カール・ルイス「以外」で100m走で輝いた選手、90年代の世界記録上位5選+日本人最速!
2017年8月14日 更新

カール・ルイス「以外」で100m走で輝いた選手、90年代の世界記録上位5選+日本人最速!

80年代から90年代前半にかけて、”史上最速の男”はアメリカの「カール・ルイス」であった。そのルイス「以外」にどんなスプリンターが居たかを振り返ってみたい。”20世紀最速の男”は誰だったか思い出して欲しい。

13,769 view

《第3位》リロイ・バレル(1994年7月6日)【9秒85】

1967年2月21日生まれ。国籍はアメリカ。
身長:183cm、体重:82kg。

《自己ベスト》
100m : 9秒85(1994年)
200m : 20秒12(1992年)
リロイ・バレル(右)とカール・ルイス(左)

リロイ・バレル(右)とカール・ルイス(左)

※画像は「TVガイド 関東版 1991/8/17 - 8/23」表紙:カール・ルイス+リロイ・バレル [世界陸上]
2度も世界記録を出している。
年齢はカール・ルイスよりも6歳下だが、”カール・ルイス時代”とバレルの全盛期はほぼ重なっており、90年代前半を代表するスプリンターとして知られている。

世界記録を初めて出したのは1991年6月14日の9秒90。しかし、この記録は約2ヶ月後の世界陸上100m決勝において、カール・ルイスが9秒86を出した事で破られている。
なお、この時はバレルも自己ベスト(当時)の9秒88をマークし、銀メダルを獲得している。

1994年にアスレティッシマで9秒85を記録し2度目の世界記録を達成した。
カール・ルイスが持っていた9秒86の世界記録を抜いた直...

カール・ルイスが持っていた9秒86の世界記録を抜いた直後のリロイ・バレル

リロイ・バレル Leroy Burrell 100m 9.85 July 6, 1994 世界記録 world record

《トリビア》

ペンシルベニア州で育ち、彼は子供の頃の目の損傷による低い視力に悩まされ、他のスポーツは上手くなかったが、走ることに関しては幼少の頃から優れていた。

シュトゥットガルト世界陸上_男子400mリレー決勝

※バレルはアンカーを務め、独走してゴール。金メダルを獲得。

《第2位》ドノバン・ベイリー(1996年7月27日)【9秒84】

1967年12月16日生まれ。国籍はカナダ。
身長:183cm、体重:83kg。

《自己ベスト》
100m : 9秒84(1996年)
200m : 20秒42(1998年)
ドノバン・ベイリー(1997年)

ドノバン・ベイリー(1997年)

1996年アトランタオリンピックの100m決勝で、9秒84の世界新記録を出して優勝。
しかもスタートの反応時間は一番遅かったにも関わらずである。
序盤は下位に位置していたが、レース中盤から猛烈な追い上げを見せ、最後はトップでゴールした。

さらにこの記録は1968年に100mに電動計時が導入されて以来、初めてアメリカ人選手以外による世界記録更新という快挙でもあった。

また、世界チャンピオン、五輪チャンピオン、世界記録保持者の3つのタイトルを独占。これは、カール・ルイスに次いで2人目の達成となった。
中盤からトップ集団を猛追、最後は力強い走りで優勝したベイリー

中盤からトップ集団を猛追、最後は力強い走りで優勝したベイリー

ドノバン・ベイリー Donovan Bailey 100m 9.84 July 27, 1996 世界記録 world record

《トリビア》

200mと400mの偉大なスプリンターであるマイケル・ジョンソン。90年代の短距離界をカール・ルイスと共に牽引し、1996年には19秒32の世界新記録を出したアメリカのスーパースターがいた。

その彼とベイリーは1997年に「世界最速決定戦」として銘打たれた「150メートル走」対決に出場した。
当時短距離の世界記録保持者同士の対決とあって、大変注目されたが、レース中盤にジョンソンが脚を故障してしまい、ベイリーの圧勝に終わる。レース後に歓喜するベイリーとは対照的に憮然とした表情のジョンソンが印象的だった。
マイケル・ジョンソン

マイケル・ジョンソン

マイケル・ジョンソンvsドノバン・ベイリー 150m対決

《第2位》ブルニー・スリン(1999年8月22日)【9秒84】

68 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「陸上競技界のスーパースター」カール・ルイスを振り返る。

「陸上競技界のスーパースター」カール・ルイスを振り返る。

100mの世界記録はウサイン・ボルトの9秒58。でも私たちにとって、最初に10秒の壁を破った(平地での記録)カール・ルイスの偉大さはいまだに消えないですよね。陸上界のスーパースター、カール・ルイスの足跡を辿りましょう。
青春の握り拳 | 32,183 view
まだ現役!?引退していない日本スポーツ界のレジェンド達

まだ現役!?引退していない日本スポーツ界のレジェンド達

日本のスポーツ界において輝かしい成績をおさめたレジェンド達の中で、今も現役にこだわり、引退を明言していないアスリートを紹介します。
ひで語録 | 1,764 view
幻の金メダリスト『ベン・ジョンソン』ドーピング事件の陰謀説と引退後の活動について

幻の金メダリスト『ベン・ジョンソン』ドーピング事件の陰謀説と引退後の活動について

オリンピック史上最大の衝撃と言われる1988年ソウルオリンピック陸上100m。ベン・ジョンソンが9秒79の世界新記録で優勝したが、筋肉増強剤の使用が発覚し金メダルを剥奪、記録も抹消された。後に語られたこの事件におけるカール・ルイス陰謀説や、日本のバラエティ番組での活躍、ベン・ジョンソンの現在について徹底紹介。
きちんとチキン | 95,541 view
懐かしのスター選手を振り返ろう!日本での競泳の歴史

懐かしのスター選手を振り返ろう!日本での競泳の歴史

オリンピックの競技の中でもメダルが期待されることの多い種目、競泳。日本での競泳の歴史と歴代のスターを振り返ってみました。
saiko | 352 view
1998年「長野オリンピック」まとめ!あの名シーンをもう一度

1998年「長野オリンピック」まとめ!あの名シーンをもう一度

1998年代2月7日から2月22日まで、長野県で開催された20世紀最後の冬季オリンピックを覚えていますか?開会式では、伊藤みどりさんが聖火台に平和の灯を点火し、平和の象徴とされるブルーインパルスが飛行しました。幸運を呼ぶといわれているフクロウをモチーフに大会マスコットも誕生。そして、日本はトータル10個のメダル獲得もするという快挙を成し遂げました。今から24年前の長野オリンピック、当時を遡っていきたいと思います。
あやおよ | 318 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト