【前編】『昭和の中坊』誕生から次世代へ~中坊生活、昭和から見るか平成から見るか、男性から見るか女性から見るか~
2018年5月7日 更新

【前編】『昭和の中坊』誕生から次世代へ~中坊生活、昭和から見るか平成から見るか、男性から見るか女性から見るか~

時間の流れが早い。 子供のころはもっとのんびりしていた。馬鹿なことを考える余裕があったと、通勤時間に思うあなた。“あの時代”を懐かしむ漫画から、今回、吉本浩二先生の名作『昭和の中坊』(原作・末田雄一郎)に着目する。また、昭和の漫画界の名物編集長を追う『ルーザーズ~日本初の週刊青年漫画誌の誕生~』もご紹介。吉本先生の漫画への愛情を平成の世に引き継いだ新鋭、地球のお魚ぽんちゃん先生の人となりにも触れたい。さあ、夕焼けの彼方へ旅立とう。

5,176 view
吉本浩二

1973年富山県出身。大学卒業後に就職したテレビ制作会社で、 ADとして1年間働くも、挫折し、漫画家を目指す。 2006年から単行本が発売された『昭和の中坊』(原作・末田雄一郎)で、 昭和(1970年代)の少年たちの実態を生き生きと描き、幅広い読者から支持を集めた。 好評につき後日談『おれたちのラブ・ウォーズ〜その後の昭和の中坊たち〜』も発表。 自身の体験を再現した名品『日本をゆっくり走ってみたよ〜あの娘のために日本一周〜』(2011年)なども含め 「昭和の懐かしく心地よい空気を感じさせる、NHKの朝ドラのような作風」と評される才人である。


取材:尾之上浩司(https://shimirubon.jp/users/1672465
左から平田昌幸「漫画アクション」編集長、吉本浩二先生、...

左から平田昌幸「漫画アクション」編集長、吉本浩二先生、地球のお魚ぽんちゃん先生

――本日は、最新作『ルーザーズ〜日本初の週刊青年漫画誌の誕生〜』の刊行を間近に控えた吉本浩二先生に、代表作『昭和の中坊』の執筆秘話をうかがいます。

同席したのは、長く吉本先生の担当を務め、現在は双葉社「漫画アクション」編集長の平田昌幸氏。
そして学生時代に『昭和の中坊』と遭遇してハマり、後にご自身も漫画家として同じ双葉社から『男子高校生とふれあう方法』でデビューすることになった、美人漫画家の地球のお魚ぽんちゃん先生です。素顔は公表NGというのが極めて残念ですが、かなり欅坂系が入っている、じつにお美しい方です。
今回、編集部からこの座談会を収録したいとのお話が出たのは、どのような事情があったのでしょうか?

「漫画アクション」編集長・平田昌幸氏(以下:編集長)

昨年、本誌が創刊50周年を迎えまして、創刊当時の話を描いた『ルーザーズ』という新作を吉本さんに描いていただいています。その吉本さんの10年前の作品『昭和の中坊』を、当時女子大生だったぽんちゃんが読んでいて、ご自分でも漫画を描くようになり、ツイッターで話題になり、引く手あまたのなかで「漫画アクション」を選んでもらえた、というのは『昭和の中坊』の影響が大きいんですよね。
実際に2人が会うのは、今日が初めてなんですよ。

地球のお魚ぽんちゃん先生(以下:ぽん)

吉本先生にお目にかかれて光栄です。ネットではお顔を拝見していましたが、直には初めてです。

吉本浩二先生(以下:吉本)

(ぽんちゃん以上に緊張していて)あ、はい、そうなんですか……。

――そうなんですよ。吉本先生、緊張してらっしゃいますね。

吉本

女性のファンというのが、ほとんど経験がないんで……。読者は40代以上、50代にかけての男性だと思っていましたから。

激レアな矢島先輩Tシャツを着用し、気合いを入れて対談に...

激レアな矢島先輩Tシャツを着用し、気合いを入れて対談に臨む吉本先生

デビューまで

――大学を卒業されて、テレビの制作会社に就職されて、そこで絵がうまいから漫画家になってみてはどうかと周囲から勧められたのがデビューのきっかけだったんですよね。

吉本

はい。ADになって1年程働いていました。

――社会人になる前から、漫画家を目指そうと思ってらっしゃいましたか?

吉本

昔から憧れはありましたけど、目指そうとまでは……。でもADを1年経験し、人を相手に働くよりも、紙を相手にしたほうが自分に向いているのではないかと考えたんです。

――最初、どんな漫画を描こうと思われたのですか?

吉本

青春漫画ですね。

――描かれてきた作品を追っていくと、生身の人間を描くことにこだわりがあるように思いましたが、特に思い入れが強いキャラクター像はありますか?

吉本

カッコ悪いけど、行動力のある人でしょうかね。自分がそうではないもので。

編集長

日本一周したじゃないですか(笑)。ムチャクチャ行動力ありますよ。

79 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【後編】『昭和の中坊』誕生から次世代へ~中坊生活、昭和から見るか平成から見るか、男性から見るか女性から見るか~

【後編】『昭和の中坊』誕生から次世代へ~中坊生活、昭和から見るか平成から見るか、男性から見るか女性から見るか~

時間の流れが早い。 子供のころはもっとのんびりしていた。馬鹿なことを考える余裕があったと、通勤時間に思うあなた。“あの時代”を懐かしむ漫画から、今回、吉本浩二先生の名作『昭和の中坊』(原作・末田雄一郎)に着目する。また、昭和の漫画界の名物編集長を追う『ルーザーズ~日本初の週刊青年漫画誌の誕生~』もご紹介。吉本先生の漫画への愛情を平成の世に引き継いだ新鋭、地球のお魚ぽんちゃん先生の人となりにも触れたい。さあ、夕焼けの彼方へ旅立とう。
シミルボン | 2,233 view
全日本プロレスの大森隆男選手と東京03の豊本さんのネット番組「ライブ選書」に潜入取材レポート!

全日本プロレスの大森隆男選手と東京03の豊本さんのネット番組「ライブ選書」に潜入取材レポート!

ミドルエッジではお馴染み、もうレギュラーと言っても過言ではない全日本プロレスの大森選手がなんと東京03の豊本さんと本について熱く語るネット番組「ライブ選書」に出演されるということで潜入取材をしてきました。無類の読書好きとして有名な大森選手とプロレスフリークとして有名な豊本さんとのトークは必見です!
かりあげクンが女性化!?スピンオフ作品「かりあげ子チャン」が読み切りで登場!!

かりあげクンが女性化!?スピンオフ作品「かりあげ子チャン」が読み切りで登場!!

双葉社発行の「漫画アクション」17号にて、植田まさしの読み切り「ほんにゃらゴッコ かりあげ子チャン」が掲載されています。この読み切りでは、かりあげクンがなんと女性化!どんな話なのか要注目の内容となってます!
隣人速報 | 1,398 view
『ガンプラり歩き旅』その9 ~ジオンのびっくりどっきりモビルアーマー登場!~

『ガンプラり歩き旅』その9 ~ジオンのびっくりどっきりモビルアーマー登場!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする新企画連載の第9回は、映画版ではその存在を(ほぼ)抹消されたビグロと、劇場版でもメインの活躍のソロモン戦が描かれたビグ・ザムの、ジオンの2大モビル・アーマーのご紹介です!
市川大河 | 8,234 view
『ガンプラり歩き旅』その8 ~ガンダム強化スーパー合体メカ登場!~

『ガンプラり歩き旅』その8 ~ガンダム強化スーパー合体メカ登場!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする新企画連載の第8回は、一時期は、映画版とガンダムメカマニアの間では存在を抹消されていた、テレビ版でのガンダム強化合体スーパーメカ、Gアーマーの登場です!
市川大河 | 8,273 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト