2017年1月10日 更新

死後の音源発見で話題になり、多くのアーティストにカバーされる大瀧詠一の名曲、「夢で逢えたら」

2013年12月に亡くなった大瀧詠一。死後に発見された、家族しか知らなかったセルフカバーの音源が話題になりましたが、今も多くのアーティストにカバーされ愛されている「夢で逢えたら」について振り返ります。

1,964 view

「夢で逢えたら」とは

「夢で逢えたら」(ゆめであえたら)は、大瀧詠一が作詞作曲、プロデュースした楽曲。
1976年、吉田美奈子、シリア・ポールが最初に歌っているが、一般的には吉田美奈子の代表曲として知られている。元々はアン・ルイスに書いた楽曲であったが、当時の彼女のスタイルに合わずにボツになる(のちにルイスも英語詞で歌うことになる)。

大瀧詠一について

はっぴいえんど時代

岩手県出身の大瀧詠一は、一度は上京して製鉄会社に就職しましたが、在籍期間3か月で退職してしまいます。早稲田大学第二文学部に入学し、友人からの紹介で細野晴臣と出会い、意気投合します。
その後、1969年に細野晴臣、松本隆、鈴木茂、大瀧詠一の4人ではっぴいえんどを結成しました。
遠藤賢司、岡林信康、加川良などのバックバンドとしても、コンサートやスタジオ録音に参加しましたが、1971年にソロ活動を開始し、1972年にはアルバム「大瀧詠一」を発表しました。
はっぴいえんどのメンバー

はっぴいえんどのメンバー

左から細野春臣、大瀧詠一、鈴木茂、松本隆の4人。活動期間は短かったものの、日本のミュージックシーンに多大な影響を与えました。

はっぴいえんど解散

はっぴいえんどは、活動期間3年、スタジオアルバム3枚、ライブアルバム1枚を発表して、1972年解散します。細野春臣はソロ活動のほか、プロデュース、YMOとしての活動をするようになり、松本隆はムーンライダーズとしての活動のほかに、作詞家、音楽プロデューサーとしても活動後に、作詞家として本格的に活動、「木綿のハンカチーフ」など多くのヒット曲を作っていきます。鈴木茂は、細野晴臣とのキャラメル・ママやティン・パン・アレーとしての活動の後、アレンジャーやセッションミュージシャンとして活動しています。
アルバム「HAPPY END」

アルバム「HAPPY END」

アメリカの有名な音楽プロデューサーであるヴァン・ダイク・パークスを迎えて制作したこのアルバムは、音楽家の間での評価は高かったものの、売上としてはうまくいきませんでした。

CMソングの制作

他のメンバーはそれぞれにソロ活動もしていましたが、大瀧詠一は当時異色だった、CMソングの制作と、若手ミュージシャンのプロデュースを始めました。
三ツ矢サイダーや出前一丁、ハウスプリンなど、数多くのCMソングを制作しており、後にナイアガラ・レーベルで、CMソングのアルバム「NIAGARA CM SPECIAL」を発表しています。
NIAGARA CM SPECIAL

NIAGARA CM SPECIAL

数多くのCMソングを発表している大瀧詠一のNIAGARA CM SPECIALは、再編集され、vol1・vol2・SPECIAL ISSUE・2nd ISSUEなどが発売されています。

ナイアガラ・レーベルの設立

1974年に、プライベートレーベル「ナイアガラ・レーベル」を設立し、エレックレコードと契約します。ナイアガラ・レーベルは大瀧が作詞・作曲・編曲・エンジニア・原盤制作・原盤管理を全て行うレーベルで、1975年にはっぴいえんど解散後初のソロアルバムの「NIAGARA MOON」を発表しました。ラジオ番組「ゴー・ゴー・ナイアガラ」も始まり、ソロ活動に精力的になったころ、エレックレコードの事業縮小により、契約が解除されてしまいました。ナイアガラ・レーベルの所属第1号アーティストは、山下達郎、大貫妙子などのシュガーベイブでした。

吉田美奈子への楽曲提供

1976年、「夢で逢えたら」は、吉田美奈子のアルバムに収録されます。当初はアン・ルイスに書いた曲でしたが、当時のアン・ルイスのスタイルに合わないということで没になります。デモ用の曲を吉田美奈子の関係者が聞き、是非吉田美奈子に歌わせたいと申し込みます。
大瀧は「アン・ルイスに作った曲だから、合わないのではないか」と伝えましたが、アルバムに収録されることになりました。後にアン・ルイスも英語でこの曲をカバーするようになります。
吉田美奈子のアルバム「フラッパー」

吉田美奈子のアルバム「フラッパー」

アルバムに収められた「夢で逢えたら」は、シングルカットの候補にもなりましたが、最終的に別の曲になりました。
シュガーベイブのメンバーとして活動する以前から、大瀧の活動に参加していた山下達郎の協力もあり、ファンキーな16ビート全盛の70年代に、時代遅れとも言われかねない60年代の音作りで、大瀧自身満足のいく作品となった「夢で逢えたら」は、シングルカットの要望もありましたが、実現せず、一般的に知られるところまではいきませんでした。

シリア・ポールの「夢で逢えたら」

大瀧詠一のよき理解者であるプロデューサーの朝妻一郎が、当時ラジオで活動していたシリア・ポールに「夢で逢えたら」をカバーさせることを提案します。
ラジオDJとしての若者への知名度と、60年代ポップスとの相性から考えられたものでしたが、大瀧自身はこれを機会に、ガールズ・ポップに取り組むことを考え、シリア・ポールをナイアガラ・レーベルに招き、大瀧作品とアメリカン・ポップのカバーを組み合わせたアルバム「夢で逢えたら」が完成しました。
シリア・ポールのアルバム「夢で逢えたら」

シリア・ポールのアルバム「夢で逢えたら」

アルバムには、大瀧からの「音楽プロデューサー、フィル・スペクターに捧げたい」のコメントがありました。
出典 ameblo.jp
シリア・ポールの透明感のある声と、60年代ポップス調の曲は、ガール・ポップを意識していたことから、その後、多くの女性シンガーにカバーされることになりますが、大ヒットにまでは至りませんでした。
1996年にラッツ&スターがカバーしたことで、大瀧詠一の「夢で逢えたら」は、改めて評価されることになります。

「夢で逢えたら」をカバーした主なシンガー・グループ

サーカス

男女4人組のコーラスグループ、サーカス

男女4人組のコーラスグループ、サーカス

1978年のアルバム「サーカス1」でカバーしました。

岩崎宏美

「スター誕生」からデビューした岩崎宏美

「スター誕生」からデビューした岩崎宏美

1981年のカバーアルバム「すみれ色の涙から・・・」でカバーしました。

石川ひとみ

プリンプリン物語で声優も務めた石川ひとみ

プリンプリン物語で声優も務めた石川ひとみ

1983年アルバム「キャンパスライブ」でカバーしました。

香坂みゆき

「ママドル」として現在も活躍する香坂みゆき

「ママドル」として現在も活躍する香坂みゆき

1991年アルバム「カントス1」でカバーしました。

桃井かおり

ハリウッド映画にも出演した桃井かおり

ハリウッド映画にも出演した桃井かおり

1994年アルバム「モダンダート」でカバーしました。

ラッツ&スター

デビュー前から大瀧詠一と交流のあったラッツ&スター

デビュー前から大瀧詠一と交流のあったラッツ&スター

1996年にシングル盤とアルバム「BACK TO THE BASIC」でカバーしました。

薬師丸ひろ子

NHK「SONGS」大瀧詠一特集にも出演した薬師丸ひろ子

NHK「SONGS」大瀧詠一特集にも出演した薬師丸ひろ子

2013年アルバム「時の扉」でカバーしました。
薬師丸ひろ子は、映画「探偵物語」の主題歌を歌うことになり、松本隆と大瀧詠一に出会っていますが、この2人に出会ったことで、歌うことの楽しさを知ったと語っています。
この出会いがなければ、歌手薬師丸ひろ子も、朝ドラの鈴鹿ひろ美もなかったかもしれません。

夢で逢えたら 薬師丸ひろ子 作詞・作曲 大瀧詠一

この他にも、鈴木聖美、松崎しげる、アン・ルイスなど、国内外の多くのシンガー・グループに、日本語や外国語でカバーされています。
51 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする「昭和J-popに酔いしれる!!」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする「昭和J-popに酔いしれる!!」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"で公式プレイリスターとして情報提供しているミドルエッジがお届けする「‘70 ‘80 ‘90 Best」シリーズ!今回はその集大成と言える「昭和J-popに酔いしれる!!」に収録した84曲の一部をライナーノーツ的に紹介します。曲のチョイスは「何故この曲?」なんて堅いことは言いっこなし(笑、有線さながらのバックミュージックに使えて、そして懐かしむミドルエッジの王道を是非ご堪能ください。
Your&My | 11,166 view
R&Bの先導者『鈴木雅之』。ハスキーボイスが繰り出すラブソングに酔わされましたね。

R&Bの先導者『鈴木雅之』。ハスキーボイスが繰り出すラブソングに酔わされましたね。

シャネルズ~ラッツ&スター~ソロシンガーへ。いつの時代もR&Bラブソングを世に送り続けた鈴木雅之。デビュー当時から変わらぬサングラスとヒゲ。こだわりを感じますね。そんな彼の代表曲をご紹介しましょう。
ナベゲン | 2,972 view
透明感のある声で独特な世界観を歌う大貫妙子。シュガーベイブ時代からソロとしての現在までを振り返ります。

透明感のある声で独特な世界観を歌う大貫妙子。シュガーベイブ時代からソロとしての現在までを振り返ります。

NHKの「みんなのうた」やCMなどで耳にする、透明感のある声の大貫妙子。山下達郎や村松邦男らとのバンド「シュガー・ベイブ」でデビューし、解散後もソロで活動を続ける大貫妙子の、現在までを振り返ってみました。
ybanzawa | 428 view
グリコ【ポッキー】懐かしCM集めました!!~80年代編~

グリコ【ポッキー】懐かしCM集めました!!~80年代編~

長年親しまれるポッキー。11月11日はポッキーの日になっちゃうほどですね!昔から愛されているポッキーCM【80年代】を振り返ってみました。
ローズリー | 1,005 view
おオシャレ感が半端ない!『夢で逢えたら』歴代オープニング映像

おオシャレ感が半端ない!『夢で逢えたら』歴代オープニング映像

ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、野沢直子、清水ミチコが人気スターとなった伝説の番組『夢で逢えたら』。 サザン・ユニコーン・リンドバーグといった人気アーティストをテーマ曲を起用したオシャレで素敵な歴代オープニング映像をご紹介。
きちんとチキン | 55,234 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト