2017年5月2日 更新

幻の金メダリスト『ベン・ジョンソン』ドーピング事件の陰謀説と引退後の活動について

オリンピック史上最大の衝撃と言われる1988年ソウルオリンピック陸上100m。ベン・ジョンソンが9秒79の世界新記録で優勝したが、筋肉増強剤の使用が発覚し金メダルを剥奪、記録も抹消された。後に語られたこの事件におけるカール・ルイス陰謀説や、日本のバラエティ番組での活躍、ベン・ジョンソンの現在について徹底紹介。

55,121 view

ソウルオリンピック以前のベン・ジョンソン

1984年、ロサンゼルスオリンピックに出場し、カール・ルイス(アメリカ)が優勝した100mと、4×100mリレーで銅メダルを獲得した。
この時点では目立った存在ではなかったが翌1985年から急激に成績を上げ始める。
ベン・ジョンソン(Ben Johnson)

ベン・ジョンソン(Ben Johnson)

本名:ベンジャミン・シンクレア・"ベン"・ジョンソン
1961年12月30日生まれ、身長178cm
ジャマイカで生まれたが母親がカナダへ移民した4年後に本人も移民し、コーチのチャーリー・フランシスからスカウトを受け、陸上競技のトレーニングを始めた。

写真は1982年頃のベン・ジョンソン。
この時点では筋骨隆々の体では無かった。
1985年にはスイスのヴェルトクラッセチューリッヒ男子100mでカール・ルイスに初めて競り勝ち、1987年の世界選手権男子100mでルイスを破って9秒83の世界新記録(当時)を樹立。
アメリカ陸上界のスーパースター、ルイスのライバルとして広く認知されるようになった。

イタリアのスポーツ用品メーカーmディアドラがスポンサーになり、日本においても当時の共同石油(現ENEOS)のCMに出演するほどの人気であった。

【CM動画】ベン・ジョンソン 共同石油 GP X

終始イーブンペースで走る追い上げ型のカール・ルイスに対し、ベン・ジョンソンは低い姿勢で序盤から最高速を出す「ロケットスタート」を得意としていた。

他の選手と比べ、スタート直前は両手を大きく横に開き、低い姿勢からのスタートをし、スターティングブロックは他の選手に比べ左右のずれがほとんど無く、両足でほぼ同時に踏み出す方式を取っていた。
これらはいずれも人並み外れた上半身の筋肉があってこそなせる業であり、このスタート方式を採用しているトップ選手は非常に希少である。

1988年ソウルオリンピック男子陸上100m決勝で優勝。

それまでのベン・ジョンソンのカール・ルイスとの通算対戦成績は6勝9敗。
だが、直近3年間では勝ち越していた。

迎えた1988年ソウルオリンピックの100m決勝。
スタートから飛び出したべン・ジョンソンは一気に走り抜け、宿敵カール・ルイスを破り、9秒79の驚異的な世界新記録(当時)を樹立して優勝した。

【動画】ベンジョンソン vs カールルイス

1988年ソウルオリンピック決勝
ベン・ジョンソンは「あのレースで90mに到達したとき、大型スクリーンの時計が見えたんだ。9秒ちょうど。このスピードなら誰も追いつけない。だから横を見てスピードを落とした。もし落とさなければ9秒70ぐらいだったんじゃないか。」と語っている。
【画像】圧倒的なスピードで優勝

【画像】圧倒的なスピードで優勝

スタートから猛ダッシュしたベン・ジョンソンを、後半に強いカール・ルイスでもとらえることはできなかった。
【画像】ゴール時のNo1ポーズ

【画像】ゴール時のNo1ポーズ

勝利を確信した瞬間から流しはじめ、ゴール時には人差し指を天に突き上げ、No1であることをアピールした。
【画像】表彰台で握手するベン・ジョンソンとカール・ルイス

【画像】表彰台で握手するベン・ジョンソンとカール・ルイス

カール・ルイスの憮然とした表情が印象的であった。

ドーピングテストで筋肉増強剤が検出され、金メダルと世界新記録を剥奪される

カール・ルイスを破り、世界新記録で金メダル。
オリンピックの報道は、ベン・ジョンソンの活躍一色に染まり、世界一足の速い男の称号を確固たるものにしたかにみえた。

だが栄光は一瞬だった。
競技後のドーピング検査で筋肉増強剤の陽性反応が出て、金メダルと9秒79の世界新記録はあっさりと剥奪されたのだった。

金メダルは2位のカール・ルイスが繰り上げで承継した。
カール・ルイスはそれまでも100m決勝時においても、ベン・ジョンソンが禁止薬物を使用していることを確信していたと語っている。
【画像】ベン・ジョンソンの筋肉

【画像】ベン・ジョンソンの筋肉

100m決勝の実況したNHK羽佐間正雄アナウンサーは「ベン・ジョンソン、筋肉のかたまり」と解説。
陸上選手としては発達しすぎている驚異的な筋肉ボリュームは、関係者のみならず一般人ですらドーピング報道に納得した。
ドーピング発覚後のベン・ジョンソンは、カナダ国内の自宅へ直行。
後日の記者会見で宣誓書を読み上げ、「薬物を故意に使用したことはありません」、「家族、友人、祖国に恥をかかせるようなことしません」と述べた。

ベン・ジョンソンから検出された、スタノゾロールは筋肉増強剤ステロイドの一種。
同じくドーピング検査で陽性になったカナダの女子陸上選手アンジェラ・イサジェンコの証言によると、ジョンソンに投与されたスタノゾロールは動物用の商品(ウィンストロールV)であったという。

国際陸上競技連盟(IAAF)は2年間の競技者資格停止処分を決め、国際オリンピック委員会(IOC)は第2種ブラックリストに登録。
同時にスポンサーのディアドラをはじめ、共同石油のCMも打ち切られた。

剥奪されたベン・ジョンソンの記録は、2002年にティム・モンゴメリ(アメリカ)が9秒78を出すまで幻の記録と呼ばれ、ギネスブックは「薬物の助けを得たにせよ、人類が到達した最速記録」と但し書き付きで彼の記録を掲載していた。
(ティム・モンゴメリも、2005年にスポーツ仲裁裁判所に薬物使用を認定され、引退している。)

1980年代の100m走において9秒7の大台に乗った人類はベン・ジョンソンただ一人。
その後、人類が再び9秒7の大台に乗ったのは1999年のモーリス・グリーンである。

後にドーピングを認めたベン・ジョンソン

ベン・ジョンソンがドーピングに手を出したのは、1985年に女子400mで東ドイツのマリタ・コッホが出した圧倒的な世界記録がきっかけであった。

同じ大会に出場し、その瞬間を目撃していたベン・ジョンソンと、コーチのチャーリー・フランシスはドーピングを確信。
自らもドーピングをおこなうことを決意したという。
マリタ・コッホ(Marita Koch)

マリタ・コッホ(Marita Koch)

1970年代後半から1980年代前半にかけて活躍した、東ドイツの女子陸上競技短距離走選手。
活躍期間の長さと記録の傑出度から、史上最高の女性スプリンターとの呼び声が高い。
女子400mの世界記録保持者で、その記録47秒60は、30年以上経った今もそれに迫る記録すら出ておらず、永遠に破られないとも言われている。
だが、当時の東ドイツは組織的ドーピングが盛んであったため、突出したパフォーマンスを発揮したコッホにも薬物疑惑がつきまとっている。
コーチのチャーリーはドーピングの研究を始めた。
医師をチームに入れてどのくらい薬を使うのがいいかを確認した。

体を回復させるため、もっとトレーニングするために薬を使い始めた。
人間は機械じゃない。痛みも出てくる。
回復を助けるために薬を使い、さらに練習する。私はただ走りたかったし、簡単そうに見せていたが、練習は大変なんだ。

コーチや医師が検査で陽性が出るリスクを心配すればいいことであって、私は考えなかった。
「心配するな。走れ」と言われた私は、練習に集中して走った。
もちろん、選手として「嫌だ」と言うことはできる。
でも世界一になりたい、勝ちたいなら「やります」と言うしかない。
選手は害があると分かっていても手を出してしまうものなんだ。

カール・ルイス陰謀論と、カール・ルイス自身のドーピング疑惑

薬物使用を認めながらも陰謀説を唱えているベン・ジョンソン

ベン・ジョンソンは、「私は長年にわたり薬剤を常用していたが、(検出された)スタノゾロールは使ったことがなかった。私は陰謀に巻き込まれたんだ。」とし、そこに当時のライバルだったカール・ルイスの関与があったかと尋ねられ、「多くは語らないが…関与していた」と答えている。

ソウル五輪の薬物テストの待合室でジョンソンは、ルイスとは「家族同然のつきあい」だったというアメリカの元フットボール選手アンドレ・ジャクソンと一緒にビールを飲んだ際、この人物に薬物を混入されたと主張している。
ジャクソンと2004年にロサンゼルスで出会った際に、先の検査前において錠剤のステロイドを飲料に混入させた旨をジャクソンが告白したとジョンソンは証言している。

この陰謀論に関して、カール・ルイスは自伝「Inside Track(邦題:カール・ルイス―アマチュア神話への挑戦)」のなかで、ジャクソンがジョンソンと一緒にビールを飲んでいたところを見かけていると一部事実を認めたが、この選手がジョンソン氏のビールに薬物を混入したことについては否定。
ルイスのマネージャーも、「カールはベンの陽性反応とは全く無関係だ」と答えている。

ソウル五輪ドーピングセンターのパク・ジョンセ博士も「分析結果によれば少なくとも検査の1週間前まで筋肉増強剤を服用していたはず」と他者によるドリンク等への混入疑惑を否定している。

陰謀の根拠の一つは、カール・ルイスのドーピング陽性は見逃されたこと。

当時は報道されることはなかったが、カール・ルイスはソウル五輪米国代表選考会で3つの薬物検査で陽性と判定されていることを米オリンピック委員会でディレクターをしていた医師が2003年に告発している。
検出されたのはエフェドリン(感冒薬の成分)など。
当時の国際法では出場停止を受けなければならなかったが、最終的に出場を許可されている。

カール・ルイスはこの件に関して、興奮剤を植物性の生薬から知らないうちに摂取したとし、「今は医薬品の薬物検査のリストにさえ載らないようなものだった。最初に検査を始めたとき、それ(禁止物質のリスト)に全てが載せられていたというのが真実だ。運動能力向上剤を摂取したことはないというのが事実だよ。」と主張している。

ベン・ジョンソンは、「なぜルイスがセーフで私がアウトだったか。それは私のスポンサーがイタリアのシューズ会社のディアドラで、ナイキでもアディダスでもなかったからだ。」と述べ、『もしいま、誰か一人だけ殴っていいと言われたら誰を殴りたいか』と問いかけたメディアに対して、「カール・ルイスだ。彼は私と同じこと(ドーピング)をやったはずなのに、私とは正反対の道を行った」と恨みを述べている。

スポンサーによる陰謀論も唱え、「当時ドーピングなんて誰もがやっていた。私は狙われた。私を陸上界から追放すれば、カール・ルイスが優勝する。それによって彼のスポンサーはボロ儲けができる。あの事件には、莫大なカネが絡んでいた」と語っている。
「ディアドラはナイキのような、五輪のNo.1スポンサーにもなれる企業と比べるとはるかに小さい。だが、ソウルの前年('87年)の世界選手権で私がルイスを破って世界新を記録して以来、セールスが飛躍的に伸び、世界一になろうとしていた。それが問題だった。私を犠牲にすることで、ディアドラを引きずり落としたかった誰かがいたというわけさ。それがすべてだ。」と説明した。

ソウルオリンピック後のベン・ジョンソン

2年間の競技者資格停止が解け、ベン・ジョンソンは1991年陸上界に復帰した。

1992年バルセロナ五輪、ベン・ジョンソンは100mのカナダ代表として3度目の五輪出場を果たした。
だが筋肉は細くなり全盛期のスピードはなく、1次予選は10秒55と、32人残った中で20番目。
2次予選は4位で辛くも準決勝に進んだ。

そして準決勝1組に出場したジョンソンは、スタート直後に躓き、10秒70。
ソウルオリンピック幻の金メダリストは準決勝最下位で決勝に進むことすらできなかった。

1992年 バルセロナ五輪 陸上100m準決勝

1993年3月、出場した競技会で再びドーピングで陽性反応が出たため、公式の陸上競技大会から永久追放され、IOCの第1種ブラックリストに登録された。
事実上の引退である。

陸上を引退した後のベン・ジョンソン

プロフットボールやプロ野球への転身も試みたが実らず、コーチやトレーナーとして活動。
リビアのカダフィ大佐の息子やマラドーナなど、他所で受け入れられない『問題児』のコーチも引き受けた。
ディエゴ マラドーナとベン・ジョンソン

ディエゴ マラドーナとベン・ジョンソン

濃すぎる2ショット。
1997年6月、ディエゴ マラドーナはベン・ジョンソンを専属トレーナーに任命するが、その4ヶ月後の10月には引退を表明した…。

世界的な悪役・ベン・ジョンソン、日本では愛され続けている。

ドーピングにより金メダルを獲得した世界的な悪役として、有名になったベン・ジョンソンだが日本ではその判官贔屓の国民性からか「しくじっちゃった」的な軽い感じで許され、映画やテレビのバラエティ番組に多く出演している。

ベン・ジョンソン VS 井手らっきょ 100m対決(1994年頃)

後半の動画は、カール・ルイスVS福澤アナ(1991年頃)

映画『アトランタ・ブギ』(1996年公開)

同じ町内でありながら仲の悪い1丁目と3丁目の住人たちが、私利私欲を賭けて運動会に情熱を燃やす姿を描いた多国籍ナンセンス・コメディ。
ベン・ジョンソンは幻の世界最速男として自身の役で出演している。

【トリビアの泉】ベンジョンソンが追い風を利用したらどの位はやく走れるの?

ベン・ジョンソンが追い風15mで全力疾走すると100mを11秒で走るという結果になった。

【トリビアの泉】ベンジョンソンが催眠術にかかったらどの位はやく走れるの?

ベン・ジョンソンが催眠術にかかり全力疾走すると100mを12秒14で走るという結果になった。
『トリビアの泉』では、他にもベン・ジョンソンにまつわるトリビアとして下記2つを紹介している。

●ベン・ジョンソンが動く歩道を全力疾走すると100m、10.89秒である。
●イタリア旅行中に財布を盗んだ少女を全速力で追いかけたものの、振り切られてしまった。


2010年8月1日、TBS系列「クイズ☆タレント名鑑」の企画で、100mのタイムを計測した。
48歳という年齢の上に体重も100kgと往年の面影はなかったが、予想を上回る11秒50という好タイムを記録した。
【クイズ☆タレント名鑑】松野明美と800m走 対決!

【クイズ☆タレント名鑑】松野明美と800m走 対決!

2011年7月10日
82.5kgに減量して出演。
長距離走選手だった松野明美と800m競争をしたが、もともと短距離走選手ということもあり、最後は松野に大きく突き放されて負けてしまった。
52 件

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

   

関連する記事こんな記事も人気です♪

【フローレンス・ジョイナー】不滅の記録とドーピング疑惑

【フローレンス・ジョイナー】不滅の記録とドーピング疑惑

全ての指にネイルアートをほどこした長い爪、片足だけのレオタード。そして、引き締まった褐色の筋肉美。五輪スプリント界の常識を覆した独創的なファッションで、ロス五輪、ソウル五輪の舞台を疾走したフローレンス・ジョイナーについてその功績と疑惑を振り返る。
きちんとチキン | 132,387 view
カール・ルイス「以外」で100m走で輝いた選手、90年代の世界記録上位5選+日本人最速!

カール・ルイス「以外」で100m走で輝いた選手、90年代の世界記録上位5選+日本人最速!

80年代から90年代前半にかけて、”史上最速の男”はアメリカの「カール・ルイス」であった。そのルイス「以外」にどんなスプリンターが居たかを振り返ってみたい。”20世紀最速の男”は誰だったか思い出して欲しい。
ひで語録 | 6,474 view
トラブル続出1988ソウルオリンピック

トラブル続出1988ソウルオリンピック

2016リオオリンピックは、感動の名シーンを生んだ半面、選手が強盗被害に遭ったと偽証をしたり、プールの色が緑色になったり、選手村のホテルのシャワーが出なかったりなどトラブル続きでもありました。この28年前、1988年韓国のソウルオリンピックも今回同様トラブルの連続でした。
yt-united | 6,150 view
「陸上競技界のスーパースター」カール・ルイスを振り返る。

「陸上競技界のスーパースター」カール・ルイスを振り返る。

100mの世界記録はウサイン・ボルトの9秒58。でも私たちにとって、最初に10秒の壁を破った(平地での記録)カール・ルイスの偉大さはいまだに消えないですよね。陸上界のスーパースター、カール・ルイスの足跡を辿りましょう。
青春の握り拳 | 25,464 view
【80年代】女子陸上界に「何故か」いまだに残る80年代の世界記録の数々!

【80年代】女子陸上界に「何故か」いまだに残る80年代の世界記録の数々!

日進月歩で進化し続けている陸上競技。ウサイン・ボルトが驚異の9秒58の世界記録を出した時に、盛り上がった方も多いのではないでしょうか。一方、女子の陸上において、80年代に出た世界記録が今でも世界記録のまま残っているケースが多いのをご存知ですか?

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト