。社会人さんも職場での異動や転職などで転機の時期かもしれません。今回は、そういう人生の節目や転機のときに、旅立ちをする相手に対して行う行為についての民俗コネタです。
山崎敬子 | 713 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト

懐かしい!記憶をくすぐる商品

(PR)アマゾンで購入可能