稲葉浩志がB'zと並行して行うソロ活動、1998年から2016年にかけてリリースされたシングル5作品をご紹介。
2016年10月4日 更新

稲葉浩志がB'zと並行して行うソロ活動、1998年から2016年にかけてリリースされたシングル5作品をご紹介。

日本の音楽界を代表する音楽ユニット「B'z」の作詞、ボーカルを務める稲葉浩志。その伸びやかなハイトーンは彼の圧倒的な肺活量の賜物。作曲を担当する松本孝弘と紡ぎあげるB'zの世界観以外にも、彼がソロでリリースする作品では一味違った世界観をそのボーカルで表現しています。ソロ作品リリース時に一番近い時期のB'zとしてのシングルも併記してご紹介しましょう。

4,678 view

1988年、B'zとしてデビューした稲葉浩志

1988年9月21日、「だからその手を離して」でB'zとしてのデビューを果たした稲葉浩志。
1990年リリースの5thシングル「太陽のKomachi Angel」が初のオリコンチャート1位を獲得してブレイクします。
デビュー当初のデジタルサウンドから次第にロック色の強いにサウンドへと変化していったB'z。
特にデビュー5年目あたりから、その傾向が顕著になっていきました。
そのころにはすでに、日本を代表する人気アーティストへの成長を遂げていたB'z。
そんななかで、稲葉浩志がソロ活動を始めたのは1997年1月29日、初のソロアルバム「マグマ」のリリースから。

その翌年、デビュー10年で初のソロシングル作品をリリースします。

1998年12月16日 1stシングル「遠くまで」

表題曲「遠くまで」と「CHAIN」「Not Too Late」収録

「遠くまで」が表題曲であるものの本人曰く「気持ちはトリプルA面」。
表題曲をどれにするのか迷ったようで「(表題曲を決めるのが大変だから)もうシングルはやりたくない。」とまで発言していたそう。

この時の経験が2ndシングル「KI」の形式に繋がることに。

稲葉浩志 / 遠くまで

「遠くまで」は、稲葉本人のコンセプトを反映させており、草木が生い茂る森の中を、稲葉本人がかがみながら縫う様に進む姿から、ニューヨークを歩く様子へと変化し、カメラワークは、稲葉を中心として円を描く動きに変わり、次第に稲葉の周囲にいるニューヨークの人々が、吸血鬼や動物に変化している様に稲葉には見えているという設定で、周りを気にしながら生きているという、詞の内容をイメージさせる映像となっている。
この前後で、B'zがリリースしたシングルには

1998年7月8日 HOME
1999年6月9日 ギリギリchop

が、あります。

1998年7月8日 HOME

B'z / HOME

1999年6月9日 ギリギリchop

B'z / ギリギリchop

2003年6月11日 2ndシングル「KI」

「AKATSUKI」「静かな雨」「I'm on fire」収録

1stシングルから実に5年近くの月日が経ってからの2nsシングルとなりました。
当初「AKATSUKI」を表題曲に予定するものの「すべて平等で聴いてもらいたい」という意向によってタイトルは「KI」に。
由来には稲葉のイニシャル、敬愛、タイアップであったK-1がかかっているそう。

稲葉浩志 / AKATSUKI

54 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

B'zを代表する定番クリスマスソング「いつかのメリークリスマス」と、コンセプトアルバム「FRIENDS」

B'zを代表する定番クリスマスソング「いつかのメリークリスマス」と、コンセプトアルバム「FRIENDS」

世代を超えて支持されるクリスマスソングといえばB'zの「いつかのメリークリスマス」。1992年にリリースされたこの曲はシングルでない(コンセプトアルバム「FRIENDS」に収録)にもかかわらず、B'zを代表するバラード曲として定着。20年前に恋人と車中で聴いていたなんて方も多いのではないでしょうか。
青春の握り拳 | 5,845 view
B’zのアルバム”The 7th Blues”は彼らの音楽姿勢における大きなターニングポイントとなった。

B’zのアルバム”The 7th Blues”は彼らの音楽姿勢における大きなターニングポイントとなった。

B’zを語るには実に様々な切り口があろうかと思います。私は主に90年代、B’zの熱烈なファンでした。そんな私にとって「The 7th Blues」は衝撃的かつB’zが猛烈に好きになるきっかけとなったアルバムでした。
青春の握り拳 | 24,150 view
B'zの松本と稲葉、新ソロプロジェクトを始動!!2017年にそれぞれのコラボツアーを開催!!

B'zの松本と稲葉、新ソロプロジェクトを始動!!2017年にそれぞれのコラボツアーを開催!!

B'zの松本孝弘と稲葉浩志が、新たなソロプロジェクトを始動させることがわかった。松本はハワイ出身のマルチミュージシャンであるDaniel Ho(ダニエル・ホー)、稲葉はギタリストのStevie Salas(スティーヴィー・サラス)と、2017年にそれぞれのコラボレーションツアーを開催予定だ。
red | 1,017 view
【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 136,520 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 120,460 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト