2017年1月10日 更新

死後の音源発見で話題になり、多くのアーティストにカバーされる大瀧詠一の名曲、「夢で逢えたら」

2013年12月に亡くなった大瀧詠一。死後に発見された、家族しか知らなかったセルフカバーの音源が話題になりましたが、今も多くのアーティストにカバーされ愛されている「夢で逢えたら」について振り返ります。

2,599 view
特にyoutubeで名曲「夢で逢えたら」の大滝詠一さんが作った本家本元のものがあげられていたのですが、
やはりかっこよかったです。
これまでにもいろいろな方が歌ってきたことでも有名な曲です。
個人的にはキンモクセイのバージョンのものはしっていたというか結構お気に入りでしたが、やはり本家がすごいです。
なんというか,歌の間とか、構成とか、やはりばっちりというかこれ以外ないんじゃないかというきすらしてきます。あのフルートの入り方とかもしびれます。

再評価のきっかけとなった鈴木雅之のカバー

1977年のアマチュアバンド・コンテストに、オールディズ・ドゥーワップのグループとして参加し、1980年レコードデビューしたラッツ&スター(デビュー当時はシャネルズ)は、デビュー前から大瀧詠一と交流があり、シングル「Tシャツに口紅」も作曲していますが、ガール・ポップを意識して作った曲を20年後にヒットさせたのは男性グループだったというのも、この作品の普遍性を物語っているかもしれません。

夢で逢えたら 鈴木雅之

幻の音源の発見

2013年の暮れ、テレビのニュース番組で衝撃的なニュースが伝えられます。大瀧詠一の死を告げるものでした。大瀧は自宅で意識を失い、そのまま搬送先の病院で息を引き取ったといいます。意識が戻ることはありませんでした。
その後、遺品の整理をしていたスタッフが、1つの音源を見つけます。それは家族にだけ存在を伝えていた、「夢で逢えたら」のセルフカバーの音源でした。
テレビに出演することがなく、アルバムジャケットにも本人の映像を使うこともなかった大瀧は、セルフカバーもそのままカバーするということはありませんでした。
他のシンガーやグループに提供した作品も、自分が歌う場合はアレンジを加え、編曲せずに録音したものはわずか数曲と言われます。提供する曲は、提供するシンガーのために作った曲という意識が強かったのかもしれません。

Amazon.co.jp: 大滝 詠一 : DEBUT AGAIN(初回生産限定盤) - ミュージック

2,651
[DEBUT AGAIN(初回生産限定盤)] 大滝 詠一 - CD・レコードの購入はオンライン通販アマゾン公式サイトで。お急ぎ便ご利用で当日・翌日にお届け。
テレビに出ることはありませんでしたが、ラジオではその声を聞くことができました。山下達郎の番組でも、年に一度は「新春大放談」と称してゲスト出演し、音楽番組のはずが音楽について語り合う番組になってしまう、という事もファンの間ではお楽しみの一つとされてきました。
大瀧詠一は亡くなってしまいましたが、彼の作った曲はこれからも多くの人々に愛され、歌われていくことでしょう。

大滝詠一 夢で逢えたら

51 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

   

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

関連する記事こんな記事も人気です♪

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする「昭和J-popに酔いしれる!!」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする「昭和J-popに酔いしれる!!」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"で公式プレイリスターとして情報提供しているミドルエッジがお届けする「‘70 ‘80 ‘90 Best」シリーズ!今回はその集大成と言える「昭和J-popに酔いしれる!!」に収録した84曲の一部をライナーノーツ的に紹介します。曲のチョイスは「何故この曲?」なんて堅いことは言いっこなし(笑、有線さながらのバックミュージックに使えて、そして懐かしむミドルエッジの王道を是非ご堪能ください。
Your&My | 11,811 view
R&Bの先導者『鈴木雅之』。ハスキーボイスが繰り出すラブソングに酔わされましたね。

R&Bの先導者『鈴木雅之』。ハスキーボイスが繰り出すラブソングに酔わされましたね。

シャネルズ~ラッツ&スター~ソロシンガーへ。いつの時代もR&Bラブソングを世に送り続けた鈴木雅之。デビュー当時から変わらぬサングラスとヒゲ。こだわりを感じますね。そんな彼の代表曲をご紹介しましょう。
ナベゲン | 3,523 view
大瀧詠一が他人提供した名曲特集「夢で逢えたら」「風立ちぬ」「うなずきマーチ」など

大瀧詠一が他人提供した名曲特集「夢で逢えたら」「風立ちぬ」「うなずきマーチ」など

70年代前半は伝説のバンド「はっぴいえんど」のメンバーとして活躍し、70年代後半以降はソロ・アーティスト活動と共に、音楽プロデューサーとしても辣腕を振るった大瀧詠一。アイドルソングからお笑い芸人へのコミックソングまで、さまざまなタレントたちへ提供された、彼の製作楽曲を振り返っていきます。
こじへい | 433 view
大瀧詠一と内田裕也が激突!70年代に起きた「日本語ロック論争」

大瀧詠一と内田裕也が激突!70年代に起きた「日本語ロック論争」

70年代初頭。ロックンロールという外来の音楽文化を換骨奪胎するにあたり、「日本語で歌うべきか?英語で歌うべきか?」という論争が、日本国内であったのをご存知でしょうか?今回は、そんな内田裕也と大瀧詠一が中心となって巻き起こした「日本語ロック論争」について紹介していきます。
こじへい | 869 view
角川映画のシネマ・コンサート開催決定!「犬神家の一族」「人間の証明」「野生の証明」が大野雄二オーケストラで甦る!!

角川映画のシネマ・コンサート開催決定!「犬神家の一族」「人間の証明」「野生の証明」が大野雄二オーケストラで甦る!!

名作映画を観ながらオーケストラの生演奏で映画音楽を楽しむ「シネマ・コンサート」、昨今人気が高まっています。そんな中、角川映画3作品「犬神家の一族」「人間の証明」「野生の証明」のシネマ・コンサートの開催が決定!!
隣人速報 | 384 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト