【元フリッパーズ・ギター】小山田圭吾(Cornelius)1998年のマスターピース
2017年5月30日 更新

【元フリッパーズ・ギター】小山田圭吾(Cornelius)1998年のマスターピース

80年代後半~90年代初頭の渋谷系を牽引したフリッパーズギター(小沢健二&小山田圭吾)が解散し、小山田圭吾はCorneliusとして活動しています。98年に彼が発表した名作アルバム収録のStar Fruits Surf Riderについて振り返ります。

1,254 view

小山田圭吾(Cornelius)のおもひで

たまが、90年代には小沢健二のアルバム「LIFE」収録のラブリーなどもヒットしていて、それを知っていたたまはやっぱり小山田圭吾やフリッパーズギターも知っています。
殆どセットに近い感じです。 
で、その90年代に小山田さんが作った「Star Fruits Surf Rider」という曲にまんまと嵌りました。
口笛や軽やかなアコギが鳴るミニマムで可愛い感じの部分とサビでサウンドが強めになるところなどがツボで今でも聞いております。ミーハーかも(笑)

名曲のシングル

懐かしや8cmシングルですね。この頃にこの曲を作る彼って天才のひとりですよね。。
で、8cmCDSの価格なのですが、サイトによっても区々ですがこの記事に掲載してある価格はコレクターズ価格ですので変動します。

音源を聴こう

Cornelius - Star Fruits Surf Rider

彼の歌声は線が細くソフトリーなものです。熱唱する系の曲もこの頃も勿論少なくというか、無い?ような記憶があります。
電子音楽に傾倒する前は、全体的にアナログに聴こえる内容にその頃の流行りの要素を入れたオルタナティブパンク?ロック?な感じでした。器用なアーティストだからいろいろな要素を取り込んでいた記憶があります。

当時のライブ映像

CORNERIUS/STAR FRUITS SURF RIDER @HEY3

うーん、ミニマムな曲も好物なたまにとって、この番組のステージセットも好きで小山田圭吾のパフォーマンスも仰々しくなく自然体でいいなあ~という記憶が微かにあります(笑)

STAR FRUITS SURF RIDERへの評価

曲の構成もまた簡単ではなくリスナーを楽しませた筈です。それは彼のファンじゃなくても聴いてくれたら思うところだと思います。
評価については単純に国内外から高い評価をされております。
以下がその証左にもなると思われます。

Cornelius - Star fruit surf rider (Damon Albarn remix)

90年代に流行ったBrit Popの代表格に、日本でも人気だったOasis、The Verve、Blur、Radioheadというバンドがあります。
その中にBlurという現在でもGorillazやソロなどで活躍をされているDamon Albarnというフロントマンを抱えるバンドがあり、そのDamonがSTAR FRUITS SURF RIDERのREMIXをされております。
そもそも高い評価をされていないとUKロック勢からのREMIXなんてJ-Popのアーティストがそう易々されるとは思えませんし、聴いていただいたら分かりますが、大金積まれたからやっつけ仕事をしたとも思えません。

不朽の名作「FANTASMA」

STAR FRUITS SURF RIDERが収録されているアルバムも一応載せさせていただきます。
勿論このアルバム自体の評価も玄人からもリスナーからも高いです。
90年代J-Popの不朽の名作と同時にロングセラータイトルです。たまも持っております!!
サイトによっては在庫がなくて、販売価格が変動するような設定になっているのかもしれません。

異例

90年代の小山田圭吾の凄まじいアビリティーとクリエイティビティを感じることのひとつに、マタドール・レコードからも発売をされたというのがあります。
当時も小山田圭吾を知っている人の間で話題になったような気がします。
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

コーネリアス=小山田圭吾の新作ロング・インタビュー!サウンド&レコーディング・マガジン2017年8月号に掲載!

コーネリアス=小山田圭吾の新作ロング・インタビュー!サウンド&レコーディング・マガジン2017年8月号に掲載!

小山田圭吾のソロプロジェクト「コーネリアス」が11年ぶりに新作をリリース!リリースに合わせて小山田圭吾氏にロングインタビューを敢行した『サウンド&レコーディング・マガジン2017年8月号』
【70年代アーティスト】ミュージシャン細野晴臣とコラボした人や楽曲提供先が凄い!

【70年代アーティスト】ミュージシャン細野晴臣とコラボした人や楽曲提供先が凄い!

今ではナレーションなどでおなじみになっていますが、70年代にミュージシャンとして活動していた細野晴臣が関わった人たちが凄いって知っていましたか?YMOだけじゃない細野晴臣がコラボした人たちと楽曲提供した人たちを含めた魅力と才能をクローズアップ!
はんまのまま | 3,294 view
オザケンこと小沢健二が1998年以来のニューシングル「流動体について」を発売!24日にはMステ出演!!

オザケンこと小沢健二が1998年以来のニューシングル「流動体について」を発売!24日にはMステ出演!!

90年代にオザケンとして親しまれた小沢健二が、シングル「流動体について」を発売。1998年1月に発売された「春にして君を想う」以来、19年ぶり。24日には「ミュージックステーション」に出演し「流動体について」と名曲「ぼくらが旅に出る理由」を披露する予定だ。
YMO史上、最も売れた『君に、胸キュン。』アイドル風のPVに驚きを隠せなかった!

YMO史上、最も売れた『君に、胸キュン。』アイドル風のPVに驚きを隠せなかった!

1978年に結成された日本のテクノ・ポップ・グループYMO。彼らの1983年にリリースされた『君に、胸キュン。』。オリコン第1位を目指した楽曲で、それまでのイメージとは異なったアイドル風のPVも斬新だった。槇原敬之らもカバーしている名曲だ。
ひで語録 | 5,568 view
YMO「君に、胸キュン。」は一番売れたシングルなのに、リリース時には解散が決まっていた!?

YMO「君に、胸キュン。」は一番売れたシングルなのに、リリース時には解散が決まっていた!?

日本を代表するテクノミュージックのグループと言えばYMO(イエローマジックオーケストラ)ですよね!数々の名曲がある中で一番売れたシングルは、カネボウ化粧品のCMソングとして作られた「君に、胸キュン。」でした。それなのに、リリースされた時には解散が決まっていたってどういう事なのでしょうか!?この曲について当時のメンバーの心境と共に振り返ってみましょう。
キヌガサダケ | 8,405 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト