日本人ブンデスリーガー第1号・奥寺康彦の凄さをおさらいしてみよう!
2018年4月29日 更新

日本人ブンデスリーガー第1号・奥寺康彦の凄さをおさらいしてみよう!

1977年に、名将ヘネス・バイスバイラー監督に見いだされ、25歳でドイツ・ブンデスリーガ1部・FCケルンに入団した奥寺康彦。入団1年目でリーグ・カップ戦の優勝に貢献し、2年目にはUEFAチャンピオンズリーグの前身・チャンピオンズカップ準決勝で値千金のゴールを決めるなど、その目覚ましい活躍ぶりを紹介します。

1,422 view

1部・2部合わせて総勢14人の日本人が活躍するブンデスリーガ

香川真司(ドルトムント)、長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)、鎌田大地(アイントラハト・フランクフルト)、大迫勇也(ケルン)、武藤嘉紀(マインツ)、酒井高徳(ハンブルガーSV)、伊藤達哉(ハンブルガーSV)、浅野拓磨(シュトゥットガルト)と、現在、ドイツ・ブンデスリーガでは8人の日本人が活躍しています。

これに、宇佐美貴史(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)、原口元気(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)、金城ジャスティン俊樹( フォルトゥナ・デュッセルドルフ)、宮市亮(FCザンクトパウリ)、渡辺凌磨(FCインゴルシュタット04)、関根貴大(FCインゴルシュタット04)と、ブンデス2部リーグのチームに所属している選手を加えると、総勢14人に上ります。

もちろん、欧州の中でこれだけ多く日本人が在籍しているリーグは、他に存在しません。

昔はフジテレビの海外サッカーの解説者として、よく出ていた奥寺康彦

こうした日本人ブンデスリーガーの、いや、外国で活躍する日本人選手、いわゆる「海外組」のパイオニアとなったのが、奥寺康彦でした。

今でこそ、WOWOW、スカパー、DAZNなど、さまざまなメディアで海外サッカーが観られるようになり、それに伴って、イングランドプレミアリーグの強豪・トッテナム・ホットスパーに在籍経験もある元日本代表の戸田和幸や、現役Jリーガーの中村憲剛など、新進気鋭の解説者も次々と登場しています。

かつて、フジテレビの深夜くらいでしか欧州リーグやチャンピオンズリーグを視聴できなかった時代においては、海外サッカーの試合解説といえば、ほとんど奥寺氏一択だったものです。
奥寺 康彦氏

奥寺 康彦氏

25歳の時にFCケルンへ入団

彼が海外サッカーの有識者として長らく重宝されていたのは、日本人初の海外組ということもさることながら、ブンデスリーガで9年間に渡って目覚ましい活躍をしたからに他なりません。

奥寺がドイツへ渡ったのは、1977年。25歳の時でした。当時、日本サッカーリーグの古河電気工業サッカー部で活躍していたレフティの奥寺は、1977年夏、日本代表のドイツ合宿の際に、当時、スピードのある左ウィングを探していた、バルセロナでも指導歴のある名伯楽ヘネス・ヘネス・バイスバイラー監督に見初められ、ブンデスリーガ1部FCケルンへ入団することに。
ヘネス・バイスバイラー

ヘネス・バイスバイラー

入団1年目でリーグ・カップ戦優勝の二冠に貢献!

「やってみたいなという気持ちはありましたけど、僕らにとっては雲の上のようなレベルだったので、来てほしいと言われたときには体が震えました」

奥寺は当時の心境をこのように語っています。10月7日に入団すると、早くも12日にはベンチ入り、10月22日には、対MSVデュースブルク戦で先発デビューを飾ります。いかにも、幸先の良いスタート…かのように見えますが、しかし、デビュー戦の開始1分で、奥寺はゴール前でファウルを犯し、相手にPKを与えてしまったそう。これが決勝点となり敗戦した際には、現地メディアからの袋叩きは免れません。ですが、幸運なことにゴールキーパーがPKをストップし、その試合にも勝利。その後、順調に活躍を続け、20試合出場で4ゴールを記録。リーグ、DFBポカール(カップ戦)優勝の二冠達成に大きく貢献しました。

ちなみに、当時のケルンには後にバルセロナ、レアル・マドリード、アトレティコ・マドリードで活躍する若き日のベルント・シュスターや、Jリーグ草創期にジェフユナイテッド市原でもプレーした元西ドイツ代表ピエール・リトバルスキーなど、錚々たるメンツが揃っていました。

シュスターのプレー集

チャンピオンズカップ準決勝で、鮮烈なゴールを決める!

奥寺のドイツにおけるキャリアの中で、もっとも鮮烈なシーンの一つが、1978-79シーズンのUEFAチャンピオンズカップ準々決勝における活躍です。現在のEFAチャンピオンズリーグは、ブンデスなら上位4チーム、リーグ1(フランス)なら上位3チームといったように、欧州各国から多数のチームが参加できるようになっていますが、チャンピオンズカップ時代は、各国リーグの優勝クラブしか参加できない狭き門。
そんなチャンピオンズカップ準決勝で、奥寺はイングランドのノッティンガム・フォレスト相手に、アウェーで貴重な同点ゴールを決め3-3のドローに持ち込んでいます(その後、ホームの第2戦は0-1で敗れたため、敗退してしまいました)。

奥寺康彦(ケルン) 鮮烈なゴール チャンピオンズリーグ準決勝【ハイライト】

ケルンに3年間在籍した後、ヘルタ・ベルリン、ヴェルダー・ブレーメンへと渡り歩き、1986年に古河電工に復帰するまで、都合9シーズンに渡ってブンデスリーガでプレーした奥寺。

ドイツでの通算成績は、234試合出場で26得点。海外組のパイオニアとして残したこの偉業が、色あせることは決してありません。
「我が道」奥寺康彦

「我が道」奥寺康彦

(こじへい)
18 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【「東洋のコンピューター」奥寺康彦】1970年代、日本人初のドイツブンデスリーガで活躍!!

【「東洋のコンピューター」奥寺康彦】1970年代、日本人初のドイツブンデスリーガで活躍!!

Jリーグ発足より15年も前、当時世界最高峰だったドイツブンデスリーガで活躍した奥寺康彦。「東洋のコンピューター」の異名を持ち、UEFAチャンピオンズカップではアジア人として初めてゴールを記録した彼のキャリアについて。
青春の握り拳 | 4,034 view
【デビー・ブーン】70年代の一発屋!懐かしの「You Light Up My Life」を聴き直す

【デビー・ブーン】70年代の一発屋!懐かしの「You Light Up My Life」を聴き直す

デビ―・ブーンは今でいうところの一発屋なのですが、その一発が大変強烈でした!一時期はあのオリビア・ニュートン・ジョンをも凌ぐ人気だったとか。さっそく聴き直してみましょう(^^)/
つきねこ | 345 view
東西ドイツの国境にあった!?「ベルリンの壁」がどこにあったのか、勘違いしている人が意外に多いと話題に!!

東西ドイツの国境にあった!?「ベルリンの壁」がどこにあったのか、勘違いしている人が意外に多いと話題に!!

ドイツにかつて存在した「ベルリンの壁」。ミドルエッジ世代であればリアルタイムで壁が崩壊する様子をテレビで見ていた方も多いと思います。しかし「ベルリンの壁がどこにあったのか?」正確な位置がわかる方が意外に少ないことが今ネットで話題となっています。
隣人速報 | 9,158 view
SF映画『惑星大戦争』コミカライズ版は、ヒロインが全裸で拷問されるスゴい内容だった!

SF映画『惑星大戦争』コミカライズ版は、ヒロインが全裸で拷問されるスゴい内容だった!

『スター・ウォーズ』全米公開と同じ1977年の12月に、あの東宝がお正月映画として堂々公開したのが、この『惑星大戦争』だ!その独自のアレンジでマニアの間でも名作の呼び声が高い、この『惑星大戦争』コミカライズ版を紹介しよう!
滝口アキラ | 9,000 view
シカゴ最新作より「長い夜」の映像が公開!6/29にはシカゴⅡの完全再現ライヴを収録『CHICAGO Ⅱ:LIVE ON SOUNDSTAGE』の発売も決定!

シカゴ最新作より「長い夜」の映像が公開!6/29にはシカゴⅡの完全再現ライヴを収録『CHICAGO Ⅱ:LIVE ON SOUNDSTAGE』の発売も決定!

1977年2月12日に、ドイツのTV音楽番組、ロックパラストで行ったライヴより、「長い夜」が公開となりました。さらに『CHICAGO II: COLLECTOR’S EDTION』も8月に発売されます。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト