2020年東京オリンピックに向けて!過去のオリンピックを総まとめ。
2019年8月29日 更新

2020年東京オリンピックに向けて!過去のオリンピックを総まとめ。

2020年の東京五輪に向けて一段と機運が高まる昨今。オリンピックをより楽しむために、次回で第32回目を迎えるオリンピックの歴史についてまとめてみます。参加者数や開催地争いなど、改めてみてみると面白いですよ。

1,105 view
2020年、東京で第32回のオリンピックが開催されますね。国を挙げて盛り上げ機運が高まっているなか、これまでのオリンピック(夏季)の歴史を、総まとめしてみます。

第1回 アテネ五輪(ギリシャ:1896年)

参加国 男子選手 女子選手 種目
14 241 0 43
記念すべき近代オリンピックの第1回大会は19世紀末のギリシャ。この大会は男子のみの参加でした。メダル獲得数上位国はアメリカ、ギリシャ、ドイツ。記念すべき男子100mの記録はアメリカのトーマス・バークで12秒0
第1回大会の優勝メダル

第1回大会の優勝メダル

第2回 パリ五輪(フランス:1900年)

参加国 男子選手 女子選手 種目
24 975 22 85
同年に開催されたパリ万博の付属大会として、第2回パリオリンピックが開催されました。メダル獲得数上位国はフランス、アメリカ、イギリス

ボート競技舵手付きペア種目ではオランダチームの舵手だったヘルマナス・ブロックマンが重量オーバーで外され、その代役としてたまたま観客席にいた7歳から10歳くらいと見られるフランス人の少年が飛び入りで参加、チームは優勝しました。この少年はいまだに史上最年少のオリンピック金メダリストの可能性があると推定されています。
フランソワ・ブラント(左)、ルロフ・クレインと身元不詳の少年

フランソワ・ブラント(左)、ルロフ・クレインと身元不詳の少年

第3回 セントルイス五輪(アメリカ:1904年)

参加国 男子選手 女子選手 種目
12 645 6 94
初の北米開催となった第3回は前回同様、同年に開催されたセントルイス万博の付属大会として開催。前回から参加国が半減したのは、折しも日露戦争の勃発による国際関係の緊迫化が原因でした。メダル獲得数上位国はアメリカ、ドイツ、キューバですが、全メダルの8割以上をアメリカが独占するという大会でした。

前代未聞の「キセルマラソン」事件

アメリカのフレッド・ローツが高温と疲労のため20キロ過ぎで道に倒れ、たまたま通りかかった自動車に乗せてもらい競技場に戻ることに。ところが競技場に向かう途中で車がエンストで止まってしまい、そこから再び走り出してゴールするという不正をしました。1着でゴールしたもののゴール直後に車の運転者の告発により即座に不正が発覚し優勝ははく奪、後に「キセルマラソン」事件と呼ばれるようになりました。
セントルイス五輪のポスター

セントルイス五輪のポスター

特別 アテネ五輪(ギリシャ:1906年)

参加国 男子選手 女子選手 種目
21 848 6 78
「特別」と括られるこの大会は第3回と第4回の間で開催されました。当時、近代オリンピック提唱者のクーベルタン男爵はオリンピックは世界各地で順に開催されるべきだと考えていましたが、ギリシャ王のゲオルギオス1世がオリンピックは恒久的にギリシャで開催されるべきとの考えを持っており、通常のオリンピックは4年ごとに世界各地で、その中間年にギリシャで開催することとしました。結局この計画は潰えてしまい、1906年の大会のみが実現することに。メダル獲得数上位国はフランス、アメリカ、ギリシャ

第4回 ロンドン五輪(イギリス:1908年)

参加国 男子選手 女子選手 種目
22 1,971 37 110
第4回は前回までと同様、同年に開催されていた英仏博覧会との同時開催。ただ、本来はローマで開催される予定だったものが、ヴェスヴィオ火山の大噴火によって開催地変更となった経緯があります。この大会からオリンピックの参加が各国のオリンピック委員会を通じて行われるようになり、出場者数は前回大会の3倍に増加しました。メダル獲得数上位国はイギリス、アメリカ、スウェーデン

ドランドの悲劇

マラソンは、国王の住むウィンザー城からシェファードブッシュ競技場の約40kmで行われました。この際、王妃アレクサンドラが、「スタート地点は宮殿の庭で、ゴール地点は競技場のボックス席の前に」と注文したために42.195kmという半端な数字になったとする逸話があります。この大会で最初に競技場に到達したイタリアの選手ドランド・ピエトリはゴール直前で倒れ、役員の助力でゴールしたため失格扱いに。ゴール地点が競技場の入り口からボックス席の前に伸びていることを知らなかったためともいわれ「ドランドの悲劇」とされています。
ドランドの悲劇

ドランドの悲劇

136 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

9/17(火)に東京ポップスオーケストラコンサート開催!東京と音楽の歩みを感じましょう。

9/17(火)に東京ポップスオーケストラコンサート開催!東京と音楽の歩みを感じましょう。

服部克久、渡辺俊幸、千住明、宮川彬良。錚々たる音楽家が揃う東京ポップスオーケストラコンサートでは、日本の音楽業界に影響を与えた1964年東京オリンピック以降の音楽をテーマにビートルズ、バート・バカラック、アメリカンポップス、ザ・ピーナッツの時代をメドレーアレンジしてお届けします。2019年から未来へ向けて、東京から発信する新しいポップスをぜひ聴きに来てください。
2020年東京オリンピック・パラリンピックの記念貨幣のデザインが発表される!過去の記念貨幣と比較してみよう!

2020年東京オリンピック・パラリンピックの記念貨幣のデザインが発表される!過去の記念貨幣と比較してみよう!

財務省がこのたび、2020年の東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会を記念する貨幣のデザインを発表しました。
隣人速報 | 545 view
オリンピックでは、競技と共に思い出の音楽がある!!①

オリンピックでは、競技と共に思い出の音楽がある!!①

今、テレビでは「平昌オリンピックのアイススケート男子で、羽生が金メダル、宇野が銀メダルを獲得した」というニュースで日本中が盛り上がっているようだが、このような盛り上がりに貢献し、弾き立てる音楽も忘れてはならない。例えば、あるオリンピックのテーマ音楽がテレビなどのメディアで流れると、条件反射的にあるスポーツの感動場面が頭の中を過ぎったりするものだ。さて、どのような楽曲があったか懐かしく思い出して見よう!!
【98年】もう20年くらい経ちますね【長野オリンピックの聖火リレー】の色々をふりかえる

【98年】もう20年くらい経ちますね【長野オリンピックの聖火リレー】の色々をふりかえる

1998年、こどもの頃、長野で開催された冬季オリンピックが古い聖火リレーの思い出です。今回は長野五輪の競技ではなく、聖火リレーに絞ってふりかえりたいと思います。
たまさん | 9,818 view
男子バレーの日本代表監督が90年代のスーパーエース・中垣内氏に決定!女子は中田久美氏!

男子バレーの日本代表監督が90年代のスーパーエース・中垣内氏に決定!女子は中田久美氏!

日本バレーボール協会は都内で理事会を開き、次期日本代表監督に男子が元代表ウィングスパイカーでVプレミアリーグ男子堺の中垣内祐一部長(48)、女子が元代表セッターで同女子久光製薬の中田久美監督(51)に選出したと発表した。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト