ジブリ映画の主題歌や自伝本のタイトルにもなった【松任谷由実】の「ルージュの伝言」を振り返る
2018年4月18日 更新

ジブリ映画の主題歌や自伝本のタイトルにもなった【松任谷由実】の「ルージュの伝言」を振り返る

ジブリの映画「魔女の宅急便」にも使われた名曲「ルージュの伝言」。この「ルージュの伝言」には自伝本があることをご存じでしょうか?また、収録アルバム『COBALT HOUR』についても触れてみたいと思います(^^)/

309 view

松任谷由実について

皆さんがご存じの通り、松任谷由実さんの旧姓は荒井由実で、このシングル「ルージュの伝言」が収録されたアルバム『COBALT HOUR』を発売した時は旧姓でした。
多くのアーティストに楽曲提供をされており、その際、呉田 軽穂(くれだ かるほ)というペンネームを使用する場合もあります。
松任谷由実

松任谷由実

夫は松任谷正隆さんで、松任谷由実さんの音楽プロデューサーを務めていますね。
世に多くの名曲を残している松任谷由実さんは、2013年に紫綬褒章を受章されています。納得ですね(^^)/

ルージュの伝言とは

ルージュの伝言は、もともと松任谷由実さんが荒井由実だった頃に発売されたシングルです。
また、松任谷由実さんの自伝となる本のタイトルにもなりました。
そして、皆さんもご存じの通り、ジブリの映画「魔女の宅急便」のオープニングテーマソングとして使われたことにより、その知名度を更に上げましたよね(^^)/
多くのアーティストにカバーされている名曲「ルージュ伝言」。
今回はその「ルージュの伝言」に焦点を当ててみたいとおもいます!

シングル「ルージュの伝言」

ルージュの伝言

ルージュの伝言

作詞は30分で完成したというエピソードがありますが、その歌詞が大変素晴らしい内容ですよね(^^)/
また、この曲ははじめB面になる予定だったとか。それを松任谷正隆さんの提案でA面にしたそうです。
僕は1989年に公開されたジブリ映画『魔女の宅急便』のオープニングテーマソングに起用されるまで、この曲を知りませんでした。1975年の曲だと知った時は、大変驚きましたねぇ

ルージュの伝言 [荒井由実]

収録アルバム『COBALT HOUR』

COBALT HOUR

COBALT HOUR

1. COBALT HOUR
2. 卒業写真
3. 花紀行
4. 何もきかないで
5. ルージュの伝言
6. 航海日誌
7. CHINESE SOUP
8. 少しだけ片想い
9. 雨のステイション
10. アフリカへ行きたい
このシングル「ルージュの伝言」だけではなく、名曲「卒業写真」も収録されている名盤です(^^)/
ちなみに、「卒業写真」はハイ・ファイ・セットへの提供曲であり、卒業ソングとして定番になっていますね!

カバーしているアーティスト

この名曲「ルージュの伝言」は、岡崎友紀(1975年)、手塚さとみ(1976年)、川島なお美(1982年)、つじあやの(2008年)、柴咲コウ(2011年)他、多くのアーティストにカバーされています。
検索してみたところ、Youtubeで見つけられた松田聖子さんとチャラン・ポ・ランタンの動画を載せておきます。ちなみに松田聖子さんの「ルージュの伝言」は、やたらピッチが速いです(笑)

松田聖子の「ルージュの伝言」

松田聖子 ルージュの伝言 / 津軽海峡冬景色(完全版)

チャラン・ポ・ランタンの「ルージュの伝言」

ルージュの伝言 by チャラン・ポ・ランタン

自伝「ルージュの伝言」

33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「あの日にかえりたい」ユーミンがて書き直した題名と歌詞・荒井由実から松任谷由実へ

「あの日にかえりたい」ユーミンがて書き直した題名と歌詞・荒井由実から松任谷由実へ

荒井由実の「あの日にかえりたい」は1975年にヒットした。秋吉久美子が主演したドラマ「家庭の秘密」のテーマ局としてお茶の間に流れた。実はユーミンが書いた、曲の題名と歌詞はダメ出しをされて、当初のものから現在のものに、書き直しされていた。
夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園を「ジブリパーク」に――このたび、愛知県とスタジオジブリが愛・地球博記念公園に開業を目指している「ジブリパーク」の基本デザインがまとまり、2022年度に開業を目指すことで一致したことが明らかとなりました。
隣人速報 | 2,087 view
バンバン「いちご白書をもう一度」鳴かず飛ばずだったばんばひろふみが”最後の曲”として荒井由実へ作詞作曲を懇願した名曲

バンバン「いちご白書をもう一度」鳴かず飛ばずだったばんばひろふみが”最後の曲”として荒井由実へ作詞作曲を懇願した名曲

この記事では、1975年に発売された『バンバン』の「いちご白書をもう一度」について振り返ってみたいと思います。
つきねこ | 1,227 view
石川ひとみ『まちぶせ』。異例のロングヒットとなったユーミン作詞作曲の名曲

石川ひとみ『まちぶせ』。異例のロングヒットとなったユーミン作詞作曲の名曲

ヒットに恵まれなかった石川ひとみが勝負をかけて11枚目のシングルに選んだ『まちぶせ』。ユーミンが作詞作曲し、1975年には三木聖子が歌ったこの曲を選んだエピソードや、ストーカーっぽい歌詞について当時の動画を交えて紹介。
小さいおっさん | 12,215 view
【荒井由実】松任谷由実がまだ少女だった頃、荒井由実と名乗っていた時代、美しい感性と優れた音楽力は輝いており、人々を惹きつけました。

【荒井由実】松任谷由実がまだ少女だった頃、荒井由実と名乗っていた時代、美しい感性と優れた音楽力は輝いており、人々を惹きつけました。

少女から大人へと変わるほんの少しの間の、キラキラした感性。荒井由実時代の作品には、そんな瑞々しい感性の結晶がいっぱい詰まっています。ユーミンの、当時を振り返っていきたいと思います。
cyomo | 6,055 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト