中日・日本ハムで活躍!「負くっか!!魂」でがんと闘った大島康徳の野球人生
2021年10月7日 更新

中日・日本ハムで活躍!「負くっか!!魂」でがんと闘った大島康徳の野球人生

2021年7月上旬、日本球界に悲しいニュースが流れました。中日ドラゴンズと日本ハムファイターズで内野手・外野手として活躍し、日本ハムでは監督も務めた大島康徳が、がんとの長い闘病の末、この世を去ったのです。ここでは、彼の熱い野球人生を振り返ってみたいと思います。

490 view

高校入学まで野球経験はゼロ!

大島康徳は1950年10月16日、大分県は中津市に生まれました。中学時代はテニスやバレーボールをする一方、相撲部に助っ人として参加するなど、野球とは無縁の日々を送っていましたが、相撲の大会を観に来ていた中津工業高校の監督に惚れ込まれ、スパイクとグラブをプレゼントされたのを機に同校に入学し、野球部に入ります。
エースで四番という活躍をしながらも甲子園出場はかないませんでしたが、1968年夏の大分県大会、対大分商業戦で放った本塁打が、視察に来ていた中日ドラゴンズのスカウトの目に止まります。
 (2307569)

中日時代はミスター赤ヘルと並ぶ本塁打王に!

大島康徳はその年の中日ドラゴンズの入団テストに合格、ドラフト3位で入団します。投手として入団しましたが、当時の監督・水原茂の意向により打者に転向しました。
レギュラー定着まで時間がかかりましたが、1977年にはサードとして定着、翌々年には全試合を通して四番打者として活躍します。
1982年は主にレフトを守り、五番打者としてリーグ優勝に貢献、翌83年には36本の本塁打を放ち、ミスター赤ヘルこと山本浩二と並び、本塁打王に輝いています。

『ミスター赤ヘル』山本浩二 ホームラン動画集

この人と並ぶってすごいですよ。

日ハムでも37歳にしてチームの主軸を担う

大島康徳は、1987年のオフに日本ハムファイターズに交換トレードで移籍します。このときすでに37歳でしたが、チームの力不足もあり、ファーストで起用される機会が増え、主軸として活躍しました。

日本ハム 大島 康徳 史上29人目の3000塁打達成 1988年7月21日 阪急vs日本ハム戦で

めちゃめちゃいい笑顔してます。

通算2000本安打以上でもベストナイン受賞経験なし!

大島康徳は1994年、ついに戦力外通告を受けます。すでに43歳で主に代打起用となってはいたものの、打率3割以上という好成績を挙げていました。しかし、球団の事情をよくわかっていた大島は割とあっさり身を引いています。
ちなみに、大島は現役時代に通算2000本安打以上を記録しているにもかかわらず、一度もベストナインを受賞していません。

引退後はSMAPに野球指導、野球解説者・野球評論家も務める

大島康徳は、現役を引退した年にテレビ東京「愛ラブSMAP!」に出演し、SMAPのメンバーに素振りからトス打撃やフリー打撃などを指導しています。
また、翌95年から99年までは、NHKの野球解説者と東京中日スポーツの野球評論家も務めています。

「瞬間湯沸かし器」と称された日ハム監督時代

大島康徳は2000年から日本ハムの監督を務めましたが、好成績を残せないまま2002年に解任されています。熱血漢で「瞬間湯沸かし器」と言われていましたが、監督としての指導法や所作などには、読売ジャイアンツ監督時代の長嶋茂雄の影響を強く受けていると思われる部分が見られました。憧れの存在だったようですね。

大島康徳監督 拙守の連続に怒り爆発

まあ、大島さんでなくても怒りたくなる試合内容ではあります。

大腸がん公表と闘病生活

大島康徳は2003年から再びNHK野球解説者・東京中日スポーツ野球評論家として活躍していましたが、2017年に自身のブログで、前年にステージ4の大腸がんが判明し手術を受けたが、肝臓に転移していると発表します。
治療は続けながらも通常通りの生活をしており、自身の闘病生活などを書いた著書を発売したり、「週刊ベースボール」に「大島康徳の負くっか!!魂」と題したコラムの連載を続けたりしていました。
がんとの共生法や家族の支えについて、中高年のガン患者と...

がんとの共生法や家族の支えについて、中高年のガン患者とその家族に向けて書かれた一冊。

紙書籍だけでなく電子書籍でも読めますよ。

野球ファンが悲しんだ早すぎる死

23 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【訃報】大島康徳さん5年に及ぶ闘病の末に死去。野球界から悲しみの声が続々と

【訃報】大島康徳さん5年に及ぶ闘病の末に死去。野球界から悲しみの声が続々と

元プロ野球選手で、日本ハムで監督を務めた大島康徳さんが6月30日、大腸がんのため亡くなっていたことが明らかとなりました。70歳でした。
隣人速報 | 1,763 view
【大島康徳】26年間もプロ野球界で活躍、勝負強い打撃が持ち味の天才打者

【大島康徳】26年間もプロ野球界で活躍、勝負強い打撃が持ち味の天才打者

大島康徳は、中日で17年、日ハムで7年、合わせて24年間の現役生活を務めた名選手です。1983年にはホームラン王のタイトルを獲得、1990年には2000本安打を達成しました。勝負強さにも定評があり、1シーズン代打本塁打7本という記録も残しています。現役引退後は評論家をへて2000~02年には日本ハムファイターズの監督も務めました。今回は大島康徳について詳しく見ていきます。
名参謀といわれた森繁和は名将にはなれないのか

名参謀といわれた森繁和は名将にはなれないのか

元プロ野球選手、森繁和さん。多くの球団のコーチを歴任して名参謀と呼ばれましたがいまだ監督としての優勝経験はありません。名参謀は名将にはなりえないのか!?
こうし | 501 view
あまり印象にない?日ハム監督・栗山英樹の現役時代ってどうだった?

あまり印象にない?日ハム監督・栗山英樹の現役時代ってどうだった?

エンゼルス・大谷翔平の活躍によって、にわかに注目を集める日ハム監督・栗山英樹の手腕。選手育成と人心掌握に長けた名伯楽であることは間違いありませんが、彼の現役時代についてはあまり知られていません。そこで今回、栗山監督が栗山選手だった時代を振り返っていきたいと思います!
こじへい | 3,424 view
ビックバン打線?いてまえ打線?80~90年代にニックネームで呼ばれたプロ野球の打線

ビックバン打線?いてまえ打線?80~90年代にニックネームで呼ばれたプロ野球の打線

プロ野球の歴史の中で記憶に残る選手、記憶に残る試合があるように、記憶に残る打線もあるものです。とにかく強力なクリーンナップがいたり、下位打線に強打者が控えていたり、アベレージヒッターをズラリと並べていたり…。そんな個性豊な打線は時として愛称で呼ばれていたりもしました。ということで今回、80~90年代にニックネームで呼ばれたプロ野球の打線を振り返っていきたいと思います!
こじへい | 5,500 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト