昭和の香りムンムン!70年代にデビューした、女泣かせの魅惑のムード歌謡グループたち。
2019年3月1日 更新

昭和の香りムンムン!70年代にデビューした、女泣かせの魅惑のムード歌謡グループたち。

ムード歌謡グループは息が長い。一般的には60年代にデビューしたグループの認知度が高いように思われます。彼らは60年代以降、今日でも頑張っているグループが少なくないからでしょう。では70年代には魅惑のグループはデビューしなかったのかといえばそうではありません。女泣かせの、昭和の香りを漂わせたグループがいくつもいます。

826 view

魅惑のムード歌謡

思いっきり昭和の夜を感じさせるムード歌謡。若いファンが付いているかといえば、それはナイように思えますが、かといってこのジャンルは無くなりませんよねぇ。根強いファンが居て日毎夜毎カラオケに興じているのでしょう。
一度はまると抜けられない日本独自の音楽ジャンル、ムード歌謡。その歴史は古く50年代までさかのぼります。ソロもいいですが、その魅力が最大限に発揮されるのはグループ。50年代の代表的なムード歌謡グループといえば、和田弘とマヒナ・スターズですね。
和田弘とマヒナ・スターズ

和田弘とマヒナ・スターズ

ウナセラ・ディ東京
60年代になるとムード歌謡を代表するグループが多数デビューし、ヒット曲を連発しています。ロス・プリモス、ジャッキー吉川とブルー・コメッツ、三浦弘とハニーシックスが1966年デビュー。1967年には鶴岡雅義と東京ロマンチカ、そして1969年、内山田洋とクール・ファイブがデビューしています。ムード歌謡グループにとっては黄金の10年ですね!
それでは70年代はどうか?!70年代にデビューしたムード歌謡グループをピックアップしました。

1971年デビュー 敏いとうとハッピー&ブルー

ハワイアン、ジャズ、ラテンなどの要素を取り入れたムード歌謡は日本独自の音楽ジャンルです。戦後のナイトクラブで生まれ育ちました。70年代に入るとナイトクラブやキャバレーが次々に閉鎖に追い込まれるのと同時にムード歌謡も徐々に衰退していくことになります。70年代はムード歌謡にとって厳しい時代の幕開けとなったんですね。

さて、そんな70年代ですが、1971年に大物ムード歌謡グループがデビューしています。敏いとうとハッピー&ブルーです。
敏いとうとハッピー&ブルー

敏いとうとハッピー&ブルー

わたし祈ってます
後に「ムード歌謡の帝王」の異名を持つようになる敏いとうとハッピー&ブルー。白のスーツがビシッと決まってます!ハッピー&ブルーといえば白のスーツですもんね。初代リードボーカルの森本英夫はソロで「タイガーマスク」の主題歌を歌っていたというナイスなキャリアを持っています。
「わたし祈ってます」、「星降る街角」、「よせばいいのに」など数多くのヒット曲を70年代に放ちました。

よせばいいのに 敏いとうとハッピー&ブルー(1979)

1972年デビュー 平和勝次とダークホース

敏いとうとハッピー&ブルーに比べると現在では認知度は低く小ぶりな印象をうける平和勝次とダークホース。1972年のデビューです。
平和勝次とダークホース

平和勝次とダークホース

宗右衛門町ブルース
活動期間が僅か2年ときては認知度が低いのも致し方ありませんね、そりゃぁね。しかしこの平和勝次とダークホースを侮ってはいけません!デビュー曲の「宗右衛門町ブルース」は200万枚の大ヒットとなっているんですから。

宗右衛門町ブルース 平和勝次とダークホース

う~ん、200万枚も売れた割には地味な曲ですね、「宗右衛門町ブルース」。そうそう、ムード歌謡の歌詞は男性ボーカリストが女言葉で女性の視点から歌うという特徴がありますが、「宗右衛門町ブルース」のように地名を歌った、いわゆるご当地ソングが多く登場します。
これは、ネオン街を舞台とした大人のラブストーリーを描くことが多かったムード歌謡ですが、70年代に入りナイトクラブやキャバレーなど夜の社交場がなくなったことと無関係ではないと思われます。

1975年デビュー 森雄二とサザンクロス

1975年に「さようなら幸せに」でデビューした森雄二とサザンクロス。残念ながらヒットには至りませんでしたが、翌年の「意気地なし」、これが大ヒット!ゴールデンレコード賞を受賞しています。
森雄二とサザンクロス

森雄二とサザンクロス

意気地なし
出典 aucfan.com
更には「足手まとい」がヒットし(これ、タイトルがもう魅惑。最高ですね)代表曲となります。

足手まとい.divx

33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

70年代に安井かずみが作詞を担当した小柳ルミ子の名曲たち

70年代に安井かずみが作詞を担当した小柳ルミ子の名曲たち

70年代、小柳ルミ子はアイドルでした。そして、その当時の安井かずみといえば、アイドルに作詞を提供する超売れっ子。ただ、小柳ルミ子は演歌を歌うんですね。安井かずみと演歌は結びつかない。しかし曲を聴いてみると相性は良かったようですよ。
obladioblada | 458 view
青春の甘酸っぱさを表現させたら右に出る者なし!70年代に発表した あいざき進也のシングル。

青春の甘酸っぱさを表現させたら右に出る者なし!70年代に発表した あいざき進也のシングル。

あいざき進也というと、どうしても二番手というイメージがあり、多くを語られることが少ないように感じます。勿体ない。彼が70年代に発表したシングルは青春の香りがする名曲揃いなんです。
obladioblada | 395 view
絶対的な美人といえる70年代の夏木マリ。その色気はハンパなしっ!です。

絶対的な美人といえる70年代の夏木マリ。その色気はハンパなしっ!です。

1973年の「絹の靴下」でブレイクした夏木マリは、お色気全開!ハンパないほどエロチックだったのですが、なんと、当時まだ21歳!今振り返ってみると、そのエロさ、美しさは驚異的だなぁと改めて思う次第です。
obladioblada | 9,363 view
第1回ミドルエッジクイズナイト(2018.6.16)より、復習クイズ第2弾!

第1回ミドルエッジクイズナイト(2018.6.16)より、復習クイズ第2弾!

第1回ミドルエッジクイズナイト(2018.6.16)より復習クイズを2回に分けてお届けします!第2弾は「歌謡曲」「ヤンキー」から5問ずつ。さあ、満点目指して頑張ってみて下さい!!なお、会場では早押しによる回答問題ですが復習クイズでは3択方式としてあります点、ご了承くださいませ。
1976年の発売以来、いまだにカバーされ続ける名曲「まちぶせ」。実に様々なアーティストが歌っています。

1976年の発売以来、いまだにカバーされ続ける名曲「まちぶせ」。実に様々なアーティストが歌っています。

「まちぶせ」という曲は、なぜ今なお実に様々なアーティストにカバーされ続けているのでしょうか?恋の駆け引きというよりも、思春期の女学生特有の意地の悪さがリアルに歌詞として表現されているからかもしれませんね。思わず共感してしまうのでしょう。さて、果たしてそうなのか?そんな「まちぶせ」を聴き比べてみてください。
obladioblada | 1,132 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト