コーネリアス=小山田圭吾の新作ロング・インタビュー!サウンド&レコーディング・マガジン2017年8月号に掲載!
2017年6月14日 更新

コーネリアス=小山田圭吾の新作ロング・インタビュー!サウンド&レコーディング・マガジン2017年8月号に掲載!

小山田圭吾のソロプロジェクト「コーネリアス」が11年ぶりに新作をリリース!リリースに合わせて小山田圭吾氏にロングインタビューを敢行した『サウンド&レコーディング・マガジン2017年8月号』

411 view
サウンド&レコーディング・マガジン2017年8月号

サウンド&レコーディング・マガジン2017年8月号

表紙:コーネリアス(小山田圭吾)
☆細野晴臣/坂本龍一による期間限定リミックス音源ダウンロード・コード付
発売:6月24日
特別定価:1,000円(本体926円+税)
仕様:B5変型判/268ページ
小山田圭吾のソロ・プロジェクト=コーネリアスが、なんと11年ぶりの新作『Mellow Waves』を6月28日にリリースします。

日本のみならず、世界中が待っていたと言っても過言ではないこの歴史的作品の発売に伴い、弊誌では小山田およびマニピュレーターの美島豊明氏にロング・インタビューを敢行。

彼らが日々プロダクションを行っている3-D STUDIOの写真はもちろん、全曲解説&オフショットや、ミキシング・エンジニアの高山徹氏の談話も掲載することで、通常の音専誌とは全く異なる、弊誌ならではの“サウンド”重視の視点から『Mellow Waves』の世界を紐解きます。
 (1879512)

しかも、これだけでは終わりません。コーネリアス新作完成を記念し、さらなる独自企画を展開。まずは小山田の盟友とも言える砂原良徳(元・電気グルーヴ)にこの『Mellow Waves』を聴いてもらい、愛情たっぷりのコメントをいただきました。公私ともに付き合いのある砂原だからこそ言えるその談話に、ニンマリさせられます。
 (1879509)

そして極め付けは、『Mellow Waves』の収録曲を細野晴臣と坂本龍一という巨匠ミュージシャン2人にリミックスしてもらう企画が実現。6月24日~7月25日までの1カ月間、弊誌購入読者はこの2人がそれぞれリミックスしたレア音源(MP3)をダウンロードすることが可能です(ダウンロード用パスコードが付属)。24ページに及ぶコーネリアス新作の記事とともに、弊誌独占リミックス音源をどうぞお楽しみください。
 (1879511)

『サウンド&レコーディング・マガジン2017年8月号』

◎小山田圭吾&美島豊明インタビュー
◎3-D STUDIO全景 & FAVORITE PLUG-INS
◎エンジニア高山徹インタビュー
◎SWITCHBACK STUDIO全景 & Pro Tools Session
◎盟友・砂原良徳が『Mellow Waves』を聴く
☆期間限定MP3ファイル・ダウンロード・コード
「In a Dream remixed by Haruomi Hosono」
「If You're Here re-work by Ryuichi Sakamoto」

 なお、コーネリアスの記事以外も読み応え抜群。注目の8機種を徹底レビューする特集『現在進行形アナログ・シンセ』は54ページにわたる総力企画です。
 (1879515)

また、上映中の人気映画『美女と野獣』のサウンドトラック制作レポートをはじめ、岸田繁、9mm Parabellum Bullet、アン・ダドリー(アート・オブ・ノイズ)などのインタビューも掲載し、音楽クリエイターに有益な情報を満載した号となっています。
 (1879517)

13 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【元フリッパーズ・ギター】小山田圭吾(Cornelius)1998年のマスターピース

【元フリッパーズ・ギター】小山田圭吾(Cornelius)1998年のマスターピース

80年代後半~90年代初頭の渋谷系を牽引したフリッパーズギター(小沢健二&小山田圭吾)が解散し、小山田圭吾はCorneliusとして活動しています。98年に彼が発表した名作アルバム収録のStar Fruits Surf Riderについて振り返ります。
たまさん | 1,260 view
オザケンこと小沢健二が1998年以来のニューシングル「流動体について」を発売!24日にはMステ出演!!

オザケンこと小沢健二が1998年以来のニューシングル「流動体について」を発売!24日にはMステ出演!!

90年代にオザケンとして親しまれた小沢健二が、シングル「流動体について」を発売。1998年1月に発売された「春にして君を想う」以来、19年ぶり。24日には「ミュージックステーション」に出演し「流動体について」と名曲「ぼくらが旅に出る理由」を披露する予定だ。
ファン必見!フリッパーズ・ギターがモデルの小説「ドルフィン・ソングを救え!」1989年の渋谷にタイムスリップした主人公がバンドの解散を防ごうと奔走する!

ファン必見!フリッパーズ・ギターがモデルの小説「ドルフィン・ソングを救え!」1989年の渋谷にタイムスリップした主人公がバンドの解散を防ごうと奔走する!

フリッパーズ・ギターを明らかにモデルとしている小説がある。タイトルは「ドルフィン・ソングを救え!」。フリッパーズ・ギターのラストアルバム「ヘッド博士の世界塔」の1曲目「ドルフィン・ソング/DOLPHIN SONG」が意識されたタイトルとなっている。
ひで語録 | 1,098 view
【カヒミ・カリイ】90年代の渋谷系を代表するカリスマアーティスト。誰もが憧れたサブカル歌姫と、伝説のグループフリッパーズギターの小山田圭吾の関係は?

【カヒミ・カリイ】90年代の渋谷系を代表するカリスマアーティスト。誰もが憧れたサブカル歌姫と、伝説のグループフリッパーズギターの小山田圭吾の関係は?

耳元で囁くようなウイスパーボイスとその見た目の綺麗さで、90年代のお洒落界のトップに君臨した、渋谷系歌姫カヒミ・カリイ。アニメ主題歌やCMソングを作ったこともありました。今ではロハスな生き方をみんなに伝えながら母親になっているようです。小山田圭吾と結婚していたと思っていましたが…?
cyomo | 30,431 view
『小山田圭吾』…フリッパーズ・ギター、コーネリアスで華麗に駆け抜けた90年代

『小山田圭吾』…フリッパーズ・ギター、コーネリアスで華麗に駆け抜けた90年代

小沢健二との伝説のユニット「フリッパーズ・ギター」や、ソロ・プロジェクト「コーネリアス」、2014年からは「METAFIVE」のメンバーとしてワールドワイドに活躍する小山田圭吾(おやまだけいご)についてご紹介します。
gogo-one | 9,492 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト