愛を突き詰めると狂気が宿るのかもしれない。その答えは「愛の亡霊」を観るとわかる?!
2018年4月15日 更新

愛を突き詰めると狂気が宿るのかもしれない。その答えは「愛の亡霊」を観るとわかる?!

寡婦と愛人と殺した夫の亡霊。大島渚が描く明治時代の農村を舞台に繰り広げられる奇妙な三角関係。愛には狂気が宿るんですね。と言うよりも狂気そのもの。愛は狂気なんだということが実感できるカンヌ国際映画祭 監督賞受賞作品です。

2,292 view

大島渚

日本を代表する映画監督のひとりである大島渚。60年代に「青春残酷物語」「忍者武芸帳」「絞死刑」「新宿泥棒日記」など多くの話題作を作り出し、世界でも認められた映画監督です。
大島渚

大島渚

その大島渚が世界的に広く知られるようになったのは、やはり1976年公開の「愛のコリーダ」でしょう。
愛のコリーダ

愛のコリーダ

「愛のコリーダ」が日本初のハードコア・ポルノとして余りにも注目されたことで、次作「愛の亡霊」は陰に隠れてしまっていますが、実はこれが素晴らしい作品なんです。

愛の亡霊

1978年公開の「愛の亡霊」も、「愛のコリーダ」同様にフランス資本の日仏合作映画です。仏題は「L'Empire de la passion」で、「情熱の帝国」という意味です。
因みに愛のコリーダは、仏題が「 L'Empire des sens」で、「官能の帝国」です。
Empire of Passion

Empire of Passion

物語自体は複雑なものではありません。寡婦と愛人と殺した夫の亡霊との明治時代の農村を舞台に繰り広げられる奇妙な三角関係です。

復員兵の豊次と26歳も歳の離れた人妻のせきは関係を持つようになります。2人の仲を断ち切れないせきは、豊次と共謀して夫の儀三郎を殺害したのですが、やがて儀三郎の亡霊が夜毎現れ彼らを苦しめるようになるといった内容です。

主な登場人物は3人です。
藤竜也 吉行和子

藤竜也 吉行和子

「愛のコリーダ」に続き主役の田中豊次を藤竜也が、人妻の塚田せきを吉行和子が熱演しています。
藤竜也 吉行和子

藤竜也 吉行和子

見どころは2人の狂おしい絡みですね。
Empire of Passion

Empire of Passion

カメラワークが素晴らしく、非常に艶めかしいのです。
Empire of Passion

Empire of Passion

構図も美しいです。
藤竜也 吉行和子

藤竜也 吉行和子

愛を突き詰めると狂気が宿るのかもしれませんね。
エロチックなシーンですが、せきを独占したい豊次は、その証に陰毛を剃らせたりします。そして殺人へ。。。

藤竜也演じる豊次よりも26歳年上という設定だった吉行和子は当時43歳。ハードコア作品への出演に周囲は猛反対だったそうです。
39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

関連する記事こんな記事も人気です♪

【池上季実子】数々のドラマで主演を果たした名女優!プロフィール・代表作品など!

【池上季実子】数々のドラマで主演を果たした名女優!プロフィール・代表作品など!

大人びた雰囲気から漂う色香で、絶大な存在感を誇っていた女優・池上季実子さん。数々のドラマで主役をこなし、を受賞したのも一度ではありません。そんな彼女のプロフィールや半生・代表作品などを紹介していきたい日本アカデミー賞と思います。ぜひ当記事をご覧になって、ご一緒に池上季実子さんの魅力を振り返っていきましょう。
tsukumo2403 | 901 view
【五十嵐夕紀】 アイドル文化黎明期・正統派アイドル「五十嵐夕紀」  なぜ引退したの?現在は?

【五十嵐夕紀】 アイドル文化黎明期・正統派アイドル「五十嵐夕紀」  なぜ引退したの?現在は?

アイドル文化が始まった70年代、テレビで毎日のように新しいアイドルが紹介される時代でした。 その中でも全国民が物真似をし、テレビで見ない日が無いくらい爆発的な人気を誇るピンクレディーは皆さんの記憶にも「懐かしい」のではないかと思います。 しかし、光が当たれば色濃くなる陰もあるように、実力はあるがブレイクしなかったアイドルも大勢いました。 今回はルックス歌唱力ともに評判の高かった「五十嵐夕紀」さんについてまとめてみました。
萌2020 | 616 view
生き方に憧れる人多し!の高田渡。音楽的絶頂期を飾る70年代のアルバムがこれです。

生き方に憧れる人多し!の高田渡。音楽的絶頂期を飾る70年代のアルバムがこれです。

近年、高田渡の生き方に憧れている人が多くいますね。その高田渡の音楽的な絶頂期は70年代。個性の強い曲ばかりですが、生き方同様に一度聴くと耳に残って忘れられなくなる優しい曲ばかりなんですよ。
obladioblada | 274 view
70年代の代表的なドラマシリーズといえば、それはもう「赤いシリーズ」でしょうよ。

70年代の代表的なドラマシリーズといえば、それはもう「赤いシリーズ」でしょうよ。

70年代のテレビドラマに、忘れようにも忘れられないシリーズがあります。通称「赤いシリーズ」。山口百恵を主演させ、山口百恵と三浦友和を共演させ、山口百恵と三浦友和を結婚させた、あのドラマシリーズですよ。
obladioblada | 691 view
70年代のブルース・スプリングスティーン。売れなかった頃でも魂は常に熱く正しかったのです。

70年代のブルース・スプリングスティーン。売れなかった頃でも魂は常に熱く正しかったのです。

デビュー当時、全く売れなかったブルース・スプリングスティーンは苦悩していた。もっとも世界的なスターとなってからも苦悩の連続。苦悩の人、ブルース・スプリングスティーンなわけですが、売れなくて苦悩していた頃にスポットを当ててみます。
obladioblada | 467 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト