「翔んだライバル」、「みゆき」、「うる星やつら」などのテーマソングを歌ってたA児こと“あがた森魚”率いる特異なバンド「ヴァージンVS」
2018年5月24日 更新

「翔んだライバル」、「みゆき」、「うる星やつら」などのテーマソングを歌ってたA児こと“あがた森魚”率いる特異なバンド「ヴァージンVS」

デビュー当時のあがた森魚を知る者にとってはヴァージンVSの音楽性には驚くものがありました。バンドが解散するまでにリリースされた6枚のシングルが全てテレビ番組とタイアップされてるなんてスゴイですよね。

646 view

あがた森魚

日本の音楽シーンにおいて、あがた森魚は特異な人といっていいのではないかと思います。独特な音楽性もさることながら、音楽性と共に大胆にイメージを変えており、それはもう驚くばかりです。
あがた森魚

あがた森魚

出生名:山縣 森雄
別名:A児
生誕:1948年9月12日
出身地:北海道留萌市
学歴:明治大学 中退
あがた森魚は1970年8月4日に自主制作盤によるアルバム「蓄音盤」で世に出ますが、やはり一般的に知られるようになったのは1972年9月10日にメジャーデビューとなったアルバム「乙女の儚夢」からシングル・カットされた「赤色エレジー」の大ヒットからでしょう。
乙女の儚夢

乙女の儚夢

1. 乙女の儚夢(ろまん)
2. 春の調べ
3. 薔薇瑠璃学園
4. 雨傘
5. 女の友情
6. 大道芸人
7. 曲馬団小屋
8. 電気ブラン
9. 秋の調べ
10. 赤色エレジー
11. 君はハートのクィーンだよ
12. 冬のサナトリウム
13. 清怨夜曲
「赤色エレジー」は、当時で50万枚も売り上げています。

赤色エレジー あがた森魚 (2009年11月22日収録ライブ)

しかし、その後はヒットに恵まれず1980年4月にリリースした「乗物図鑑」を最後に一旦ソロ活動を停止し、何ともキッチュなバンドを結成し世間を驚かせることになるのですが、それが「ヴァージンVS」です。

ヴァージンVSヴァージン

それまでのあがた森魚とは全く違う音楽性を持ったヴァージンVS。それは意図的だったのでしょう。あがた森魚はA児と名乗ります。結成は1981年。デビューシングルは同年の「ロンリー・ローラー」でした。

ロンリー・ローラー

この曲はフジテレビ系のテレビドラマ「探偵同盟」の主題歌として採用されました。事務所も力が入ってますね。それに応えるようにこれは佳曲ですよ。永遠の青春ソングです!

そしてアルバムも同年6月1日に「ヴァージンVSヴァージン」がリリースされました。
Virgin VS Virgin

Virgin VS Virgin

1. 夢見るカクテルマシン
2. ヌーベル・シンデレラ
3. ブリキ・ロコモーション
4. サントワマミイ
5. やきぐりバンバン
6. ロンリー・ローラー
7. モンテクリスト・ファン・クラブ
8. サブウェイ・ランナウェイ
9. さらば青春のハイウェイ
10. ベスパップ・スカウト
11. シンデレラ・ラッキー・ロッキー
12. セラヴィ
アルバムには2枚目のシングル「さらば青春のハイウェイ」も収録されています。

さらば青春のハイウェイ

この曲もフジテレビ系のテレビドラマ「翔んだライバル」の主題歌となっています。これも良い曲ですよねぇ。更にアルバムには未収の3枚根のシングル「サントワマミイ」もフジテレビ系のアニメ「みゆき」の挿入歌として使われています。

1stアルバム「ヴァージンVSヴァージン」リリース時のメンバーは以下のとおりです。
A児(あがた森魚):Vocal
木村しんぺい:Drums
久保田さちお:Guitar,Chorus
ツッチー・まこと:Bass
ライオン・メリー:Synthesizer
ひかる:chorus

STAR☆CRAZY

4枚目のシングル「夢のラジオシティ」を含むセカンドアルバム「STAR☆CRAZY」は1982年7月25日のリリースです。
STAR☆CRAZY

STAR☆CRAZY

1. トランシルヴァニア
2. エッフェル塔の歓び
3. コズミック・サイクラー
4. X’マス・フィードバック・スペイスマン
5. ムーンライト・コースター
6. 夢のラジオシティ
7. 星の未来
8. スターカッスル星の夜の爆発
9. 日本SFジェネレーション
10. 密林熱鍋 (クレイジーダンス)
11. ときめきナインティーン
12. 水晶になりたい
「夢のラジオシティ」もまたフジテレビ系のアニメ「みゆき」挿入歌です。
そしてアルバムにも収録されている5枚目のシングル「コズミック・サイクラー」。これぞ隠れた大名曲。フジテレビ系のアニメ「うる星やつら」挿入歌で、後に歌詞を一部変更して「星空サイクリング」となります。
34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

80年代の少年誌の「ラブコメ」ブーム・輝ける青春グラフィティー16作品

80年代の少年誌の「ラブコメ」ブーム・輝ける青春グラフィティー16作品

懐かしい80年代の甘酸っぱい青春時代の記憶と当時の空気感も満喫できる不朽の名作『めぞん一刻』など少年誌の「ラブコメ」作品を振り返ってみましょう。名作は色あせず。昭和臭がむしろ良いですねえ。
ガンモ | 17,865 view
オールナイトフジの初代司会者として知られる鳥越マリは、歌も歌っておりました。

オールナイトフジの初代司会者として知られる鳥越マリは、歌も歌っておりました。

オールナイトフジの司会者。その後は女優へと転身する鳥越マリですが、その間に歌手としても活動していました。愛くるしい笑顔に成熟したナイスバディ。そりゃぁ、もう、オジサマ達をとりこにしたものです。
obladioblada | 1,146 view
日本の矢沢から世界のYAZAWAへ。世界に挑み続けた80年代の矢沢永吉。

日本の矢沢から世界のYAZAWAへ。世界に挑み続けた80年代の矢沢永吉。

80年代初頭、日本では向かうところ敵なしで絶頂だった矢沢永吉。次に彼が目指したのはアメリカ進出でしたが、それは思いのほか険しいものでした。世界に挑んだ戦いの歴史。それを刻みこんだ4枚のアルバムがこれです。
obladioblada | 2,709 view
80年代のデヴィッド・クローネンバーグ作品は、ちょっとエグイ!

80年代のデヴィッド・クローネンバーグ作品は、ちょっとエグイ!

ちょっとどころではありませんね、かなりエグイです。80年代のデヴィッド・クローネンバーグ監督の作品は。しかし目はくぎ付けにされます。ハマってしまうと抜けられないのがデヴィッド・クローネンバーグの世界なのです。
obladioblada | 5,620 view
高橋留美子のプロデビュー前のペンネーム「けも・こびる」とは?

高橋留美子のプロデビュー前のペンネーム「けも・こびる」とは?

日本を代表する女性漫画家・高橋留美子。ミドルエッジ世代であれば誰もが彼女の作品に触れたことがあるでしょう。そんな彼女が1978年に「勝手なやつら」でデビューする前に、別名義で同人活動をしていたのを皆さんご存知でしょうか?この記事では、高橋留美子の別名義での作品にスポットを当ててみたいと思います。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト