大山倍達の真実   Truth of  God Hand
2017年6月26日 更新

大山倍達の真実 Truth of God Hand

空手バカ一代とい漫画で、初めて知った実在の男:大山倍達。 日韓併合、朝鮮半島分断、戦後という特殊な事情から彼の素性はすり替えられた部分もあった。 最近になって、それらが明らかにされ、クリアになってきた。 しかしいくらクリアになっても、変わらなかったのは、大山倍達という人の圧倒的な強さと人間的魅力だった。

26,362 view

正義なき力は圧倒なり、力なき正義は無能なり

 (1874113)

大山倍達は、現在の大韓民国(韓国)、全羅北道(チヨルラブクド)金堤郡(キムジエグン)龍池面伏龍里(ヨンジミヨンワリヨンニ)で生まれた。
当時、朝鮮半島は、日韓併合によって、まるで沖縄や北海道のように日本の一部となり、その統治下にあった。
大山倍達の生家は大きな農家だった。
その農場で働いていた人の中にボクシング経験者がいて、小学校に入ったばかりの大山倍達はその肉体に憧れ、その指導を受け、毎日、サンドバッグを叩き、シャドーボクシングをした。
普段は、たくさんの子分を従えるガキ大将だった
しかし弱い者いじめや卑怯なこと、自分の正義に背くことはしない心優しい少年だった。
小学5年生になると、普段受けていた日本の軍事教育や『ナポレオン』や『ビスマルク』の伝記を読んで、軍人になることを夢みた。
中学校は地元を離れ、1人暮らしをしてソウルの中学校に入った。
そして学校の近くにあったYMCAで本格的にボクシングを習い始めた。
数ヵ月後に行われた市民大会のウェルター級で15歳の大山倍達は優勝した。
また吉川英治の『宮本武蔵』を読んで、欲望を断ち切りひたすら武の道を追求する生き様や、ブレーズ・パスカルの哲学書『パンセ』の「正義なき力は圧倒なり、力なき正義は無能なり」という一文に心打たれた。
 (1881205)

ある日、ソウル市内を流れる漢江(ハンガン)沿いをランニングしていていると、ボール遊びをしている女学生のグループに、数人の男がいやがらせをはじめた。
大山倍達はすぐに男たちを追い払った。
数日後、ボクシングの試合で勝利した後、女性に花束を渡された。
ボール遊びをしていた女学生の1人だった。
2人は、その後何度がデートをした。
しかしこの女性には婚約者がいた
その婚約者は日本人だった。
大山倍達と女性が逢っていることを知った彼は怒り、仲間を引き連れ大山倍達の下宿先に乗り込んだ。
そして乱闘となった。
これが警察沙汰になり、大山倍達は学校は退学処分となり、両親からも勘当された。
 (1881222)

密航

前列左から澤井健一、大山倍達、曺寧柱、牛島辰熊
大山倍達は、兄が留学していた日本行きを決意する。
まず釜山に行き、数ヶ月間、兄の婚約者の兄が経営する製紙工場で働き、準備した。
大山倍達が日本へ行く方法は密航しかなかった。
密航の準備期間中に、大山倍達は、後に空手の師となる曺寧柱と出会った。
曺寧柱は、中学生の頃から朝鮮独立運動に参加し、朝鮮独立のためには共産主義しかないと当時、共産主義運動が盛んだった京都大学に留学した。
共産主義の京都大学の教授の不当解雇にデモが起こり、これに参加し、京都大学を退学。
立命館に入った
やがて共産主義に失望し、アジアが一致団結し、いつか来るアメリカとの最終決戦に備えるべき-という東亜連盟に共感し、その運動に身を投じるようになった。
また、すでにボクシングとウエイトトレーニングを経験していたが、来日後、空手を学び、すぐに関西随一の実力者となった。
釜山で行われた講演会で、曺寧柱は民族協和を訴えたが、大山倍達は話よりもその鍛えられた肉体に魅かれた。
講演後、自分から近づき話をした。
そして曺寧柱の突きは、ボクシングのパンチとは違った。
その蹴りは、背丈以上の高さに達した。
大山倍達は、もうすぐ日本へ行くことを告げ、再会の約束をした
そしてやがて、釜山港から下関へいく船に乗った。
下関に上陸後、兄のいる東京に行きたかったが、警察の目を考え曺寧柱のいる京都へ向かった。
そして東亜連盟の寮に住み、毎日、曺寧柱から空手を習った。
数か月後、大山倍達は、軍人になるという夢を曺寧柱に相談した。
京都大学を中退し立命館に学んだ曺寧柱はその想いを理解した。
しかしその年度の陸軍士官学校の受験はすでに終わっていたし、大山倍達は中学を中途退学していたので、まず山梨県の飛行機の整備技術を教える学校を卒業し、改めて士官学校に入ることを薦めた。
日本航空高等学校

日本航空高等学校

こうして18歳の大山倍達は、山梨の航空学校に入学し寮に入った。
親からは絶縁され、3人の兄は戦争を危惧してすでに帰国していたため、お金を得るため、授業の後に輪タク(自転車タクシー)のアルバイトに出た。
そしてたまに夜の街に出て、不良やヤクザにケンカを売ってお金を巻き上げた。
そうやって3年間、陸軍士官学校に入学するために勉強と京都で学んだ空手の稽古を続けた。
しかし陸軍士官学校の試験は不合格となり、軍人になるという夢は破れた。
大山倍達は京都に戻ろうと思ったが、頼りの曺寧柱は、治安維持法違反の容疑で拘置所に収監されていた。
そこで東亜連盟の先生を頼って東京に向かった。
東京都議会議員に立候補するという先生の自宅に書生として居候しながら、ポスター貼りや接待、ボディガードなどの仕事をした。
そして松濤館に通い、空手の稽古を行った。
8か月後には初段となった。
異例のスピード昇段だった。
韓国での戦時徴用裁判「国際社会は日本に味方するだろう」との意見も (1881209)

第2次世界大戦中、やがて日本軍の敗色が濃くなってくると、徴兵、徴用は拡大し、大山倍達も千葉県館山に徴用工として配属された。
そして1945年8月15日の終戦も千葉県で迎えた。
終戦は36年間日本に支配された朝鮮半島が解放された日でもあった。
(やがて朝鮮半島はその南北をソ連とアメリカが分割統治したことで北朝鮮と韓国という2つの国に分断される。)
アメリカの圧倒的な軍事力に叩きのめされた日本に進駐してきたGHQは、自らを含む戦勝国民を第1国人、敗戦国民(日本人)を第2国人、(朝鮮人を含む)戦勝国民でも敗戦国民でもない人を第3国人とした。
第1国人は、第2国人に対しても、第3国人に対しても強かった。
第2国人は、第1国人に対しても、また第3国人に対しても弱かった。
第3国人は、第1国人には弱かったが、第3国人には強かった。
一部の在日朝鮮人は、それまで日本から受けてきた屈辱感や不満を一気に爆発させた。
その特殊な治外法権下で、堂々と暴力、不法占拠、略奪などを行う者もいた。
そして闇市の縄張り争いなどで日本人ヤクザと争い、QHQの取り締まりにも抗った。
大山倍達も仲間と共にあちこちの軍事施設から食料や物資を奪い闇市に流して現金を得た。

民族紛争

 (1881210)

出典 ameblo.jp
また在日朝鮮人は、同胞同士民でも抗争を行った。
共産主義国家樹立を求める「朝連(在日朝鮮人連盟)」と、民主主義による朝鮮の建国を目指す「建青(在日朝鮮建国促進青年同盟)」に分かれたのである。
大山倍達は、建青の千葉県館山支部のリーダー格だった。
大山倍達はメンバーを空手で鍛えた。
それは寸止めや型の空手ではなく、武器や対多人数など、さまざまな実戦を想定したものだった。
実際、大山倍達の最初の戦いは、150人の朝連と50名ほどの建青の戦いだった。
その強さは異様で、次々に相手を殴り倒し、数十名に重傷を負わせた。
その後も、5人で20人と戦ったり、1人で7、8人を相手にしたりした。
あるとき5人を叩いてのばした後、右手の親指が痛いのでみてみると相手の歯が刺さっていた。
また大山倍達の左腕には、何本も傷跡があった。
彼の必勝パターンは、左腕で相手の攻撃を受け、右拳を叩き込むというものだったためである。
そのため左前腕にベルトを巻いて戦うこともあった。
右顎と唇の間にも傷跡があった。
顎を短刀で刺され、刃先は歯ぐきを突き抜け口の中にあったが、大山倍達はそのまま戦い続けたという。
大山倍達のそういった活動は関東全域、また関西にも及び、「空手の大山」と恐れられた。
 (1881211)

建青は、東京の青山にあった旧日本陸軍大学を許可を得ず不法に占拠し本部とした。
そしてGHQや旧日本軍から手に入れた物資を闇市で売ったり、歌やスポーツイベントを催し資金を稼いだ。
ある歌謡ショーを催したとき、客として来ていた米兵が、日本人女性の肩に手を回して話しかけ始めた。
女性は恐怖で動けなかった。
警備をしていた大山倍達は部下をやってやめさせようとしたが、米兵はまったく相手にしなかった。
怒った大山倍達は、走っていってその米兵の顔面に突きを入れた。
すると仲間の米兵がかかってきたので、これにも突きや蹴りを叩きこんだ。
すると警備に当たっていた米兵が集まってきたため、建青と米兵の大乱闘になった。
ショーは中断され、客は逃げ出した。
結局、大山倍達らは捕まり留置場に入れられた。
大山倍達 (1881215)

留置場から胸を張って出てくる大山倍達をみて、危険なものを感じた曺寧柱は、大山倍達を抗争から遠ざけるために岐阜の東亜連盟の先生宅に入れた。
しかし師の心を知らない大山倍達は栃木から各地に飛んで建青の活動に参加した。
内心、敵の襲撃を期待しながら・・・
そしてある集会で朝連から殴り込みを受け、乱闘の先頭に立って相手を潰していった。
しかし大山倍達は、栃木で先生の手伝いやその他の活動がどんな忙しくても、毎日数時間の空手の稽古だけは欠かさなかった。
83 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

角田信朗  冷徹なリングでモロに感情を露出させる愛と涙と感動のファイター!

角田信朗 冷徹なリングでモロに感情を露出させる愛と涙と感動のファイター!

K-1や空手のトーナメントでの優勝経験ナシ。 なのに正道会館の最高師範代であり、メディアへの露出度も多い。 特筆すべきは彼の試合は、その人間性や感情があふれ出てしまうこと。 これは選手としても、レフリーとしてもそうで、インテリとむき出しの感情を併せ持つ愛と涙と感動の浪花男なのである。 最近、ダウンタウンの松本人志との騒動が話題になり、角田信朗の人間性を批判する人もいるが、私はその批判している人の人間性を疑っています。
RAOH | 6,230 view
芦原英幸 「ケンカ買わない?」とケンカを売り「それ空手?」と道場破り「アンタ「牛殺しの大山」といわれちょるんでしょ」と大山倍達にさえケンカを売った恐怖の男

芦原英幸 「ケンカ買わない?」とケンカを売り「それ空手?」と道場破り「アンタ「牛殺しの大山」といわれちょるんでしょ」と大山倍達にさえケンカを売った恐怖の男

その強さは、猛者ぞろいだった初期の極真空手の中でも飛び出た存在。 真正面から打ち合うのではなく、一歩後ろ、一歩サイド、相手の技が届かないところから、いかに自分の技を届かせるかという空手。 そして決して負けることを許さない強烈な闘争本能。 道場の外でもヤクザ相手のストリートファイトや道場破りで名を売り恐れられた。 陰湿なこと、卑怯なことを嫌い、そのために多くの戦いを挑んだが、その中には師:大山倍達さえいた。
RAOH | 41,743 view
佐竹雅昭  生涯一空手家 永遠の空手バカ

佐竹雅昭 生涯一空手家 永遠の空手バカ

あくまで最強の男を目指し、「闘志天翔」というテーマと、「1位.夢、2位.健康、3位.お金」という人生価値観を実践し続ける男。 空手を武器に総合格闘技のリングにも立った空手バカ一代男は、90年代の格闘技ブームの立役者となった。 批判されることもあるけど、ほんとうに強いし、ほんとうにナイスガイ。 間違いなく格闘技ヒーローである。
RAOH | 26,050 view
黒澤浩樹  圧倒的な空手家  驚異の下段回し蹴り 格闘マシン  ニホンオオカミ 反骨の戦士

黒澤浩樹 圧倒的な空手家 驚異の下段回し蹴り 格闘マシン ニホンオオカミ 反骨の戦士

他の一切を拒否し「最強」を目指すことのみに生きた男。 敵の脚と心をへし折る下段回し蹴り(ローキック)。 ルール化された極真空手の試合においても、ポイント稼ぎや体重判定、試割判定で無視し、倒すこと、大きなダメージを与えることを目指す姿は、まさに孤高のニホンオオカミ。 また指が脱臼し,皮だけでぶら下がっている状態になったり、膝の靱帯が断裂しグラグラになっても、絶対に自ら戦いをやめない格闘マシン。 総合格闘技やキックボクシング(K-1)への挑戦し戦い続けた反骨の戦士。 黒澤浩紀は、最期まで退くことを知らず死んでいった。
RAOH | 8,379 view
【空手家】八巻建志(前編) ~それはふざけた兄が入れたソリコミから始まった~

【空手家】八巻建志(前編) ~それはふざけた兄が入れたソリコミから始まった~

その肉体、その身体能力、その空手は圧倒的。極真空手の全日本大会と世界大会で優勝。100人組手という荒行も達成した。しかしその格闘技を始めたきっかけは、兄がふざけて入れた剃り込み、そしてイジメに対する報復だった。
RAOH | 19,507 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト