日本の守護神と言われ続けたGK川口能活の代表歴について振り返る
2020年9月8日 更新

日本の守護神と言われ続けたGK川口能活の代表歴について振り返る

川口能活は、サッカー王国とも言われる静岡県出身。小学4年生からGKを本格的に始め、実力を付けていき、日本を代表とする守護神となりました。ライバルである楢崎正剛選手と競いながら、日本代表のGKとして世界と戦った足跡について振り返ります。

434 view
 (2223262)

川口能活 プロフィール

1975年8月15日生まれ。静岡県富士見市出身。
元プロサッカー選手、現ナショナルトレーニングセンターGKコーチ

【個人データ】
・身長 180cm
・体重 77kg
・ポジション GK
・利き足 右足

【学歴】
1991年 ~ 1993年 静岡市立清水商業高等学校

川口能活 来歴 (高校時代まで)

9歳から富士市内のスポーツ少年団でサッカーを始める。きっかけは、兄の薦めやサッカー漫画の「キャプテン翼」の影響。色んなポジションを経験した後、小学4年生からGKに専念する。

1988年に東海大学第一中学校に入学。在学時、3年連続で全国中学校サッカー大会出場。
2年時・3年時の2度、大会優秀選手に選出。

1991年に清水市立商業高等学校(現静岡市立清水桜が丘高等学校)に入学。 1年生時からレギュラーとして試合に出場していた。 第70回全国高等学校サッカー選手権大会に出場し、3回戦で敗退した。2年生時は、全国大会出場出来ず。

3年生時は、第72回全国高等学校サッカー選手権大会に出場。チームメイトは「 田中誠・小川雅己・佐藤由紀彦・安永聡太郎・鈴木悟」後のJリーガーを多く擁するメンバーで、川口はキャプテンを務めた。予選から準々決勝まで11試合連続無失点を記録。準決勝では、城彰二を擁する鹿児島実業高校と対戦。 試合は2-2でPK戦にもつれ込むが、鹿児島実業4人目の藤崎義孝を川口がセーブして5-4で制した。 決勝戦では前年度王者の長崎県立国見高等学校と対戦し、2-1で勝利。 5年ぶり3回目の選手権優勝を果たした。
https://www.amazon.co.jp/ (2223271)

川口能活 来歴 (Jリーグ加入以降)

1994年、横浜マリノスに加入。日本代表GKだった松永成立のもと、GKとしての技術の向上を目指す。その後、海外移籍(ポーツマスFCとFCノアシェラン)を経験。ライバル楢崎正剛と競いながら、日本を代表とするGKと成長する。2009年以降は、幾度となる怪我をしつつも、JリーグでGKを続ける。2018年、43歳で現役を引退する。

(プロ所属クラブ)
1994年 ~ 2001年10月 横浜マリノス / 横浜F・マリノス
2001年11月 ~ 2003年8月 ポーツマスFC (イングランド)
2003年8月 ~ 2005年  FCノアシェラン (デンマーク)
2005年 ~ 2013年  ジュビロ磐田
2014年 ~ 2015年 FC岐阜
2016年 ~ 2018年 SC相模原
 (2223263)

日本代表歴について振り返る

(日本代表歴)
1995年 ~ 1996年 日本U-23
1997年 ~ 2010年  日本

(U-23)
正GKとして、U-23サッカー日本代表に選出される。アトランタオリンピックの予選から出場し、28年ぶりのオリンピック出場に貢献する。
1996年アトランタオリンピックの日本は、グループリーグを2勝1敗で終え、3位となり決勝トーナメント進出を逃す。しかし、ブラジル相手に1-0と敗北したが、素早い飛び出しと堅い守備で相手の攻撃を凌ぎ、28本にも及ぶシュートを無失点に抑え、GK川口は高評価を得た。

(全日本代表歴)

(1997年)
アトランタオリンピックの活躍から日本代表メンバーとして、初召集される。フランスワールドカップ予選では、スタメン出場。日本の勝利に貢献し、GKとしての地位を確立。

(1998年)
フランスワールドカップ予選に、1人だけフル出場。(AFCプレーオフを経て本戦は初出場した)しかし、日本は予選突破できず、世界との差を感じた大会でした。
同年、GK楢崎正剛が国際Aマッチに初出場。永遠のライバルとのポジション争いが始まる。

(2001年)
FIFAコンフェデレーションカップ2001では、正GKとして出場。準決勝では、激しい雨の中、スーパーセーブを披露した。日本は準優勝でしたが、見事な活躍をする。

(2005年)
FIFAコンフェデレーションカップ2001に、正GKとして出場。

(2006年)
自身の3度目となるワールドカップのメンバーに選出され、全3試合に出場。相手のシュートを何本も止め。他国から高評価を得た。

(2008年)
2010FIFAワールドカップ・アジア3次予選。バーレーン戦で、相手のセンタリングのボールを抱え切れず失点。この試合後から、正GKは楢崎正剛へ。

(2009年~2010)
2009年に右足を負傷。岡田武史代表監督の意向にて、2010FIFAワールドカップの代表メンバーに選出。チームキャプテンの役割を行う。その後、日本代表には選出されず。
https://images-na.ssl-images-amazon.com/ (2223272)

まとめ

U-23としてオリンピックに出場し、その後は、日本代表として世界と戦いました。GKの技術を磨くために海外移籍をし、ライバル楢崎正剛選手と競い合う日々でした。2009年頃から負傷が続くも、2010年のワールドカップではキャプテンとして、日本のチームに貢献しました。その後は、度重なる怪我をしつつ、JリーグでGKを任されていました。2018年、43歳で現役を引退。現在は、ナショナルトレーニングセンターGKコーチに任命。今後は、GKコーチとしての活躍を期待しています。
14 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「サッカーワールドカップに出場するまで43年 チームのエースナンバー「10」を背負ってきた日本の名選手たち」

「サッカーワールドカップに出場するまで43年 チームのエースナンバー「10」を背負ってきた日本の名選手たち」

スポーツにおいて選手の代名詞となりうる存在の背番号。野球のエースナンバーは「18」番ですが、サッカーは「10」番がエースナンバーとされています。1954年スイス大会の予選初参加から1997年にフランス大会で初出場が決まるまで実に43年の長い年月がかかりました。今回はワールドカップに最も近づいたと言われる1980年代半ばから本大会出場が決まるまで背番号10番をつけた日本のエースの中から数人紹介したいと思います。
pepe | 3,790 view
赤いユニフォーム!?サッカー日本代表が「全日本」と呼ばれていた頃、短期間だけ着用された!その頃の成績は?

赤いユニフォーム!?サッカー日本代表が「全日本」と呼ばれていた頃、短期間だけ着用された!その頃の成績は?

「サムライブルー」の愛称で呼ばれ、青色が印象的なサッカー日本代表のユニフォーム。Jリーグ開幕前にサッカー日本代表のカラーが青でなく、「赤い」時代がありました。その頃の成績や着用した選手などにスポットを当てます。
ひで語録 | 4,402 view
サッカーワールドカップに初出場するまで43年 チームをまとめてきた日本の主将たち

サッカーワールドカップに初出場するまで43年 チームをまとめてきた日本の主将たち

今でこそ定着しているサッカー日本代表のワールドカップ出場ですが、1997年に初めて出場権を得るまで実に43年の長い年月がかかりました。今回は日本がワールドカップに出るなんて夢のまた夢と言われていた時代に日本代表の主将を務めチームを牽引しながらも涙を呑んできた闘将たちを数人ピックアップして紹介したいと思います。
pepe | 1,959 view
「外れるのはカズ、三浦カズ」から20年。カズの当日の様子と合宿地から金髪で帰国するまでの空白の足取りを追う

「外れるのはカズ、三浦カズ」から20年。カズの当日の様子と合宿地から金髪で帰国するまでの空白の足取りを追う

1998年6月。サッカー日本代表初のワールドカップ出場となるフランス大会直前。エース・カズ(三浦知良)の代表落ちが話題をさらった。スイス「ニヨンの屈辱」とも言われるカズの落選から、成田空港に金髪で現れるまでの空白の足取りを振り返ってみる。
ひで語録 | 8,782 view
あれから20年・・・1997年11月16日『ジョホールバルの歓喜』に至る激闘史を時間軸に沿って振り返る

あれから20年・・・1997年11月16日『ジョホールバルの歓喜』に至る激闘史を時間軸に沿って振り返る

ワールドカップ出場が夢のまた夢だった時代があった。それはついこないだのようだが、1997年11月16日の『ジョホールバルの歓喜』から20年が経つ。サッカー日本代表の1997年アジア最終予選を時間軸に沿って振り返ってみる。
ひで語録 | 3,718 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト