大人のホビーライフ:懐かしいプラモデルやおもちゃの『大人向けリブート』や『復刻版』が花盛り
2016年4月17日 更新

大人のホビーライフ:懐かしいプラモデルやおもちゃの『大人向けリブート』や『復刻版』が花盛り

ミドル世代やシニア世代が子供の頃、青春時代に楽しんだ懐かしいプラモデルやおもちゃを当時を懐かしむ大人向けにリブートした商品ラインナップや復刻版が非常に増えています。この現象は、単なるレトロな回顧主義ではなく、あらゆる世代を楽しませる新しいハイブリットな試みであると考えています。どのような懐かしのおもちゃのリブートや復刻が盛り上がってきているのか、ざっくりと概観・展望してみましょう。懐かしのおもちゃを通じて大人のホビー生活を再起動(リプート)してみませんか。当時のテレビ番組・映画などの情報もお楽しみください。

31,466 view

80年代の『ガンプラ』ブームのリブート:新旧のファンを満足させるハイブリッドな試みのガンプラ

旧キットの「シャア専用ザク」と「グフ」。当時300円。

旧キットの「シャア専用ザク」と「グフ」。当時300円。

大行列に並ばないと買えなかったガンプラ。並んでも買えなかった「シャア専用ザク」。
出典 web.thn.jp

劇場版ガンダム予告編 機動戦士ガンダムⅠ - YouTube

旧キットの「シャア専用ザク」

旧キットの「シャア専用ザク」

ハイグレード・ユニバーサルセンチュリー (HGUC)ブランドで1/144スケールの旧キットがリニューアルされた(1999年5月)

2006年版の「グフ」リブート:HGUC 1/144 ...

2006年版の「グフ」リブート:HGUC 1/144 MS-07B グフ (機動戦士ガンダム)

ハイグレード・ユニバーサルセンチュリー (HGUC) はアニメ『機動戦士ガンダム』シリーズのうち、宇宙世紀を舞台とした作品に登場するモビルスーツ (MS) を1/144サイズで再現したバンダイが発売するプラモデルシリーズの名称。ガンプラの一種である。

1998年、OVA『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』の劇中に『機動戦士ガンダム』のMS「グフ」をカトキハジメがリファインしたMS「グフカスタム」が登場。これをバンダイが当時の最新の成形技術と可動ギミックを導入した1/144プラモデルキットとして商品化したところ、古くから(1979年〜)のファンに非常に好評であった。これが発端となって、宇宙世紀のMSを同様のコンセプトで改めてキット化するシリーズ企画が「ハイグレード・ユニバーサルセンチュリー」である。

カトキハジメの緻密な考証により、オリジナルデザインのイメージを極力変えずに、立体物として矛盾のない形状と広範柔軟な関節可動を実現している。また、必要以上にハイディテールを施さず、オールドファンから違和感を持たれないニュートラルな造形が心がけられ、1/100マスターグレードシリーズとの差別化が図られている。
2015年版「シャア専用ザク」のリブート:HG 1/1...

2015年版「シャア専用ザク」のリブート:HG 1/144 MS-06S シャア専用ザクII (機動戦士ガンダム THE ORIGIN)

1/144スケールのガンプラの最高峰ブランド「RG(リアルグレード)」シリーズ

RG「シャア専用ザク」のボックスアート(箱絵)

RG「シャア専用ザク」のボックスアート(箱絵)

未塗装でもこの完成度!RG「シャア専用ザク」

未塗装でもこの完成度!RG「シャア専用ザク」

劇場版ガンダム予告編 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編 - YouTube

未塗装のRG「シャア専用ザク」のバストアップ

未塗装のRG「シャア専用ザク」のバストアップ

RG「シャア専用ザク」の間接の動き

RG「シャア専用ザク」の間接の動き

RG「シャア専用ザク」は、本格的な「大人のホビー生活」...

RG「シャア専用ザク」は、本格的な「大人のホビー生活」を満足させてくれるでしょう。

部品が900個以上あるので、大人じゃないと完成させるのは大変。

2016年4月30日発売予定の「グフ」のリブート(2015年「新生-REVIVE-」のテーマで開始されたリブート)

HGUC 196 機動戦士ガンダム グフ 1/144ス...

HGUC 196 機動戦士ガンダム グフ 1/144スケール 色分け済みプラモデル

この商品の発売予定日は2016年4月30日です。
ガンプラ35周年の2015年「新生-REVIVE-」のテーマに合わせて、HGで既発売のMSを最新技術による新規モデルで販売開始。第1弾は6月発売のHGUC「ガンキャノン」。
HGUC 196 機動戦士ガンダム グフ 1/144ス...

HGUC 196 機動戦士ガンダム グフ 1/144スケール 色分け済みプラモデル

パーツ分割が非常に細かいので(色が違う部分は別パーツになっている)、塗装をしなくても驚くほど完成度が高い。関節が非常によく動くので、劇中のようなポーズを自由に取らせることができます。

劇場版 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編 - YouTube

「機動戦士ガンダム」の劇場用3部作第2弾。TV版の第16~31話前半までを再編集­している。戦場での敗北が死であることを教えたランバ・ラル。アムロを救うために命を­落としたリュウ・ホセイ。アムロが淡い恋心を抱き、ホワイトベースを護って散ったマチ­ルダ中尉。彼らとの別れと哀しみが、アムロを成長させてゆく。
(c)創通・サンライズ
123 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ガンプラり歩き旅』その78 ~16年ぶりの1/550 モビル・アーマーガンプラ! 『逆襲のシャア』のα・アジール!~

『ガンプラり歩き旅』その78 ~16年ぶりの1/550 モビル・アーマーガンプラ! 『逆襲のシャア』のα・アジール!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!
市川大河 | 2,770 view
『ガンプラり歩き旅』その61 ~番外編 はばたけ! 宇宙の勇者ザンボット3!(前)~

『ガンプラり歩き旅』その61 ~番外編 はばたけ! 宇宙の勇者ザンボット3!(前)~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をしてきた『ガンプラり歩き旅』。 今回は前後編で、ガンプラブームと共にロボットプラモブームを牽引した、アオシマ製プラモデル群から、『ガンダム』の富野由悠季監督の名作『無敵超人ザンボット3』(1977年)の、当時から現代に至るプラモデルを紹介していきます!
市川大河 | 7,049 view
『ガンプラり歩き旅』その60 ~イデオン編・8 番外編の番外編! 瞳こらせよ、産卵の時! 人よ命よ、生首を見る! スペシャルデラックスイデオン~

『ガンプラり歩き旅』その60 ~イデオン編・8 番外編の番外編! 瞳こらせよ、産卵の時! 人よ命よ、生首を見る! スペシャルデラックスイデオン~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をしてきた『ガンプラり歩き旅』。 今回は全8回で、ガンプラブームと共にロボットプラモブームを牽引した、『機動戦士ガンダム』(1979年)の日本サンライズ・富野由悠季監督の次作品『伝説巨神イデオン』(1980年)のアオシマ製プラモデル群から、現代に至るまでのイデオンフィギュアを、追いかけてみたいと思います!
市川大河 | 8,765 view
『ガンプラり歩き旅』その59 ~イデオン編・7 歴代1/600 イデオン総登場!~

『ガンプラり歩き旅』その59 ~イデオン編・7 歴代1/600 イデオン総登場!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をしてきた『ガンプラり歩き旅』。 今回は全8回で、ガンプラブームと共にロボットプラモブームを牽引した、『機動戦士ガンダム』(1979年)の日本サンライズ・富野由悠季監督の次作品『伝説巨神イデオン』(1980年)のアオシマ製プラモデル群から、現代に至るまでのイデオンフィギュアを、追いかけてみたいと思います!
市川大河 | 4,656 view
『ガンプラり歩き旅』その58 ~イデオン編・6 現代に蘇った1/600 伝説の巨神2つ! 瞳こらせよ、復活の時!~

『ガンプラり歩き旅』その58 ~イデオン編・6 現代に蘇った1/600 伝説の巨神2つ! 瞳こらせよ、復活の時!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をしてきた『ガンプラり歩き旅』。 今回は全8回で、ガンプラブームと共にロボットプラモブームを牽引した、『機動戦士ガンダム』(1979年)の日本サンライズ・富野由悠季監督の次作品『伝説巨神イデオン』(1980年)のアオシマ製プラモデル群から、現代に至るまでのイデオンフィギュアを、追いかけてみたいと思います!
市川大河 | 5,682 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト