日本最初のインディーズレーベル「エレックレコード」。実に錚々たるミュージシャンを輩出しています!
2018年10月31日 更新

日本最初のインディーズレーベル「エレックレコード」。実に錚々たるミュージシャンを輩出しています!

1969年の設立から1976年に倒産するまで、吉田拓郎、泉谷しげる、古井戸、ケメ、海援隊、大瀧詠一にシュガー・ベイブなどなど、数多くのミュージシャンを輩出した日本最初のインディーだったエレックレコード。奇跡としか言いようがありませんね。

408 view

エレックレコード

エレックレコードといえば、吉田拓郎(当時はよしだたくろう)や泉谷しげるが所属していた日本で最初のインディーズレーベルとして知られています。
最初に発売されたアルバムは、広島の各大学のフォークソング団体があつまった広島フォーク村の「古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう」です。
古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう

古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう

1.イメージの詩
2.インターナショナル
3.色どられた世界
4.友よ
5.もしも
6.れんげの唄
7.赤い柿
8.白いこな雪
9.受験生ブルース替え詩
10.マークII
11.波よけさないで
12.ニワトリの小さな幸福
広島フォーク村の中心人物は吉田拓郎で、このアルバムには「イメージの詩」、「マークⅡ」、「にわとりの小さな幸福」の3曲が収められています。
因みにエレックレコードではありませんが、浜田省吾、村下孝蔵、原田真二なども広島フォーク村の出身なんですよ。

フォーク

エレックレコードが軌道に乗るようになったのはやはり吉田拓郎で、1971年6月にリリースされた「よしだたくろう オン・ステージ ともだち」のヒットによるものです。
その後に泉谷しげる、古井戸、佐藤公彦、海援隊、丸山圭子に山崎ハコとフォーク界を代表するミュージシャンが次々と作品を発表していきます。

吉田拓郎の「イメージの詩」や泉谷しげるの「春夏秋冬」などシリアスな名曲も勿論多数ありますが、しかしまぁ、一般的にヒットしたのは抒情派フォークとかではなく、コミックソング的なものが多いんですね。
さなえちゃん

さなえちゃん

作詞・作曲:仲井戸麗市
後にRCサクセションに参加することになるチャボこと仲井戸麗市がやってた古井戸。そのヒット曲「さなえちゃん」。コミックソングではありませんが、カワイイとうかクスッと笑える曲です。
この路線は、ケメこと佐藤公彦のヒット曲「バイオリンのおけいこ」もそうですね。
バイオリンのおけいこ

バイオリンのおけいこ

作詞・作曲:佐藤公彦
泉谷しげるにも「黒いカバン」という笑える曲がありましたし、この時期は笑かしてヒットさせるという手法が盛んだった時期ですね。
その手の最大のヒット曲にして代表曲と言えば、武田鉄矢率いる海援隊の「母に捧げるバラード」をおいて他にはありません。

海援隊 母に捧げるバラード

博多弁が衝撃的でした。
ところで、フォーク界の錚々たるミュージシャンが在籍していたことでレックレコードはシリアスな、若しくは抒情派フォークといった印象が強いように思いますが、最初のレコードがアナウンサー・土居まさるだったことからも伺えるようにホンモノのコミックソングが多数存在するんです。

コミックソング

エレックレコードの本質はコミックソングなんじゃないかと思えるほど、印象的なミュージシャン、曲が多数あります。
その代表格となると「まりちゃんズ」でしょうね。

ブスにもブスの生き方がある

まりちゃんズ
もう、タイトルからしてね(笑)。「ブスにもブスの生き方がある」ということで、女性団体からバッシングされ見事(当然ですね)放送禁止になっています。

他にも、なぎら健壱の「悲惨な戦い」
悲惨な戦い

悲惨な戦い

作詞・作曲:なぎらけんいち (なぎら健壱)
更には、つボイノリオの稀代の迷曲「金太の大冒険」
金太の大冒険

金太の大冒険

作詞・作曲:つボイノリオ
この曲がCDにもなってた事に驚きですが、更にビックリなのがバックを務めてるのは日本を代表するプログレバンドの四人囃子なんです!録音当日は笑い転げて演奏できなかったそうですが、まぁ、当然でしょう。
そんなこんなで、他の追随を許さないエレックレコードを、いえ、日本を代表するコミックソングと言えます。
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

世紀の破天荒男『泉谷しげる』。シャイな男の「コノヤロー」「バカヤロー」は照れ隠し!?

世紀の破天荒男『泉谷しげる』。シャイな男の「コノヤロー」「バカヤロー」は照れ隠し!?

23歳でシンガーソングライターでデビューし、ラジオに、ドラマに、映画に、数多くの作品に出演し、多才な一面を見せつつも、毒舌、乱暴者、奇怪な行動等々話題には事欠かない彼の生きざまを振り返ってみましょう。
ナベゲン | 2,235 view
笑点の座布団運びの『山田くん』の年収が凄いことになっていた!!

笑点の座布団運びの『山田くん』の年収が凄いことになっていた!!

1984年10月7日からそれまでの松崎真さんに代わり、『笑点』大喜利での6代目座布団運び役に就任した山田くん、こと山田隆夫さん笑点のギャラだけでも34年で4億円オーバーとも言われています。
ギャング | 12,941 view
よしだたくろう が吉田拓郎になるまでの5年間。この僅か5年間で日本の音楽シーンは塗り替えられてしまいます

よしだたくろう が吉田拓郎になるまでの5年間。この僅か5年間で日本の音楽シーンは塗り替えられてしまいます

よしだたくろう はデビューしてからの5年間で、日本の音楽シーンを見事なほどに塗り替えてしまいます。それまでのフォークシンガーには成し得なかったポピュラリティを獲得し、アイドルのような存在となり、そして、大人社会にフォークは商売になると知らしめたのです。
obladioblada | 8,176 view
フォークシンガーと呼ばれていた70年代の「泉谷しげる」は、とてもロックの香りがするんです。

フォークシンガーと呼ばれていた70年代の「泉谷しげる」は、とてもロックの香りがするんです。

1971年にギターの弾き語りというスタイルでデビューした泉谷しげる。スタイルこそフォークですが、何故かロックを感じさせます。俳優としても活躍している泉谷しげる ですが、やっぱり歌っているときが最高にカッコいいのです。
obladioblada | 1,432 view
もう伝説と言ってもいいかもしれないですね。カワイイだけではない!80年代のZELDA(ゼルダ)は、今聴いても実に刺激的!

もう伝説と言ってもいいかもしれないですね。カワイイだけではない!80年代のZELDA(ゼルダ)は、今聴いても実に刺激的!

独特な世界観を持ち、ギネスに認定されるほどガールズ・バンドとしては長期間活動していたZELDA(ゼルダ)。カワイイだけではない革新的な音楽性は、今聴いても実に刺激的ですよ。
obladioblada | 4,976 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト