切なさを感じる冬の定番曲、TRF『寒い夜だから…』
2017年3月20日 更新

切なさを感じる冬の定番曲、TRF『寒い夜だから…』

90年代に青春を過ごした世代なら、気温が低い夜には今でも口ずさんでしまう冬の定番曲、TRF『寒い夜だから…』。 懐かしい『寒い夜だから…』の動画と共に、この曲が生まれた意外なエピソードや、アンサーソングの存在について紹介。

4,630 view

1993年12月リリース、trf 『寒い夜だから…』

TRF(当時はtrf)による冬の定番曲『寒い夜だから…』。
「EZ DO DANCE」で衝撃的なデビューを果たして以降、新鮮なダンスミュージックを打ち出していたTRFがそれまでと大きく異なる路線へ踏み出した切なさ溢れるミディアム・バラード。
TRF / 寒い夜だから…

TRF / 寒い夜だから…

trfの5枚目のシングル。
1993年12月15日にavex traxよりリリース。

プロデュース:小室哲哉
作詞・作曲・編曲:小室哲哉
この『寒い夜だから…』について、TRFメンバーのDJ KOOは「ずっと4つ打ちの曲を出していた中で、ダンスミュージック以外のリスナーにも聴いてもらえるような内容として打ち出した曲だった」と語っている。

その狙いは見事に当たり、ダンスミュージックには抵抗感のある層へのアプローチに成功。
オリコン最高位8位とシングルとして初のオリコンベスト10入りを果たした。

これを弾みに、1994年2月9日リリースのアルバム『WORLD GROOVE』で初の1位を獲得。
1994年5月25日にリリースした次のシングル『survival dAnce 〜no no cry more〜』でも1位を獲得し、TRFにとって大きな転換点となった曲である。
累計売上は67.4万枚。

その思い入れの強さからか、翌年同時期と2006年に『寒い夜だから…』を再リリースしている。
また、1995年12月1日にリリースされたアルバム『BRAND NEW TOMORROW』には久保こーじがアレンジした『HOT WINTER NIGHT~samuiyorudakara~』の曲名でリメイクが収録されている。
TRF / 寒い夜だから…(1994年 再リリース版)

TRF / 寒い夜だから…(1994年 再リリース版)

曲のアレンジやカップリング内容も変更されていないが、ジャケットのデザインは変更された。
TRF / 寒い夜だから…(2006年 再リリース版)

TRF / 寒い夜だから…(2006年 再リリース版)

2006年11月29日に廉価版12cmシングルとして再発売。
ジャケット写真は1994年版を踏襲している。

PVも2種類ある『寒い夜だから…』

『寒い夜だから…』はPVも2種類存在し、それぞれビデオ『WORLD GROOVE』と『Ultimate Films』に収録されており、『Ultimate Films』に収録されたバージョンは『寒い夜だから… (1994 Ver.)』とされている。

【動画】TRF / 寒い夜だから

『WORLD GROOVE』収録バージョン

【動画】TRF / 寒い夜だから(1994 version)

『Ultimate Films』収録バージョン
どちらのPVもモノクロのシーンが含まれており、ノスタルジーを意識させる作りになっている。
幻想的な雰囲気を醸し出す『Ultimate Films』収録バージョン(1994 Ver.)も良いが、個人的にはブルックリンの街並みを背景にした『WORLD GROOVE』収録バージョンの方が歌詞の世界観とマッチしていて好みである。

CDで聴くのも良いが、やはりTRFは歌とダンスの一体感を楽しめるPVやライブで楽しみたい。

『寒い夜だから…』の歌詞で描かれている切ない気持ち

夢を追い彼女の元を離れた男性への気持ちを歌った切ないラブソングと解釈できる。
寒い夜だから 明日を待ちわびて
出典 歌詞:『寒い夜だから…』
寒い夜だけは あなたを待ちわびて
出典 歌詞:『寒い夜だから…』
「明日を待ちわびて」や「あなたを待ちわびて」というサビのフレーズや、二番の歌詞に出てくる「都会の合鍵は今は置きざりで」という部分から二人はまだ別れていないことがわかる。

そして、「時計の針さえも 違う場所を指す」で二人は違う国にいることは判明。
初期PVのロケ地はニューヨークのブルックリンであり、恋人は「夢を叶えて戻ってくるよ」と誓いニューヨークへ旅立ったというストーリーが頭に浮かぶ。

寂しい気持ちを押し殺し、夢を追う恋人の背中を押した。
しかし、冬の寒い夜には哀しさや切なさが溢れ出てしまう…。
そんな健気な女心がこの歌詞から伝わってくる。
ボーカルYU-KIの高く張りのある声が、愛する人に会えない切なさと悲しみ、そして苛立ちを見事に表現している。
切ない心の叫びを表現しながら、暗くなり過ぎていないので聴く人の心にスーッと入ってくる。
I miss you,I miss you,I miss you…
出典 歌詞:『寒い夜だから…』
サビの前に入る「I miss you」のコーラス。
声からおそらく小室哲哉だと思う。

このコーラスはサビ前に入れることで、サビの印象を強く引き立てるだけでなく、歌詞としても非常に重要な位置を占めている。
男性の声で「I miss you」と入ることで恋人(男性側)の気持ちも離れておらず、二人は今も愛し合っているのに会えないという印象を残し、切なさを際立たせている。

小室哲哉が明かしたTRF『寒い夜だから…』誕生秘話

2015年11月に東京・新宿で行われたイベントに出席した小室哲哉は、冬の名曲と言われる『寒い夜だから…』が誕生した経緯を明かした。

当時、小室は東京都港区のスタジオまで自転車で5分の距離に住んでいた。
いつものように自転車で自宅からスタジオに向かったが、その夜はあまりにも寒かったという。
寒さに耐えながらスタジオに向かうと「寒い夜だから…」というフレーズが頭に浮かんできて、スタジオ到着するまでの5分間でメロディまでほぼ出来上がっていたと語った。

とにかく早く暖かいスタジオに到着したいという気持ちが、歌詞の『明日を待ちわびて』というフレーズに繋がったとのこと。
膨大な歌を世に送り出してきた小室だが「こんなにスムーズにできた歌詞はなかったと思います」と振り返っている。

名曲が生まれるのはそんな意外なシーンなのかもしれない…。

10数年の時を経てリリースされた『寒い夜だから…』のアンサーソング

39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

あの安室奈美恵が、公式HPにて2018年9月16日をもって引退することを電撃発表しました。今年デビュー25周年を迎え、地元・沖縄で凱旋公演を行ったばかりでの今回の発表。日本中が衝撃に包まれています。
隣人速報 | 12,291 view
冬の名曲『DEPARTURES』 今年で発売から20年!HYDEなど多くの歌手にカバーされていた!

冬の名曲『DEPARTURES』 今年で発売から20年!HYDEなど多くの歌手にカバーされていた!

globeの4枚目のシングルとして、1996年1月1日に発売された『DEPARTURES』。ラルク アン シエルのHYDEをはじめ、数多くの歌手にカバーされている『DEPARTURES』を特集する。
ひで語録 | 7,125 view
昭和の伝道師、DJ和!メガヒットラブソングをつないだ究極のノンストップミックスCDの名は「俺のラブソング」

昭和の伝道師、DJ和!メガヒットラブソングをつないだ究極のノンストップミックスCDの名は「俺のラブソング」

2017.2.8に発売されたDJ和(カズ)のCD「俺のラブソング-BE ESQUIRE-」は、80~90年代のメガヒットラブソングをつないだ究極のノンストップミックス!ミドルエッジ世代なら歓喜する珠玉のラブソングがノンストップで押し寄せる、そのCDを紐解いて見ましょう!
篠原涼子の「恋しさとせつなさと心強さと」に込められた【小室哲哉】の思いとは?!

篠原涼子の「恋しさとせつなさと心強さと」に込められた【小室哲哉】の思いとは?!

【小室哲哉プロデュース】94年に発売された篠原涼子の4枚目のシングル【愛しさとせつなさと心強さと】は、女性ソロ歌手の中で初めてシングル売り上げが200万枚を突破した曲だった。
あすなろ白書の主題歌『TRUE LOVE』藤井フミヤのソロ初シングルにしてWミリオン!

あすなろ白書の主題歌『TRUE LOVE』藤井フミヤのソロ初シングルにしてWミリオン!

1993年11月10日に、藤井フミヤのソロ活動第1弾シングルとして発売された『TRUE LOVE』。作詞・作曲を藤井フミヤ自身が手掛けている。俺じゃダメか?でお馴染みの月9ドラマ『あすなろ白書』の主題歌に起用された90年代屈指のラブソングを特集する。
ひで語録 | 2,816 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト