必殺、勝利請負人!【小早川毅彦】の一振りが炸裂すれば勝利がある!!
2016年11月25日 更新

必殺、勝利請負人!【小早川毅彦】の一振りが炸裂すれば勝利がある!!

小早川毅彦が打てば、必ず勝利する!そんなチャンスに強く、勝利に絡む小早川は広島東洋カープの4番バッター。あの、怪物江川を引退に追いやった伝説は、有名な話で誰もが知っているであろう話です。

3,944 view
1984年~1996年まで、広島の若大将として、チームを引っ張ってきた選手である。あの名選手、山本浩二の引退後に後継者として期待され、ルーキー初年度からクリーンナップを任された。チャンスに強く、1987年には最多勝利打点のタイトルを取るほどの活躍ぶりでした。そんな小早川の、現役から今までの軌跡をご紹介します。

赤ヘルの新人王!小早川毅彦の記録

小早川毅彦(こばやかわ たけひこ)

小早川毅彦(こばやかわ たけひこ)

1961年11月15日生まれ
身長183cm、体重93kg
右投げ左打ち
ポジション:一塁手

広島カープ山本浩二の次を担う4番打者として期待され、1987年には勝負強さの証として、最多勝利打点のタイトルを獲得。

怪物・江川卓を引退に追いやる本塁打、開幕3連続本塁打などの記録よりも記憶に残る名選手。

小早川毅彦の獲得タイトル・主な表彰と記録

・ 最多勝利打点:1回(1987年)
・ 新人王(1984年)
・ 月間MVP:1回(1987年6月)

・ オールスターゲーム出場:2回(1984年、1987年)

小早川毅彦のプレースタイル

記憶に残る4番打者

記憶に残る4番打者

新人選手からクリーンナップを任せるなど、盗塁などほとんどないヒットよりも長打を基本とする典型的なスラッガータイプ。
新人王から最多勝利打点のタイトルを取るなどチャンスにはめっぽう強い選手で、記録としてはごく普通の成績ですが、記憶に残るプレーは他の選手よりも多いです。
生涯打率.273、本塁打も171本と、決して凄い選手とはいえないでしょう。安打数も現役生活16年で1093安打と、はっきりと言って普通ですね。

そんな選手がなぜ、こんなにみんなの記憶に残るのでしょう。広島東洋カープの4番打者と言えば山本浩二、衣笠祥雄につぐ小早川毅彦と名を連ねるでしょう。

それだけ、みんなの記憶に残るプレーをする選手だったということです。

小早川毅彦の生い立ちとプロ入りまで

広島市立矢野中学校時代から野球を始め、高校はPL学園に進学し、1979年の春の甲子園出場。その後法政大学経済学部経済学科に入学する。1年から4番を務め、2年秋季リーグでは三冠王を獲得、ベストナインに5度選出されるなど活躍。リーグ戦通算98試合出場、384打数114安打、打率.297、16本塁打、72打点。
1983年ドラフト2位で広島に入団。

広島東洋カープに入り、1980年代の4番として活躍!!

法政大学時代に三冠王をとるなど、周囲の期待はすごかった。

1983年にドラフト2位で入団後、長内を押しのけていきなりクリーンナップを任せられることになる。その年の1984年のシーズンには新人王を獲ることになり、パワーもあるしチャンスにも強いと山本浩二の後継者として期待されていた。

しかしその期待とは裏腹に、足は遅く内野安打は少ないいことから、普段の成績は悪かった・・・・。

入団当初の1984年から1990年代に入るまでは赤ヘルの4番として君臨していたが、1990年代に入ってからはファースト争いが白熱してきたことからも加えて、控え選手としての出番が増えてきた。

怪物、江川卓が引退を決めた小早川毅彦の一打席!

1987年9月20日 小早川毅彦が怪物、江川卓からサヨナラ本塁打を放つ!その一球が江川に引導を渡すものとなったことは有名な話です。

説明

広島カープからヤクルトに移籍・・・。そこでも。

広島を自由契約となる、1996年度のシーズンはわずか8試合の出場と打席数も8打席と、前田智徳など後輩の活躍が目立ってきたこともあって出番が無くなってきた。

広島在籍13年で広島を去ることになりました。
広島東洋カープを自由契約となった小早川毅彦を、ヤクルトスワローズ野村監督が拾ってくれる。

そこで野村監督から一言「お前は大学で1年から4番、プロで新人王、だから移籍一年目も必ずやれる」と言われ、5番スタメンに抜擢されるのです。

当時の相手投手は、3年連続開幕戦完封勝利をあげる斎藤雅樹投手。なんと、その球界一の投手から、3打席連続本塁打を放つのです。

野村再生工場はここまですごいのか。それとも、小早川毅彦の心機一転パワーがすごいのか。どちらにしても素晴らしいことです。

第1打席 0:00~ 第2打席 0:55~ 第3打席 2:51~ 動画一覧 http://www.youtube.com/playlist?list=PLT5ItuFbnte5f8AWu1Ly1TgR0Uoo66Yqn
その年、見事復活を果たした小早川はヤクルトのリーグ優勝。日本一に貢献するのである。

その3年後の1999年、20世紀最後のシーズンを期に、現役の幕を下ろすのであった。
35 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

広島のマスコット「スラィリー(SLYLY)」に似ている獅子舞が沖縄に居るんですよ♪

広島のマスコット「スラィリー(SLYLY)」に似ている獅子舞が沖縄に居るんですよ♪

10月13日からプロ野球のクライマックスシリーズ・ファーストステージが始まっております。普段野球を見ない自分ですら知っているクライマックスシリーズ。テレビでそのニュースを拝見していて、広島東洋カープのマスコット「スラィリー(SLYLY)」に似ている獅子舞が沖縄に居ることを思い出しました。
山崎敬子 | 115 view
小室哲哉が楽曲提供した意外な歌手を振り返る【93年~95年】

小室哲哉が楽曲提供した意外な歌手を振り返る【93年~95年】

1993年のはじめからTRFが本格始動。TKも彼らのプロデュースに注力するようになりますが、そんな中でもアイドルや歌手、果てはプロ野球選手に至るまで、さまざまな有名人への楽曲提供を続けていました。今回はそんなTKファミリーブーム前夜にあたる、93~95年の小室哲哉制作楽曲を紹介していきます。
こじへい | 1,165 view
ヤクルトの外野守備を支えた名手・飯田哲也!1993年日本シリーズの70mバックホームは圧巻!

ヤクルトの外野守備を支えた名手・飯田哲也!1993年日本シリーズの70mバックホームは圧巻!

90年代のヤクルトスワローズ黄金期を支えた守備の名手・飯田哲也。1993年西武ライオンズとの日本シリーズでのバックホームやTBS「スポーツマンNo.1決定戦」での俊足ぶりは圧巻でした。飯田哲也の野球人生を振り返ります。
ひで語録 | 2,021 view
「鉄人」衣笠祥雄さんの人生を切り絵で表現した一冊『鉄人衣笠』が発売!「江夏の21球」でのやりとりなどが収録!

「鉄人」衣笠祥雄さんの人生を切り絵で表現した一冊『鉄人衣笠』が発売!「江夏の21球」でのやりとりなどが収録!

2018年4月23日に、惜しくもこの世を去った広島カープ、球界のレジェンド衣笠祥雄さん。「鉄人」のかがやける道のりを、切り絵の手法で描いた感動の伝記絵本『鉄人衣笠』が発売されました。「江夏の21球」の場面での盟友江夏豊氏とのやりとりなどが収録されています。
あまり印象にない?日ハム監督・栗山英樹の現役時代ってどうだった?

あまり印象にない?日ハム監督・栗山英樹の現役時代ってどうだった?

エンゼルス・大谷翔平の活躍によって、にわかに注目を集める日ハム監督・栗山英樹の手腕。選手育成と人心掌握に長けた名伯楽であることは間違いありませんが、彼の現役時代についてはあまり知られていません。そこで今回、栗山監督が栗山選手だった時代を振り返っていきたいと思います!
こじへい | 2,286 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト