【プロ野球】惜しかった!夢の大台 "4割" まであと一歩だった4人の強打者
2023年1月24日 更新

【プロ野球】惜しかった!夢の大台 "4割" まであと一歩だった4人の強打者

日本のプロ野球史上、いまだ誰も達成していない夢の記録「打率4割」。安打製造機と呼ばれたあの人も、神様仏様と言われたあの人も、巨人歴代最高打率のあの人も、日米4000本以上打ったあの人も、あと一歩のところで手が届きませんでした。今回は、その4人の強打者の "あと一歩" を振り返ります。

1,768 view

"4割" まであと一歩だった4人の強打者

今回ご紹介するのは次の4選手です。
選手名 所属球団 あと一歩だった年
張本勲 東映フライヤーズ 1970年
ランディ・バース 阪神タイガース 1986年
ウォーレン・クロマティ 読売ジャイアンツ 1989年
イチロー オリックス・ブルーウェーブ 1994年、2000年

張本勲(1970年)

月間打率5割5分!

通算7回の首位打者を獲得した "安打製造機" といえばもちろん "張さん" こと、張本勲です。東映フライヤーズの2年目(1960年)に3割を記録、3年目(1961年)にはすでに首位打者を獲得していました。1967年〜1969年には3年連続首位打者となり、1970年は4年連続首位打者の記録がかかった年でした。

4月、5月は3割1分台と、張本にしては平凡な成績でしたが、6月に入ると覚醒。月間成績60打数 33安打 打率.550 を記録し、打率は一気に.385まで上昇しました。4〜6月終了時点の打率は次の通りです。

4月終了時点の打率 .316
5月終了時点の打率 .311
6月終了時点の打率 .385
東映時代の張本勲

東映時代の張本勲

9月で3割9分6厘!

7月に入ると、オールスター前こそ.372まで落ちますが、オールスター明けに一気に加速。4試合で14打数11安打と打ちまくり、打率が.395まで上昇します。以後は3割9分前後を維持し、最高到達打率は、9月16日の.396。4割まであと一歩でした。その後は率を落とすも、3割8分台の高打率を維持します。

7月終了時点の打率 .383
8月終了時点の打率 .388
9月終了時点の打率 .380
東映時代の張本勲

東映時代の張本勲

プロ野球記録を更新!

打率4割は難しくなったものの、大下弘のシーズン最高打率(.3831)を更新できる可能性が残っていました。

記録更新がかかった10月18日の阪急戦。コーチから「3安打打てば記録更新」と言われ、張本は見事3安打を放ちます。記録更新!と思った矢先、実はコーチの計算違いで大下の記録に届いていないことが判明。しかし、そこは張本。運良く回ってきた5打席目で、なんとまさかのセーフティーバントを決めます。相手投手は、守備に定評のある山田久志でしたが、グラウンドがぬかるんでいたことが幸いして、一塁に投げるも間に合わず。ついに、プロ野球記録を更新しました。最終打率は.3834大下との差はわずか3毛でした。

最終成績 459打数 176安打 打率 .383(100打点 34本塁打)

この年、最高出塁数最多安打ベストナインも同時に達成。その後、1972年、1974年にも首位打者を獲得し、通算7回の首位打者はイチローと並ぶタイ記録です。

ランディ・バース(1986年)

あと少しで月間打率5割!

阪神タイガース球団史上、いや日本のプロ野球史上 "最強の助っ人" といえばもちろん、ランディ・バースでしょう。1985年には三冠王に輝き、チームを21年ぶりのリーグ優勝初の日本一に導きました。翌1986年は、チームの調子は落ちたものの、バースは調子を維持し、こと打率に至っては前年以上の記録を残します。

シーズン前半こそ無難な打率だったものの、後半に向かうに連れ、徐々に打率を上げていきます。特に6月の追い上げが驚異的で、月間成績は 76打数 37安打 29打点 13本塁打 打率.489 とほぼ5割の打率を挙げ、月間MVPに輝きました。

4月終了時点の打率 .323(3本塁打)
5月終了時点の打率 .346(10本塁打)
6月終了時点の打率 .387(23本塁打)
阪神時代のランディ・バース

阪神時代のランディ・バース

3割9分9厘!

7月はやや打率を落とすも、8月になると死のロードと関係なく絶好調。ついに3割9分台に到達します。8月12日にはなんと.399を記録。8月1日から12日までの成績はなんと、25打数16安打、打率.640でした。夢の4割まであと一歩。その後は率を落としますが、まだまだ3割9分台です。

7月終了時点の打率 .379(26本塁打)
8月終了時点の打率 .391(36本塁打)
阪神時代のランディ・バース

阪神時代のランディ・バース

50 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【1976年プロ野球】史上最も僅差の首位打者!中日・谷沢 vs. 巨人・張本

【1976年プロ野球】史上最も僅差の首位打者!中日・谷沢 vs. 巨人・張本

1976年、セ・リーグの首位打者争いは、張本勲が日本ハムから巨人に移籍したことで、例年になく混戦を極めました。シーズン後半は張本がトップをひた走り、中日・谷沢健一やヤクルト・若松勉らが追う展開。そして、ペナントレースの最後の最後でドラマが起きます。今回は、当時の首位打者争いの様子を振り返ります。
izaiza347 | 2,662 view
ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

1986年に発売され、現在に至るまで野球ゲームの傑作として認知されている「ファミスタ」シリーズについて振り返ってみましょう。
1985年阪神日本一!あの時バースが居た

1985年阪神日本一!あの時バースが居た

相撲部屋と呼ばれた頃からの阪神ファン。85年の優勝にはほんとうに感動しました。あの時阪神にはバースという守護神がいたのです。
くりりん | 5,597 view
【大型トレード】どっちがトクした!?張本を獲得した巨人?高橋一・富田を獲得した日本ハム?

【大型トレード】どっちがトクした!?張本を獲得した巨人?高橋一・富田を獲得した日本ハム?

1975年のプロ野球オフシーズンには、二つの大型トレードが話題になりました。一つが、阪神(江夏豊、望月充)と南海(江本孟紀、長谷川勉、池内豊、島野育夫)のトレード、そしてもう一つが今回ご紹介する、巨人(高橋一三、富田勝)と日本ハム(張本勲)のトレードです。チームの強打者とエース投手が動いた大型トレード。巨人と日本ハム、果たしてどちらのチームがトクしたのでしょうか?
izaiza347 | 603 view
本日開催のライブ配信【イチ問一答】イチローが転職や離婚など”大人の悩み事”に生回答!!

本日開催のライブ配信【イチ問一答】イチローが転職や離婚など”大人の悩み事”に生回答!!

2023年1月18日20時から、イチロー初のインスタライブ「イチ問一答」が開催されます。仕事や転職、恋愛・結婚・離婚など”大人の悩み事”に対して、イチローが向き合い、自身なりの回答を行っていきます。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト