70年代にアルバート・ハモンドが歌った美しいメロディは、今でもひっそりと日本のアーティストの楽曲の中に潜んでいます
2018年9月20日 更新

70年代にアルバート・ハモンドが歌った美しいメロディは、今でもひっそりと日本のアーティストの楽曲の中に潜んでいます

70年代前半のアルバート・ハモンドはそれはもう光り輝いていましたが、今ではあまり語られることがなくなったように思えます。しかし、彼が生み出した美しい曲は多くの人の心に今も残っているんです。若い世代がリスペクトしちゃってますからね。

689 view

アルバート・ハモンド

アルバート・ハモンドといえば「カリフォルニアの青い空」。1972年の大ヒット曲ですね。

Albert Hammond - It Never Rains In Southern California (1973) HD 0815007

アルバート・ハモンド、覚えていますか?最近ではザ・ストロークスのアルバート・ハモンドJr.のお父さんという方が分かるのかもしれませんね。と言うよりも、息子の方が知られているとでも言いましょうか。
いや~、70年代、アルバート・ハモンドはカッコよかった。今見てもハンサムですよねぇ。
アルバート・ハモンド

アルバート・ハモンド

出生名:Albert Hammond
生誕:1944年5月18日
担当楽器:ギター、ピアノ
活動期間:1960年~現在
ヒット曲が「カリフォルニアの青い空」ということもありアメリカ人と思っている方が多いようですがアルバート・ハモンドはれっきとしたイギリス人です。しかも、「カリフォルニアの青い空」だけの男ではありませんし、日本のミュージシャンにもリスペクトされています。どの程度リスペクトされているかというところを聴き比べてみましょう。

ザ・ファミリー・ドッグ

アルバート・ハモンドは大きな才能を持っていたとはいえ苦労人です。1960年にThe Diamond Boysというバンドを組んでいたものの成功にはほど遠く、1969年に加入したThe Family Doggの「A Way of Life」がヒットしたことでようやく知られるようになります。

The Family Dogg - A Way Of Life

しかし、ザ・ファミリー・ドッグと言われてもよっぽどの音楽ファンでない限り分からないですよね。しかし、この「ア・ウェイ・オブ・ライフ」という曲には、レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジにジョン・ポール・ジョーンズ、さらにはエルトン・ジョンなど、当時はまだ無名だったとはいえ豪華なミュージシャンが参加しているんです。

しかし、まぁ、それでも上手くいかなかったのでしょう。70年代に入るとアルバート・ハモンドはアメリカに移住します。

カリフォルニアの青い空

アメリカに渡ったアルバート・ハモンドは、順風満帆というわけではなく、いえ、むしろ逆。どん底の生活を送ることになります。
憧れを抱いてロサンゼルスにやってきたものの、待っていたのは仕事もなく浮浪者のような生活でした。ある日、そんなアルバート・ハモンドは偶然故郷の知り合いと出会います。落ちぶれている今の自分の現状を両親には言わないでくれと哀願するアルバート・ハモンド。
大ヒット曲「カリフォルニアの青い空」はこの事を歌にしたものなのです。
カリフォルニアの青い空

カリフォルニアの青い空

原題は「It Never Rains In Southern California」。「南カリフォルニアには雨が降らない」というタイトルは歌詞のサビの部分に使われています。そして歌詞はこう続きます。「だけど振る時は決まってドシャ降りなのさ」と。
夢と希望を持ってロサンゼルスにやってきたものの、どうしようもない現実を突きつけられているアルバート・ハモンドの心情を悲しい程見事に表現していますね。

それでは訳詞を見ながら「カリフォルニアの青い空」を聴いてみてください。

カリフォルニアの青い空【訳詞付】- アルバート・ハモンド

さらば恋人

1972年「カリフォルニアの青い空」は日本でも大ヒットしました。翌年には南沙織がカバーし、シングルとしてリリースしています。日本人にも馴染みやすいメロディですからねぇ。
しかし、それとは別に「さらば恋人」。馴染みやすいメロディはそのままに堺正章の代表曲となっています。

堺正章 さらば恋人

「さらば恋人」も良い曲ですよねぇ。作曲はヒットメーカーの筒美京平です。筒美京平パクッタのか?と考えるのは早計です。
実は、この曲は「カリフォルニアの青い空」よりも早く発売されているんです。「カリフォルニアの青い空」、「さらば恋人」共に参考にした元歌があるとみるべきでしょうね。

因みに「カリフォルニアの青い空」の作曲者はマイク・ヘイズルウッドという人です。

落葉のコンチェルト

38 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

筒美京平が楽曲を提供していたデビューから70年前半の“麻丘めぐみ”は、たまらなくアイドルしていてステキです。

筒美京平が楽曲を提供していたデビューから70年前半の“麻丘めぐみ”は、たまらなくアイドルしていてステキです。

絵に描いたような典型的な70年代アイドルの麻丘めぐみ。というか、70年代のアイドル像をつくったひとりですね。その時期に楽曲を提供していた筒美京平がこれまた素晴らしいのです。筒美京平が作曲していた麻丘めぐみのヒット曲を当時の映像を交えてご紹介します。
obladioblada | 1,749 view
70年代から始まった野球アニメ!その超個性的な設定にはやられてしまいます。

70年代から始まった野球アニメ!その超個性的な設定にはやられてしまいます。

いつだって少年は野球が大好き!漫画でもアニメでも野球は花盛りです。中でも70年代に制作された野球アニメはどれもこれも超個性的で、観ていると思いもつかないような根性や魔球にやられてしまいます。
obladioblada | 3,527 view
昭和の香りムンムン!70年代にデビューした、女泣かせの魅惑のムード歌謡グループたち。

昭和の香りムンムン!70年代にデビューした、女泣かせの魅惑のムード歌謡グループたち。

ムード歌謡グループは息が長い。一般的には60年代にデビューしたグループの認知度が高いように思われます。彼らは60年代以降、今日でも頑張っているグループが少なくないからでしょう。では70年代には魅惑のグループはデビューしなかったのかといえばそうではありません。女泣かせの、昭和の香りを漂わせたグループがいくつもいます。
obladioblada | 825 view
70年代に安井かずみが作詞を担当した小柳ルミ子の名曲たち

70年代に安井かずみが作詞を担当した小柳ルミ子の名曲たち

70年代、小柳ルミ子はアイドルでした。そして、その当時の安井かずみといえば、アイドルに作詞を提供する超売れっ子。ただ、小柳ルミ子は演歌を歌うんですね。安井かずみと演歌は結びつかない。しかし曲を聴いてみると相性は良かったようですよ。
obladioblada | 480 view
青春の甘酸っぱさを表現させたら右に出る者なし!70年代に発表した あいざき進也のシングル。

青春の甘酸っぱさを表現させたら右に出る者なし!70年代に発表した あいざき進也のシングル。

あいざき進也というと、どうしても二番手というイメージがあり、多くを語られることが少ないように感じます。勿体ない。彼が70年代に発表したシングルは青春の香りがする名曲揃いなんです。
obladioblada | 414 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト