ユーミンが19年ぶり荒井由実名義でライブ出演!荒井由美時代を写真と動画で振り返る
2015年9月17日 更新

ユーミンが19年ぶり荒井由実名義でライブ出演!荒井由美時代を写真と動画で振り返る

松任谷由実が19年ぶりに荒井由実として活動。音楽イベント「ALFA MUSIC LIVE」に出演する

3,616 view

松任谷由実が19年ぶりに荒井由実としてステージに立つ

シンガー・ソングライター、松任谷由実(61)が19年ぶりに荒井由実としてステージに復活。
2015年9月27、28日に東京・渋谷オーチャードホールで行われる音楽イベント「ALFA MUSIC LIVE」に出演。
1970年代を席巻した元YMOの細野晴臣(67)、高橋幸宏(63)、ガロの大野真澄(65)、サーカスらレジェンドたちと夢ステージを繰り広げる。
松任谷由実(旧姓:荒井 由実)

松任谷由実(旧姓:荒井 由実)

1954年1月19日生まれ
愛称はユーミン。 1972年にシングル返事はいらないで荒井由実としてデビュー。他アーティストへの作品提供の際には、本名の他、呉田 軽穂(くれた かるほ)というペンネームを使用する場合もある。
オリコンでは、女性最多となるアルバムミリオン「通算9作」、アルバム首位「通算22作目」の記録を持つ。
「ALFA MUSIC LIVE」

「ALFA MUSIC LIVE」

「ALFA MUSIC LIVE」は、1969年に作曲家、村井邦彦氏(70)が設立した音楽出版社、アルファミュージックの所属アーティストが再集結する音楽イベント。

2015年9月27日(日)、9月28日(月)
OPEN 18:00 / START 18:30
会場:東京都 渋谷 Bunkamuraオーチャードホール
料金:13,000円
出演:荒井由実、大野真澄、加橋かつみ、小坂忠、コシミハル、後藤悦治郎、サーカス、シーナ&ロケッツ、鈴木茂、高橋幸宏、林立夫、日向大介、平山泰代、ブレッド&バター、細野晴臣、村井邦彦、村上“ポンタ”秀一、山本達彦、雪村いづみ、吉田美奈子、松任谷正隆、and more
70年代、同社はユーミンをはじめ赤い鳥、ハイ・ファイ・セット、ガロらを輩出し、ニューミュージックと呼ばれた音楽ジャンルを確立した。77年に独立したアルファレコードからはサーカス、YMO、シーナ&ロケッツらがヒット曲を量産し、日本の音楽界を席巻した。

今回、創始者の村井氏の古希(70歳)を祝って当時の所属アーティストが集まることに。作品のクオリティーの高さ、功績、後年に与えた影響の大きさを再確認し、後世に伝えようと企画された。

ユーミンは72年に荒井由実としてデビューし、「やさしさに包まれたなら」「あの日にかえりたい」などがヒット。
荒井由実のデビュー曲「返事はいらない」

荒井由実のデビュー曲「返事はいらない」

初めは作曲家志望だったが、アルファレコードを設立した村井邦彦の勧めで、1972年7月5日にかまやつひろしがプロデュースしたシングル「返事はいらない」で荒井由実としてデビュー。同シングルは300枚しか売れず、後に幻のデビューシングルと呼ばれるようになる。

荒井 由実 あの日にかえりたい - YouTube

荒井由実(ユーミン) 6枚目のシングル。
1975年10月5日に東芝EMIからリリースされた。
TBS系ドラマ『家庭の秘密』主題歌。当初は別の詞が使われる予定だったが、ドラマの内容にふさわしくないということですべて書き直されたという。その当初の詞はハイ・ファイ・セットの「スカイレストラン」として提供されている。

荒井由実 ユーミンさよなら独身時代 - YouTube

1975年12月にアレンジャー・松任谷正隆と婚約、1976年11月29日に横浜山手教会にて結婚。本人は引退する考えだったが、専業主婦にはなりきれず結婚後の姓に変更して、松任谷由実の名で音楽活動を続行している。
76年の音楽プロデューサー、松任谷正隆氏(63)との結婚を機に松任谷由実になったが、96年に「まちぶせ」をセルフカバーした際に1度だけ荒井由実に戻し、ステージにも立った。
それ以来、19年ぶりの復活になる。

荒井由実 まちぶせ 歌詞 - YouTube

三木聖子への提供曲として作られ、1976年にシングルが発売された。のち、1981年に石川ひとみのカバーシングルが発売され、石川の最大のヒット曲となった。さらに、荒井由実本人によるカバーシングルが1996年に発売されており、他にも多くの歌手によって唄われている。
「ALFA MUSIC LIVE」は村井氏本人がプロデューサーを務め、正隆氏が総合演出。
細野や正隆氏が所属した伝説のバンド『ティン・パン・アレー』と武部聡志バンドが演奏を担当し、豪華アーティストがアルファ時代のヒット曲を披露する。

名曲とともに、パンタロンにハット帽といったユーミンの70年代ファッションも復活しそう。
また、学生だったユーミンが元タイガースの加橋かつみ(67)に提供した楽曲を村井氏が聴き、ユーミンが歌手デビューすることになった秘話など、当時のエピソードを織り交ぜて進行するという。

すでに他界したハイ・ファイ・セットの山本俊彦さん、ガロの堀内護さん、日高富明さん、シーナ&ロケッツのシーナさんをクローズアップするコーナーも設ける予定。
J-POPの源流を探る、歴史に残るライブイベントとなる。
11 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

天才過ぎる!20代前半の荒井由実が他人に提供した名曲たち

天才過ぎる!20代前半の荒井由実が他人に提供した名曲たち

今なお、音楽業界の第一線で活躍を続けるユーミンこと松任谷由実。もともと作曲家としてデビューした彼女は、「荒井由実」と名乗っていた70年代から、その才能を遺憾なく発揮し、数多くのアーティストへ楽曲提供を行ってきました、今回はその中でも特に有名な数曲を紹介していきます。
こじへい | 4,735 view
ジブリ映画の主題歌や自伝本のタイトルにもなった【松任谷由実】の「ルージュの伝言」を振り返る

ジブリ映画の主題歌や自伝本のタイトルにもなった【松任谷由実】の「ルージュの伝言」を振り返る

ジブリの映画「魔女の宅急便」にも使われた名曲「ルージュの伝言」。この「ルージュの伝言」には自伝本があることをご存じでしょうか?また、収録アルバム『COBALT HOUR』についても触れてみたいと思います(^^)/
つきねこ | 469 view
石川ひとみ『まちぶせ』。異例のロングヒットとなったユーミン作詞作曲の名曲

石川ひとみ『まちぶせ』。異例のロングヒットとなったユーミン作詞作曲の名曲

ヒットに恵まれなかった石川ひとみが勝負をかけて11枚目のシングルに選んだ『まちぶせ』。ユーミンが作詞作曲し、1975年には三木聖子が歌ったこの曲を選んだエピソードや、ストーカーっぽい歌詞について当時の動画を交えて紹介。
小さいおっさん | 14,441 view
「あの日にかえりたい」ユーミンがて書き直した題名と歌詞・荒井由実から松任谷由実へ

「あの日にかえりたい」ユーミンがて書き直した題名と歌詞・荒井由実から松任谷由実へ

荒井由実の「あの日にかえりたい」は1975年にヒットした。秋吉久美子が主演したドラマ「家庭の秘密」のテーマ局としてお茶の間に流れた。実はユーミンが書いた、曲の題名と歌詞はダメ出しをされて、当初のものから現在のものに、書き直しされていた。
【荒井由実】松任谷由実がまだ少女だった頃、荒井由実と名乗っていた時代、美しい感性と優れた音楽力は輝いており、人々を惹きつけました。

【荒井由実】松任谷由実がまだ少女だった頃、荒井由実と名乗っていた時代、美しい感性と優れた音楽力は輝いており、人々を惹きつけました。

少女から大人へと変わるほんの少しの間の、キラキラした感性。荒井由実時代の作品には、そんな瑞々しい感性の結晶がいっぱい詰まっています。ユーミンの、当時を振り返っていきたいと思います。
cyomo | 6,935 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト