2016年11月25日 更新

300勝投手【鈴木啓示】の”男の勲章”

流行語大賞も受賞した「投げたらアカン」は鈴木啓示の口ぐせ。”草魂”と呼ばれた最後の300勝投手。数々のタイトルを獲得した男が自ら認める勲章とは何か?

4,708 view

速球派から技巧派へ転向

デビュー1年目10勝、2年目に21勝し一躍近鉄のエースとなる。1969年に24勝、1967年から5年連続20勝をマーク1972年14勝どまりだったのを契機に技巧派に転身、1975年再び20勝をあげエースに返り咲く。1978年、10試合連続完投勝ちの日本新及び通算63完封のパ・リーグ、タイ記録を樹立。この年25勝で最多勝、奪三振、防御率ベストナインの4タイトルを取る。かつてはプロ野球のお荷物とまでいわれた弱小チームを支えた左腕投手である。右投げだったがケガの為左に転向した。
 (1530986)

1966年バファローズ入団
1985年現役引退

317勝238敗2セーブ 防御率3.11 3061奪三振
最多勝3回(1969、77、78)
最優秀防御率1回(1978)
最高勝率1回(1975)
最多奪三振(当時連盟表彰なし)8回(1967〜72、74、78)

ノーヒットノーラン2回 (1968年8月8日対東映戦、1971年9月9日対西鉄戦)

先発勝利288(1位)
78無四球試合(1位)
開幕戦先発14回(1位)
5年連続20勝以上(1967〜71)

「弱い近鉄では1対0で勝つしかない」

 5年連続で20勝以上した1961年から71年までの近鉄の順位は6、4、2、3、3位だった。それ以前万年Bクラスのチームがそこそこの順位になったのは鈴木啓示の力が大きい。鈴木はこの5年間に、110勝76敗、勝率.591。近鉄はこの間、319勝314敗、勝率.504。チームの勝ち星の3割5分を上挙げた。入団1年目に挙げた10勝がチーム最多勝だった。
入団1年目に10勝、以後15年連続二桁以上勝利、翌年からは5年連続20勝以上をあげ、押しも押されもせぬ近鉄のエースとなった。1968年8月8日の対東映戦(日生球場)でノーヒットノーランを達成。1969年に24勝で最多勝。1971年9月9日対西鉄戦(日生球場)では2度目のノーヒットノーランを記録した。若い頃は江夏豊とともに「セの江夏、パの鈴木」と並び称された奪三振の多い投手であった。
出典 鈴木啓示-Wikipedia
なんJ PRIDE : 【近鉄】鈴木啓示(18) 46試合 10勝12敗 3完封 3.19 (1530980)

活躍の舞台となった「日生球場」と”草魂”の芽生え

65年、兵庫・育英高のエースだった鈴木は相思相愛だった阪神にフラれ、第1回のドラフト会議で近鉄に1位指名された。パ・リーグのお荷物球団といわれたバファローズに入る時、人気球団の選手より実力をつけてスター選手にのし上がってやる、という思いを抱きプロ入りした。
 近鉄のホーム球場は日生球場。鈴木がプロの第一歩を踏み出した球場だ。当時は後楽園球場でも大阪球場でも、現在に比べると狭い球場ばかりだったが、日生球場は特に狭かった。本塁打がよく出る投手泣かせの球場だった。
でもこういう環境は、私の気性には合っていたのかもしれません。球場は狭い(当時の日生球場は、両翼90メートル足らずだったという)、打線は打ってくれない。こういう悪条件は、かえって私を奮い立たせてくれた。「ようし、オレが弱いところを強くしてやろうじゃないか」と。私の、「この野郎!」精神がムクムクと頭をもたげてきたのです。強いチームに入って、チヤホヤされたら、私はかえってだらけてしまったかもしれません。
鈴木本人によると「入団当初はノーコンでね。1年目の開幕直後には四球連発で二軍に落とされたこともある。制球力を付けられたのは日生球場のお陰やで。ホームランを警戒して低めをつく投球を、球場が教えてくれた。2度のノーヒット・ノーランは日生がくれた褒美やった。」と当時を振り返った[2]。
出典 鈴木啓示-Wikipedia
“先輩”鈴木啓示氏がエール「1を選んだ松井君は勇気がある」 ― スポニチ Sponichi Annex 野球 (1530979)

1974年に監督に就任した西本幸雄の指導により、力任せの直球主体の投球を改め制球・配球を重視する頭脳的なピッチングを構築していく。当初は西本に反発し、1974年のオフに主砲の土井正博がトレードされた際には、「次は自分の番」と考えて、阪神監督の吉田義男にトレードを志願する電話をかけたこともあった[3]。1975年3月の阪神とのオープン戦では4回4失点でKOされると西本から「少しは向こうのピッチャー(山本和行 - 4年目)を見習え!」とベンチで言われるなど叱責が続いたが、やがて西本が自分とチームのことを本気で考えていると気づき、その指導を受け入れていった[3]。この年は4年ぶりに20勝以上を挙げ、防御率も2.26の好成績を残す。奪三振数は減少したが、無駄な四球と失点も減少した。この頃から有田修三とバッテリーを組むようになる。1977年には200勝を達成、20勝で最多勝を残した。
翌1978年、25勝で2年連続最多勝、防御率2.02で最優秀防御率を獲得した。同年に当時の日本新記録となる10試合連続完投勝利を記録し、見事な投球で往年の剛球が蘇り、最多奪三振・最多完封も記録し、「五冠」のうち勝率を除く4つの部門でリーグトップの成績を残した。
出典 鈴木啓示-Wikipedia

”草魂”の意地

弱小球団だった近鉄で毎年タイトル争いに絡み、最多勝は3度、防御率、最高勝率のタイトルも獲得。ドラフト制度以後では唯一の300勝投手で、オールスターは入団した66年から計15回出場した。
DRIVING メタBODY:So-netブログ (1530981)

 1985年3月16日、日生球場でのオープン戦で、鈴木は1失点完投勝利を挙げた。調整の場であるオープン戦で完投することはまずありえない。それも実績のある大ベテラン投手であればなおのことだ。投球数は123球、被安打7、奪三振8、失点1。近鉄はオープン戦で9連敗中だった。鈴木は、オープン戦とはいえ「オレが連敗を止める」と静かに燃えていた。
「オープン戦だけど、相手が巨人やったしな。スターとアイドルの違いも思い知らせてやりたかった」。7回までの予定を9回まで伸ばしたことについて、鈴木の口調ははっきりしていた。「人気球団巨人の選手はプロとして半人前でもスター扱いされる。本当のスターって、違うだろ?人気だけならアイドルだろ?実力、実績を兼ね備えたプレーヤーにスポットが当たらず、野球以外のことが話題になり、注目を浴びるジャイアンツの選手にプロの意地を見せたかった」。腰椎がずれ、軸足の左足アキレス腱の周囲も炎症を起こし、完投どころか登板すら難しい状態での好投は、20年もの間この世界の第一線でメシを食ってきた男のプライドをかけたものだった。

近鉄 鈴木啓示 - YouTube

”草魂”の最後の登板

後楽園での日本ハム-近鉄11回戦、6月17日の南海14回戦(大阪)以来、3週間ぶりの登板となった鈴木は3回集中打と自らの悪送球で5点を奪われ、味方の3点援護を守れなかった。
 日本ハムの4番・古屋英夫三塁手の打球が右翼フェンス直撃の三塁打となり、内野に打たれた球が戻ってきた。普通、投手はボールを球審に替えるよう要求するものだが、鈴木はそのままグラブに収めた。
 岡本伊三美監督が投手交代を告げ、板東里視投手コーチが歩み寄るや否やマウンドを降りた鈴木。古屋に打たれたボールを板東コーチに手渡すことなく、グラブに入れたままベンチに下がった。
鈴木啓示 : メジャーリーグよ、認めてくれ!!マー君、イチロー…日本プロ野球の世界記録!! - NAVER まとめ (1530982)

翌10日、ナインに別れを告げると独りで帰阪。球団首脳には現役引退の意思表示をした。シーズン中、しかも多大な功績のある投手をこのまま辞めさせられないと慰留、間近に迫ったオールスターでも復活した“サンデー兆治”こと、ロッテ・村田兆治投手に次いでファン投票2位でもあった。しかし、37歳の男は引き際も頑固だった。
 「魂の抜けた鈴木啓示をファンの皆さんの前にさらすことは恥。もう投げません。オールスターは生き生きとしたスター選手が集まるドリームゲーム。死にかけた選手が出るところではない。(引退は)心と体がバラバラになってどうしょうもなくなったから。(6月17日の)南海戦で張りつめていた糸がプツンと切れた。もう一度と思い日本ハム戦で投げたが、もとには戻らなかった」。
【3月16日】1985年(昭60) 20年目“草魂”の意地!オープン戦1失点完投(野球) — スポニチ Sponichi Annex 野球 日めくりプロ野球3月 (1531872)

”男の勲章”

 鈴木に与えられた冠は”草魂”。鈴木の座右の銘そのものだ。鈴木は入団時から「弱い球団」「狭い球場」という逆境を乗り越えようとした。たとえ狭い球場でもエースとしてホームグラウンドを好きになろうと努力した。そしてホームグラウンドで勝つために制球力を磨いた。
 鈴木には世界記録がある。それは被本塁打560という大記録だ。この記録は、日生球場をホームグラウンドとした大エースでなければ打ち立てられなかった記録だろう。
 
鈴木自身はこの記録について、「男の勲章だと思っている。どんな強打者からも逃げずに勝負した結果。560本も打たれるまで使ってもらえる投手は他にいない。」と語っている。
出典 鈴木啓示-Wikipedia
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

   

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

関連する記事こんな記事も人気です♪

あなたも甲子園のマウンドに!?甲子園のリリーフカーを体感できるVRが甲子園歴史館に登場!!

あなたも甲子園のマウンドに!?甲子園のリリーフカーを体感できるVRが甲子園歴史館に登場!!

甲子園歴史館で導入されている「VR映像」に、このたび第3弾として「プロ野球リリーフカー体感VR」が登場!憧れのプロ野球選手になりきりたい親子は必見です!
隣人速報 | 145 view
マサカリ投法・村田兆治 「昭和生まれの明治男」と呼ばれ、フォークを武器にロッテ一筋で完投にこだわった野球人生でした

マサカリ投法・村田兆治 「昭和生まれの明治男」と呼ばれ、フォークを武器にロッテ一筋で完投にこだわった野球人生でした

ロッテの大投手、マサカリ投法の村田兆治。「サンデー兆治」や「昭和生まれの明治男」と呼ばれました。途中、フォークボールを習得後、更に成績を伸ばしました。最後までロッテで過ごし、完投にこだわりを持った大投手でした。
ひで語録 | 10,491 view
【村田兆治】”サンデー兆治”と呼ばれた復活劇

【村田兆治】”サンデー兆治”と呼ばれた復活劇

右ひじの手術後1985年に見事にカムバックした村田兆治。日曜日ごとに登板し開幕11連勝を達成した。大リーグの名投手、元ドジャースのコーファックスが日曜日ごとに登板し”サンデー・コーファックス”と呼ばれたことにちなんでつけられた”サンデー兆治”は社会現象にもなった。
tiro | 2,953 view
昭和最後の完全試合投手【今井雄太郎】を変えたコップ1杯のビール

昭和最後の完全試合投手【今井雄太郎】を変えたコップ1杯のビール

今井雄太郎は1970年代から80年代にかけて活躍した阪急ブレーブスの「主戦(エース)投手」。大酒飲みだったことから授かった称号が”酒仙投手”。酒にまつわる逸話とともに今井雄太郎について振り返る。
tiro | 10,139 view
アゴ&キンゾーの「あご勇」が観光バス添乗員に挑戦!冠ツアー「アゴーハツアー」を催行します!!

アゴ&キンゾーの「あご勇」が観光バス添乗員に挑戦!冠ツアー「アゴーハツアー」を催行します!!

9月より、観光バスツアーのVIP Tourより「あご勇」が添乗員を務める観光バスツアー「アゴーハツアー」が催行されます。往年のお笑い芸人のトークを生で体感したい方は要チェック!
隣人速報 | 682 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト