【中日一筋】2015年引退・球界のレジェンド山本昌の80年代はどうだったのか?
2016年11月25日 更新

【中日一筋】2015年引退・球界のレジェンド山本昌の80年代はどうだったのか?

2015年についに引退を表明したレジェンド、山本昌投手。現役通算219勝、32年間のプロ生活、実働29年という長きに渡って活躍した名投手、今回はプロ入り直後の80年代を振り返ってみたいと思います。

4,514 view
 (1507179)

サンディー・コーファックス氏
1950年代の中頃からプロとして活躍した投手。
現在はドジャースのスペシャルアドバイザー、1972年には野球殿堂入りも果たしています。
生原がドジャースの往年の名投手サンディー・コーファックスに山本のピッチングを見せたところ、「アイク、あのピッチャーはだめだよ。彼はサイドスローにするか、トラックの運転手になるか、どっちかにしたほうがいいんじゃないの」という評価
プロ入り後の山本昌は色々な指導者に出会っていると思いますが、見込みがあると評価した人間はいなかったのかもしれません。
監督である星野仙一氏もドジャースに留学させたことをこのように語っています。
「この手足の長い男をどうやって教えていいのか。アメリカしかないと思った」。ドジャースに頼み込み、キャンプ後もアメリカで武者修行させた。「本当は見捨てたんです。残されたマサは大泣きしていましたよ」
 (1507390)

チームメイトのメキシコ人内野手ジョゼフ・スパニュオーロが、試合前のキャッチボールでスクリューボールを投げていたのを見て、その選手から投げ方を教えてもらう。後に自分も遊びで投げてみたところ、驚くほど球が曲がったそうである。よく曲がるので、その日の試合でも使ってみたところ、決め球として通用。
山本昌のウイニングショット、スクリューボールは遊びの中から生まれたんですね。意外とリラックスしている時のほうが新しいものが生まれることが多いと思います。
シーズンが始まり、アメリカから山本昌の活躍ぶりを知らせるFAXが届くようになっても、半信半疑だった。「ウソだと思った」。夏に大リーグ・ホワイトソックスからオファーが届くと、星野SDは「行かせましょう」と球団に進言したという。
 (1507391)

もしも山本昌がメジャーに行っていたとしたら、野茂氏の騒動もなかったかもしれませんし、パイオニアとして伝説になったのは山本昌だったかもしれませんね。
「あのとき本当に行かせていたら、野茂より先にメジャーで活躍していたよ」
 (1507392)

日本へ帰ってきた山本昌は別人だった。「『ウソだろ』と思うボールを投げていた」。山本昌は1カ月余りの間に5勝を稼いだ。「88年の優勝は彼によって決定付けられたんです」

2度目のアメリカ留学・左のエースに

1989年、シーズン14登板目の5月27日の対読売ジャイアンツ戦で完封でシーズン初勝利。この勝利に山本は試合終了直後から涙を流し、後年最も思い出深い1勝に挙げている。
 (1507401)

9勝目以降なかなか勝ち星を得られず、星野から同シーズンオフにおいてのアメリカへの教育リーグ再留学を言い渡される。名誉挽回の10勝目と日本残留の最後のチャンスとして9月23日の対阪神タイガース戦に登板するも、味方の失策などが重なり、終盤に逆転負けを喫してシーズン9勝に終わり、やむなく留学する。
球団としては、10勝如何にかかわらずアメリカ行きは決定であり、飛行機のチケットは用意されていました。この留学の際に恩師であるアイク氏の指導でスローカーブに磨きをかけました。
この留学についてはおそらくですが前の留学とは違い、アメリカの指導であれば山本昌の成長が期待できるという確信からだったのではないでしょうか。
 (1507409)

1990年は前年の雪辱をバネに初のシーズン10勝を挙げた。この年同じ左腕の今中慎二も10勝を挙げ、90年代共に左の二枚看板・Wエースとして中日投手陣を支えた。

左のエースとして中日を支えることになった山本昌・引退へ

2015年、ついに引退を決意した山本昌。
今後はどのように野球に関わっていくのでしょうか?
もしかしたら球界には関わらず趣味の世界で生きていくのかもしれません。山本昌は引退後について下のように語っていました。
 (1507413)

42 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

1986年に発売され、現在に至るまで野球ゲームの傑作として認知されている「ファミスタ」シリーズについて振り返ってみましょう。
【野口茂樹】ドラゴンズ投手陣を支えたノーヒッターは「天敵」に移籍して・・・

【野口茂樹】ドラゴンズ投手陣を支えたノーヒッターは「天敵」に移籍して・・・

ドラゴンズのエースとしてリーグ優勝に貢献し、最優秀防御率賞など数々の賞を受賞した野口投手。1996年にノーヒットノーランを達成するなど、特に巨人戦に強く「天敵」とも呼ばれた存在でした。その後、2005年にFAを宣言し、野口投手はその巨人に移籍するのですが・・・。
和尚 | 12,343 view
【斎藤隆】日米の野球ファンを魅了した「オールドルーキー」

【斎藤隆】日米の野球ファンを魅了した「オールドルーキー」

斎藤隆選手が大リーグに挑戦する事が発表された時「ベテラン投手の思い出作り」などという声も聞かれた。だが、そんな声はすぐに称賛に変わる事になる。「200勝」より困難と言われる「100勝・100セーブ」(日米通算)を達成した斎藤隆選手の球歴を改めて振り返る。
和尚 | 4,381 view
【河野博文投手】ミスターに「ゲンちゃん」と愛された中継ぎエースの現在地。

【河野博文投手】ミスターに「ゲンちゃん」と愛された中継ぎエースの現在地。

1988年に最優秀防御率賞を獲得した河野投手はその後、FAで日本ハムから巨人に移籍する。1996年シーズン、首位に最大11.5ゲーム差をつけられてからの大逆転優勝(メークドラマ)に大きく貢献した。長島監督から「ゲンちゃん」と呼ばれた中継ぎエースは引退後波乱の人生を送ることになる・・・。
和尚 | 6,863 view
【槙原寛己選手】完全試合を達成した、伝説の「先発三本柱」の1人

【槙原寛己選手】完全試合を達成した、伝説の「先発三本柱」の1人

1990年代の巨人には他球団が羨む先発投手が三人所属していた。 斎藤雅樹、桑田真澄と共に「先発三本柱」と呼ばれた男、槙原寛己投手。 抜群の成績を残しながら「エース」と呼ばれる事はなかった槙原投手の活躍を振り返る。
和尚 | 4,077 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト