2016年11月26日 更新

日本を代表するお祭りのひとつ「阿波踊り」(徳島)に流れる民謡、実は九州・熊本産なんです。

私の勉強領域は「民俗芸能」。簡単に言えば「お祭」である。で、ふと思った。皆さんが思い浮かべる「お祭」って何だろう?と。 色々あると思うけど、多分、コレは絶対ランクインする気がした。それは「阿波踊り」!今回はその阿波踊りの、踊りではなく曲(民謡『よしこの』)のお話。これ、阿波原産に非ず。実は、そのルーツは、九州・熊本である。

553 view
私の勉強領域は「民俗芸能」。簡単に言えば「お祭」である。
で、ふと思った。

皆さんが思い浮かべる「お祭」って何だろう?と。

色々あると思うけど、多分、コレは絶対ランクインする気がした。それは「阿波踊り」!

阿波踊り2016 総集編 Awaodori Festival in Tokushima, Japan

♪ハアラ えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ、踊る阿呆(あほう)に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損々~

↑という歌詞で始まる民謡「よしこの」のリズムで踊る「阿波踊り」。

ウィキペディアには「阿波おどり(あわおどり、Awa Odori)は徳島県(旧・阿波国)を発祥とする盆踊りである。日本三大盆踊りであり、江戸開府より約400年の歴史がある日本の伝統芸能のひとつである。夏季になると徳島県内各地の市町村で開催され、なかでも徳島市阿波おどりは踊り子や観客数において国内最大規模である」とある。

三大盆踊りというのはまた別の機会に書かせていただくとして、国内最大規模の盆踊りであることは間違いないだろう。今や東京・高円寺を始め、全国各地で踊られる盆踊りに成長している気がする。

今回はその阿波踊りの、踊りではなく曲(民謡『よしこの』)のお話。

民謡『よしこの』は阿波原産に非ず。そのルーツは、九州・熊本である。

「なんで熊本の民謡が阿波(徳島)に!?」と思う人がいるかもしれない。

そんな方に更に言うと、阿波踊りと同系統の民謡は、阿波どころか島根だ広島だ京都だ新潟だ秋田だ青森だ、いやいや北海道だ、ぐるっとまわって関東・茨城だ等々・・・実は全国にあったりする。

おそるべし熊本パワー。

正調・「お囃子よしこの」唄(阿波踊りの歌)

細かいことはチョイと横に置いておくとして、そのルーツとなった民謡の名を「ハイヤ節」と言う。限定すると、熊本県の港町・牛深で歌われた「牛深ハイヤ節」。

この民謡を祖とする各地の民謡の特徴は、出だしで「ハイヤー」だの「アイヤー」だの「ハア~」だの声が入ることだったりする。

では、どうして全国に広がったのか。

江戸時代に入り、熊本の船乗りたちが北前船などで各地の港を渡りながら移動する先々でこの民謡を伝えていったからだ。そして小気味よいリズムが受けて現地で定着したからだ。さらに、そんな港町でこの民謡を覚えたさすらいの芸人たちが陸路を歌い歩いたからだ。

結果、ルーツの牛深ハイヤ節は「ハイヤエー」、伝播先の徳島・阿波踊りは「ハアラ」、新潟・佐渡おけさは「ハアー」などといった具合に、全国各地にハイヤ~(ハア~)の声が響き渡ることになった。

佐渡おけさ  (おけさ会)

阿波踊りだけ見ても楽しいけど、民謡から見ると、壮大な歌の日本史がそこには在る。教科書には載らない日本史が。ロマンかもしれないですね♪
14 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

日本人だけ特別!?おにぎり、お寿司、佃煮など私たちの胃袋を癒してくれる「海苔」。

日本人だけ特別!?おにぎり、お寿司、佃煮など私たちの胃袋を癒してくれる「海苔」。

食欲の秋がやってまいりましたので、今回は食べ物コネタをば。日本人にとって最も身近な食材のひとつ・・・海苔!おにぎり、お寿司、佃煮など私たちの胃袋を癒してくれる存在です。
山崎敬子 | 1,387 view
ことわざ「鬼がでるか蛇がでるか」なぜ蛇は鬼と同格になったの??

ことわざ「鬼がでるか蛇がでるか」なぜ蛇は鬼と同格になったの??

「これからどんな恐ろしいことが起きるか予測ができないこと」を、ことわざで「鬼がでるか蛇がでるか」と言います。鬼も蛇も不気味で恐ろしい存在ということで、このことわざが生まれたそうです。が!古代日本では蛇は不気味な存在ではない。どうして鬼と同格になったのか。
山崎敬子 | 617 view
「重陽の節句」9月9日は「男色の日」でもある!?

「重陽の節句」9月9日は「男色の日」でもある!?

現代社会ではあまり馴染みがない9月9日の節句は「重陽の節句」。その一方で別の記念日として「男色(だんしょく・なんしょく)の日」でもあるということ、ご存知でしたか?
山崎敬子 | 531 view
給食でお馴染みだった「冷凍ミカン」は小田原駅が発祥、そして大洋漁業との関係。

給食でお馴染みだった「冷凍ミカン」は小田原駅が発祥、そして大洋漁業との関係。

小中高生の夏休みが終わりました。そんな学生たちの姿を東海道線で見て、ふとコネタを思い出しました。ミドルエッジ世代の給食シーンではお馴染みだったであろう「冷凍ミカン」。新幹線などでも売られていて、その場合は網に入っていることが多かった記憶があります。
山崎敬子 | 472 view
「古事記」と「映画」と「活弁」の意外な繋がり☆

「古事記」と「映画」と「活弁」の意外な繋がり☆

自分が勉強のご縁をいただいた「民俗学」。学問自体は近世に入ってから確立されたものですが、もともと江戸時代に日本のことを学ぶ一派がありました、『国学』です。国学といえば『本居宣長』、日本神話『古事記』の研究で知られています。この本居宣長の末裔が、日本文化の新たな扉を開いた一人でもあります。どの扉かというと、それは…映画。誰かというと、それは…小津安二郎(1903~1963)!
山崎敬子 | 358 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト