【1980年代の家庭用ゲーム機】コンピュータゲーム黄金期だった1980年代を年表形式で懐かしく振り返ってみる。
2020年2月3日 更新

【1980年代の家庭用ゲーム機】コンピュータゲーム黄金期だった1980年代を年表形式で懐かしく振り返ってみる。

LSIゲーム、ゲーム&ウォッチからカセットビジョン、ファミコンを経てPCエンジン、メガドライブ、そしてゲームボーイまで。家庭用ゲーム機の幕開けであり、また黄金期でもあった1980年代を年表形式で駆け足で振り返ってきましょう。

166,662 view
アーケードゲームからの移植で話題となった「ドンキーコング」が史上最多売り上げを記録。
後のファミコンにも採用され、任天堂躍進の原動力とも言われた十字キーが初めて登場しました。
ドンキーコング

ドンキーコング

後発のファミコンのフォーマットとも言うべき非常に優れた操作性を実現していました。

1983年

任天堂がファミリーコンピュータを発売!

当初は「アーケードゲームを家庭で」といった性格が色濃かったものの、その後多くのサードパーティーが参入し、年々独自性を高めていきました。
1990年に後継のスーパーファミコンに世代交代しましたが、まさに1980年代家庭用ゲーム機の王座に君臨していました。
ファミリーコンピュータ

ファミリーコンピュータ

全世界累計でなんと6000万台以上ものセールスを記録した「ファミコン」。
周辺機器も実に数多く発売されました。
マリオブラザーズ

マリオブラザーズ

「ドンキーコング」で活躍したマリオとその弟ルイージを主人公としたマリオシリーズの処女作。
2人同時プレイが当時の子供たちをくぎ付けにしました。

本格ゲームパソコンMSX登場!

マイクロソフトとアスキーによって提唱された共通規格。
東芝、富士通、シャープなど多くの国内メーカーが参画しましたが子供たちにはやや敷居が高く、ファミコンの対抗馬とまではなりませんでした。
MSX

MSX

以降「MSX2」「MSX2+」「MSXturboR」と独自の発展をみせました。

1984年

ファミコンに初のサードパーティーが参戦!

ファミコンのブレイクを受けて、国内ソフトメーカーが続々と市場に参戦。
その第1弾となったのは後に高橋名人を生むハドソンですが、ほぼ時を同じくしてナムコやタイトー、コナミといったアーケード発のゲームメーカーも名を連ね、凌ぎを削り合いました。
74 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • バーボン 2021/2/3 05:06

    カセットビジョン ゲーム電卓
    ゲームウォッチ ファミコン 
    ゲームボーイ ゲームギア
    ディスクシステム PCエンジン
    スーパーファミコン プレステ 
    プレステ2 で自分は打ち止め。
    子供にはDS 3DS
    Wiiは仕事先の忘年会のビンゴ大会で
    貰ったが封も開けずに物置きに眠っている。
    今はスマホのアプリやYouTubeの実況プレイでお腹いっぱい。

    ファミコン渡り鳥 2020/2/4 10:45

    我が家にはファミコンがなかったから、放課後はファミコン持ってる友達の家でよくやらせてもらったな。
    当時はファミコン持ってない奴は相手にされないぐらいだったけどな。

    セガマニア 2017/11/19 18:42

    ああ、83年7月にもしファミコンを買っていたら…^^;

    すべてのコメントを見る (3)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【全11機種のレトロゲームに対応】レトロゲーム互換機「レトロフリーク」が人気!

【全11機種のレトロゲームに対応】レトロゲーム互換機「レトロフリーク」が人気!

昔、どのゲーム機持ってるかって友達関係においても重要な要素でしたよね。ファミコンなのかセガなのか。はたまたスーファミなのかPCエンジンなのかメガドライブなのか。それによってゲーム交換出来る枠が決まっていたんです。そんな時代からは考えられない夢のマシン「レトロフリーク」が人気!全11機種のゲームを全て操れるというモンスターマシンなんです!!
青春の握り拳 | 36,234 view
【1987年のテレビゲーム】コンピュータゲームが大きく発展した1980年代を、ファミコンを中心に1年ごとに丁寧に振り返る。

【1987年のテレビゲーム】コンピュータゲームが大きく発展した1980年代を、ファミコンを中心に1年ごとに丁寧に振り返る。

【1987年のテレビゲーム】1980年代に幼少期から青春時代を生きた私たちは、家庭用ゲーム期黄金世代と呼ばれる世代です。1983年のファミコン登場以降、家庭用ゲーム機が遊びの主流へと駆け上がる中で、私たちは「外遊び」「家遊び」「勉強」を巧みに使い分けながら、ファミコンを中心とした家庭用ゲーム機の進化を肌で味わってきたといえるでしょう。そんな1980年代を1年ごとに振り返る、今回は1987年について振り返ってみます。
青春の握り拳 | 42,830 view
任天堂歴代のゲーム機が一堂に会する、Nintendo NYはニューヨークの人気スポット!

任天堂歴代のゲーム機が一堂に会する、Nintendo NYはニューヨークの人気スポット!

季節外れの夏休みを縁あってニューヨークで満喫中の中年寝太郎がお届けする「ニューヨークで見かけた懐かしモノ発見」。ニューヨークでも大人気の任天堂ショップ「Nintendo NY」に行ってみました!
一番使いやすかったのは?20世紀を彩った家庭用ゲームマシンのコントローラーを振り返る。

一番使いやすかったのは?20世紀を彩った家庭用ゲームマシンのコントローラーを振り返る。

私たちの多くがお世話になった家庭用ゲーム機。「一日1時間まで!」なんてルールを遵守しつつ、私たちは必死でテレビの画面と戦っていましたね。テレビがあってゲーム機本体があって。そこからコードで繋がれた「コントローラー」を握りしめてゲームに耽ったあの頃。私たちが握りしめていてコントローラー、どんな形状が使いやすかった??
ゲームの世界観を広げてくれるBGM、ゲームサウンド(音源)の歴史と代表的なゲームを振り返る。

ゲームの世界観を広げてくれるBGM、ゲームサウンド(音源)の歴史と代表的なゲームを振り返る。

ファミコンなら”ブピブピ”、FM音源なら”ギュイーン”。ゲームサウンドには音源ごとの特徴や代表的なゲームがあり、私たちはいまでもそれらのBGMを憶えていたりするものです。そんなゲームサウンドの歴史、名曲と呼ばれたゲームを振り返っていきましょう。
青春の握り拳 | 19,362 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト