2017年8月14日 更新

カール・ルイス「以外」で100m走で輝いた選手、90年代の世界記録上位5選+日本人最速!

80年代から90年代前半にかけて、”史上最速の男”はアメリカの「カール・ルイス」であった。そのルイス「以外」にどんなスプリンターが居たかを振り返ってみたい。”20世紀最速の男”は誰だったか思い出して欲しい。

5,530 view
80年代から90年代前半にかけて、”史上最速の男”はアメリカの「カール・ルイス」であった。
実際に記録にも記憶にも残る選手で、21世紀に入り、アサファ・パウエルやウサイン・ボルトなどのジャマイカ勢が台頭してくるまでは、長らく100m走の代名詞的存在であった。

本稿では、そのルイス「以外」にどんなスプリンターが居たかを振り返ってみたい。
偉大なルイスの記録を大幅に超えた記録が続出。”20世紀最速の男”は誰だったか思い出して欲しい。
カール・ルイス

カール・ルイス

カール・ルイス '91世界陸上 東京大会 男子100m

《第5位》リンフォード・クリスティ(1993年8月15日)【9秒87】

1960年4月2日生まれ。国籍はイギリス(出身はジャマイカ。7歳のときにイギリスに移住)。
身長:189cm、体重:84kg。

《自己ベスト》
100m:9秒87 (1993年)
200m:20秒09 (1988年)
リンフォード・クリスティ

リンフォード・クリスティ

1993年にドイツ・シュトゥットガルトで開かれた世界陸上で記録。
2位のアンドレ・ケーソン(アメリカ)は9秒92、デニス・ミッチェル(アメリカ)は9秒99だった。
このレースにはカール・ルイスも出場しており、記録は10秒02の4位。

クリスティが1位でゴールを駆け抜けると、実況は興奮気味に「ついにルイスの壁を破りました!リンフォード・クリスティ!」と叫ぶように伝えている。続けて「ルイスの神話が終わりを告げました!」とも発している。
ルイスは大会前に32歳となり、”カール・ルイス時代”の終焉がささやかれ始めた時期でもあった。
シュトゥットガルト世界陸上のリンフォード・クリスティ

シュトゥットガルト世界陸上のリンフォード・クリスティ

シュトゥットガルト世界陸上_男子100m決勝

《トリビア》

1988年のソウルオリンピックで、ベン・ジョンソンとカール・ルイスの直接対決が大注目となった。そのレースでクリスティは3位でゴールしている(後にベン・ジョンソンが失格となり、銀メダルへと繰り上げ)。
ベン・ジョンソン

ベン・ジョンソン

ベン・ジョンソン 100m

※1988年ソウルオリンピック100m

《第4位》アト・ボルドン(1998年4月19日)【9秒86】

1973年12月30日生まれ。国籍はトリニダード・トバゴ。
身長:175cm、体重:75kg。

《自己ベスト》
100m : 9秒86 (1998年)
200m : 19秒77 (1997年)
アト・ボルドン

アト・ボルドン

10代の頃にアメリカに移り住み、サッカー選手となっていたが、90年代前半にスプリントの才能を買われ、陸上の世界に。

1992年バルセロナオリンピックではトリニダード・トバゴ代表に選出され、その後の世界ジュニア選手権では100mと200mで優勝を果たしている。

ボルドンの100mの自己ベストは、1998年と1999年に集中している。1998年4月19日に風速+1.8の中、9秒86を出し、その後6月17日、1999年6月16日、1999年7月2日にも同タイムを出している。

シドニーオリンピック 陸上男子 100m決勝

※このレースでボルドンは、9秒99で2着。銀メダルを獲得している。

《トリビア》

100mでは9秒台を28回も記録している。歴代で5位である。
また、オリンピックで4つのメダルを獲得し、「トバゴの弾丸」の異名を持っている。

《第3位》リロイ・バレル(1994年7月6日)【9秒85】

1967年2月21日生まれ。国籍はアメリカ。
身長:183cm、体重:82kg。

《自己ベスト》
100m : 9秒85(1994年)
200m : 20秒12(1992年)
リロイ・バレル(右)とカール・ルイス(左)

リロイ・バレル(右)とカール・ルイス(左)

※画像は「TVガイド 関東版 1991/8/17 - 8/23」表紙:カール・ルイス+リロイ・バレル [世界陸上]
2度も世界記録を出している。
年齢はカール・ルイスよりも6歳下だが、”カール・ルイス時代”とバレルの全盛期はほぼ重なっており、90年代前半を代表するスプリンターとして知られている。

世界記録を初めて出したのは1991年6月14日の9秒90。しかし、この記録は約2ヶ月後の世界陸上100m決勝において、カール・ルイスが9秒86を出した事で破られている。
なお、この時はバレルも自己ベスト(当時)の9秒88をマークし、銀メダルを獲得している。

1994年にアスレティッシマで9秒85を記録し2度目の世界記録を達成した。
カール・ルイスが持っていた9秒86の世界記録を抜いた直...

カール・ルイスが持っていた9秒86の世界記録を抜いた直後のリロイ・バレル

リロイ・バレル Leroy Burrell 100m 9.85 July 6, 1994 世界記録 world record

《トリビア》

ペンシルベニア州で育ち、彼は子供の頃の目の損傷による低い視力に悩まされ、他のスポーツは上手くなかったが、走ることに関しては幼少の頃から優れていた。

シュトゥットガルト世界陸上_男子400mリレー決勝

※バレルはアンカーを務め、独走してゴール。金メダルを獲得。

《第2位》ドノバン・ベイリー(1996年7月27日)【9秒84】

1967年12月16日生まれ。国籍はカナダ。
身長:183cm、体重:83kg。

《自己ベスト》
100m : 9秒84(1996年)
200m : 20秒42(1998年)
ドノバン・ベイリー(1997年)

ドノバン・ベイリー(1997年)

1996年アトランタオリンピックの100m決勝で、9秒84の世界新記録を出して優勝。
しかもスタートの反応時間は一番遅かったにも関わらずである。
序盤は下位に位置していたが、レース中盤から猛烈な追い上げを見せ、最後はトップでゴールした。

さらにこの記録は1968年に100mに電動計時が導入されて以来、初めてアメリカ人選手以外による世界記録更新という快挙でもあった。

また、世界チャンピオン、五輪チャンピオン、世界記録保持者の3つのタイトルを独占。これは、カール・ルイスに次いで2人目の達成となった。
中盤からトップ集団を猛追、最後は力強い走りで優勝したベイリー

中盤からトップ集団を猛追、最後は力強い走りで優勝したベイリー

ドノバン・ベイリー Donovan Bailey 100m 9.84 July 27, 1996 世界記録 world record

《トリビア》

200mと400mの偉大なスプリンターであるマイケル・ジョンソン。90年代の短距離界をカール・ルイスと共に牽引し、1996年には19秒32の世界新記録を出したアメリカのスーパースターがいた。

その彼とベイリーは1997年に「世界最速決定戦」として銘打たれた「150メートル走」対決に出場した。
当時短距離の世界記録保持者同士の対決とあって、大変注目されたが、レース中盤にジョンソンが脚を故障してしまい、ベイリーの圧勝に終わる。レース後に歓喜するベイリーとは対照的に憮然とした表情のジョンソンが印象的だった。
マイケル・ジョンソン

マイケル・ジョンソン

マイケル・ジョンソンvsドノバン・ベイリー 150m対決

《第2位》ブルニー・スリン(1999年8月22日)【9秒84】

68 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「陸上競技界のスーパースター」カール・ルイスを振り返る。

「陸上競技界のスーパースター」カール・ルイスを振り返る。

100mの世界記録はウサイン・ボルトの9秒58。でも私たちにとって、最初に10秒の壁を破った(平地での記録)カール・ルイスの偉大さはいまだに消えないですよね。陸上界のスーパースター、カール・ルイスの足跡を辿りましょう。
青春の握り拳 | 24,499 view
幻の金メダリスト『ベン・ジョンソン』ドーピング事件の陰謀説と引退後の活動について

幻の金メダリスト『ベン・ジョンソン』ドーピング事件の陰謀説と引退後の活動について

オリンピック史上最大の衝撃と言われる1988年ソウルオリンピック陸上100m。ベン・ジョンソンが9秒79の世界新記録で優勝したが、筋肉増強剤の使用が発覚し金メダルを剥奪、記録も抹消された。後に語られたこの事件におけるカール・ルイス陰謀説や、日本のバラエティ番組での活躍、ベン・ジョンソンの現在について徹底紹介。
きちんとチキン | 52,036 view
永遠の憧れはカール・ルイス!1995年、日本人で初めて100m9秒台を体感した男「伊藤喜剛」!!

永遠の憧れはカール・ルイス!1995年、日本人で初めて100m9秒台を体感した男「伊藤喜剛」!!

2017年、日本国内で男子100mは空前の盛り上がりを見せています。夢の9秒台はもうすぐそこ!この日本人9秒台、かつてまだ計測が手動計だった時代に追い風参考ながらも体感した男がいます。「伊藤喜剛」現代とはトレーニング法も異なった20年以上前に、100m9秒台の風を感じた男の半生に迫ります。
【80年代】女子陸上界に「何故か」いまだに残る80年代の世界記録の数々!

【80年代】女子陸上界に「何故か」いまだに残る80年代の世界記録の数々!

日進月歩で進化し続けている陸上競技。ウサイン・ボルトが驚異の9秒58の世界記録を出した時に、盛り上がった方も多いのではないでしょうか。一方、女子の陸上において、80年代に出た世界記録が今でも世界記録のまま残っているケースが多いのをご存知ですか?
長野五輪銅メダリスト・岡崎朋美さんとスケートを楽しむ!富士急ハイランドで教室開催!!

長野五輪銅メダリスト・岡崎朋美さんとスケートを楽しむ!富士急ハイランドで教室開催!!

2月19日(日)にアミューズメントパーク富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)で、冬季五輪のメダリスト・岡崎朋美さんと一緒にアイススケートを楽しめる企画が開催。かつて岡崎さんをスカウトした富士急行スケート部の長田照正元監督(現顧問)も指導に加わる。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト