愛を突き詰めると狂気が宿るのかもしれない。その答えは「愛の亡霊」を観るとわかる?!
2018年4月15日 更新

愛を突き詰めると狂気が宿るのかもしれない。その答えは「愛の亡霊」を観るとわかる?!

寡婦と愛人と殺した夫の亡霊。大島渚が描く明治時代の農村を舞台に繰り広げられる奇妙な三角関係。愛には狂気が宿るんですね。と言うよりも狂気そのもの。愛は狂気なんだということが実感できるカンヌ国際映画祭 監督賞受賞作品です。

1,126 view

大島渚

日本を代表する映画監督のひとりである大島渚。60年代に「青春残酷物語」「忍者武芸帳」「絞死刑」「新宿泥棒日記」など多くの話題作を作り出し、世界でも認められた映画監督です。
大島渚

大島渚

その大島渚が世界的に広く知られるようになったのは、やはり1976年公開の「愛のコリーダ」でしょう。
愛のコリーダ

愛のコリーダ

「愛のコリーダ」が日本初のハードコア・ポルノとして余りにも注目されたことで、次作「愛の亡霊」は陰に隠れてしまっていますが、実はこれが素晴らしい作品なんです。

愛の亡霊

1978年公開の「愛の亡霊」も、「愛のコリーダ」同様にフランス資本の日仏合作映画です。仏題は「L'Empire de la passion」で、「情熱の帝国」という意味です。
因みに愛のコリーダは、仏題が「 L'Empire des sens」で、「官能の帝国」です。
Empire of Passion

Empire of Passion

物語自体は複雑なものではありません。寡婦と愛人と殺した夫の亡霊との明治時代の農村を舞台に繰り広げられる奇妙な三角関係です。

復員兵の豊次と26歳も歳の離れた人妻のせきは関係を持つようになります。2人の仲を断ち切れないせきは、豊次と共謀して夫の儀三郎を殺害したのですが、やがて儀三郎の亡霊が夜毎現れ彼らを苦しめるようになるといった内容です。

主な登場人物は3人です。
藤竜也 吉行和子

藤竜也 吉行和子

「愛のコリーダ」に続き主役の田中豊次を藤竜也が、人妻の塚田せきを吉行和子が熱演しています。
藤竜也 吉行和子

藤竜也 吉行和子

見どころは2人の狂おしい絡みですね。
Empire of Passion

Empire of Passion

カメラワークが素晴らしく、非常に艶めかしいのです。
Empire of Passion

Empire of Passion

構図も美しいです。
藤竜也 吉行和子

藤竜也 吉行和子

愛を突き詰めると狂気が宿るのかもしれませんね。
エロチックなシーンですが、せきを独占したい豊次は、その証に陰毛を剃らせたりします。そして殺人へ。。。

藤竜也演じる豊次よりも26歳年上という設定だった吉行和子は当時43歳。ハードコア作品への出演に周囲は猛反対だったそうです。
39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【70年代歌手】独特の訛りとキャラクターで歌手として活躍した演歌歌手、新沼謙治

【70年代歌手】独特の訛りとキャラクターで歌手として活躍した演歌歌手、新沼謙治

数々の歌手を輩出したマンモスオーディション番組「スタ誕」から出てきた男性歌手、新沼謙治。その独特な雰囲気と特徴のある東北訛りでアイドルのような活躍で一躍トップスターとなった新沼謙治の全てを知りたい!
梅宮辰夫といえばプレイボーイで女を泣かす男の不良番長シリーズ。個性強すぎの歌がまた魅力。

梅宮辰夫といえばプレイボーイで女を泣かす男の不良番長シリーズ。個性強すぎの歌がまた魅力。

君は辰兄ぃの「不良番長」を知っているか?!そして、恐ろしいという言葉さえ浮かぶ辰兄ぃが歌う「番長シャロック」を知っているか?!ブルースもロックも数え唄も、全てを一瞬にして演歌に変えてしまう男、それが辰兄ぃこと梅宮辰夫だ!
obladioblada | 1,837 view
ウルトラ警備隊のアンヌ隊員「ひし美ゆり子」は、その後ヌードも辞さない大胆な演技を披露しています

ウルトラ警備隊のアンヌ隊員「ひし美ゆり子」は、その後ヌードも辞さない大胆な演技を披露しています

アンヌ隊員といえばウルトラ警備隊のマドンナ。笑顔が最高です。演じたのは ひし美ゆり子ですね。今なお人気の高いアンヌ隊員ですが、その後の ひし美ゆり子も素晴らしいのです。70年代はヌードも辞さない大胆な演技で私たちを楽しませてくれました。
obladioblada | 12,957 view
1979年には意外なミュージシャンがディスコ・サウンドを取り入れブレイクしました。

1979年には意外なミュージシャンがディスコ・サウンドを取り入れブレイクしました。

70年代後半に世界中を席巻したディスコ・ブーム。新人から大物まで誰もかれもが大胆にディスコ・サウンドを導入して大ヒットさせました。「ウケ狙い」ということで非難されることもありましたが、特に1979年は当たり年です!
obladioblada | 1,461 view
ヴィレッジ・ピープルの代表曲のカバーをオリジナルと聴き比べてみた!

ヴィレッジ・ピープルの代表曲のカバーをオリジナルと聴き比べてみた!

色物的な見られ方をすることの多いヴィレッジ・ピープル。しかし、彼らは大きな功績を残しています。世界中で多くのアーティストがヴィレッジ・ピープルの曲をカバーしヒットさせていることがその証拠です。ヒットしただけあってどのカバーも良くできているんです。オリジナルと比較してみました。面白いですよ。
obladioblada | 906 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト