1982年の邦楽ヒット曲 ランキング。売上枚数「年間ベスト10」はこの曲だ!
2019年12月5日 更新

1982年の邦楽ヒット曲 ランキング。売上枚数「年間ベスト10」はこの曲だ!

1982年にはどのような曲が流行っていたのか?売上枚数で見るリアルな年間ベスト10です。改めて振り返ると、聞き覚えのある曲ばかり演歌からフォークまでバランスよく売れているんですよね!

1,813 view

1982年

1982年の重大ニュースと言えば、9月14日にモナコ公国のグレース・ケリー大公妃が自動車事故によって亡くなったことではなかろうかと思います。いや、まぁ、個人的にですがね。
グレース・ケリー

グレース・ケリー

モナコ公妃
在位:1956年4月18日 - 1982年9月14日

全名:Grace Patricia(グレース・パトリシア)
出生:1929年11月12日:アメリカ合衆国、ペンシルベニア州フィラデルフィア

死去:1982年9月14日(52歳没)
それにしても美しいですよねぇ。女性にとってはエルメスの「サック・ア・クロワ」という鞄を愛用していたということでもよく知られていますね。それが有名になって現在ではこの鞄は「ケリー・バック」と呼ばれているほどですから。
男性、というか映画ファンにとってはやはり「裏窓」ではないでしょうか?!

裏窓 - 予告編

アルフレッド・ヒッチコック監督のお気に入りで、女優としてはまさにこれからという時にモナコ大公レーニエ3世と結婚してハリウッドから引退してしまったんです。もっと観たかったなぁ。

さて、そんな1982年。日本の音楽界ではどのような曲がヒットしていたのでしょう?年間売上第10位から順番に見ていきましょう。

第10位 ふられてBANZAI ~ 第9位 情熱・熱風・せれなーで

マッチがジャニーズ事務所に入所したのが1977年。 その後、テレビドラマ「3年B組金八先生」の生徒役で注目されたのが1979年10月。で、歌手としてのデビューは1980年12月、「スニーカーぶる〜す」でいきなり大ヒットを飛ばします。「スニーカーぶる〜す」は、1981年の売上枚数「年間ベスト10」で堂々の第3位。104.7万枚も売り上げています。
そして1982年はと言えば、もう、マッチの年です。先ずは「ふられてBANZAI」が53万枚を売り上げて第10位に入っています。
近藤真彦

近藤真彦

ふられてBANZAI

発売日:1982年3月31日
売上枚数:53.0万枚
当時のマッチと言えば、田原俊彦、野村義男とともに「たのきんトリオ」として大旋風を巻き起こしていました。トシちゃん人気も凄かったですが、レコード売上という面から言うと、マッチはダントツです。
第9位にも55.6万枚を売り上げて、「情熱・熱風・せれなーで」がランクインしていますからね。
近藤真彦

近藤真彦

情熱・熱風・せれなーで

発売日:1982年1月7日
売上枚数:55.6万枚
「ふられてBANZAI」、「情熱・熱風・せれなーで」共に松本隆 (作詞)、筒美京平 (作曲)コンビによるものです。マッチの人気も凄かったですが、この2人も当時は飛ぶ鳥を落とす勢いでヒット曲を量産していました。

Matchy 駅のホームから 情熱☆熱風せれなーで🌙 近藤真彦

う~ん、この動画は音質、画質共に余りよろしくねいのが残念ですが、久しぶりに聴くと「情熱・熱風・せれなーで」、イイ曲ですねぇ。勢いがある人たちが集まって作ると、さすがに良いものになりますね。

第8位 チャコの海岸物語

サザンオールスターズと言えば、説明するまでもなく日本を代表するバンド。その人気、実力共に折り紙付ですね。しかし、そんなサザンオールスターズにもヒット曲に恵まれない時期があったんです。
それは1980年と1981年の2年間で、曲で言うと「涙のアベニュー」「恋するマンスリー・デイ」「いなせなロコモーション」「ジャズマン (JAZZ MAN)」「わすれじのレイド・バック」「シャ・ラ・ラ/ごめんねチャーリー」「Big Star Blues (ビッグスターの悲劇)」「栞のテーマ」ということになります。
なんだよ!名曲ばっかりじゃないか!という声が聞こえてきますが、でも、そうなんです。1982年に入って最初のシングル「チャコの海岸物語」でようやくこのトンネルから抜け出すことになります。
サザンオールスターズ

サザンオールスターズ

チャコの海岸物語

発売日:1982年1月21日
売上枚数:55.7万枚
発売当時は、なんか古臭い曲だなぁと思ったものでしたが、それだけ馴染みやすかったということでしょう。
売上枚数「年間ベスト10」の第8位。この後のシングルは「匂艶 THE NIGHT CLUB」「Ya Ya (あの時代を忘れない)」「ボディ・スペシャル II」と問答無用の名曲が続いて聞くわけです。

第7位 ハイティーン・ブギ

そして第7位は、またまたマッチ!60.7万枚を売り上げた「ハイティーン・ブギ」です。
56 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • I.O 2019/12/26 19:55

    82年はワールドカップサッカーの年でしたが、まだまだ知名度はゼロでした。この年はなんといってもマッチさんが活躍した年で、82年度オリコン年間シングルベストテン内にマッチさんが数曲入っており、この年の同1位は、女子大生デュオ・あみんの待つわでした(ベストテン年間1位は細川たかしさんの北酒場でした)。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする第四弾!「'70'80'90名曲Cover Song Best 永久保存版」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする第四弾!「'70'80'90名曲Cover Song Best 永久保存版」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"で公式プレイリスターとして情報提供しているミドルエッジがお届けする「'70'80'90 Best」シリーズ!今回の第四弾は怒涛の100曲!「'70'80'90 名曲Cover Song Best 永久保存版」です!そこで今回もプレイリストに収録した100曲の一部をライナーノーツ的に紹介します。あんな曲やこんな人が「カバー」をしていたんだ!?と言う曲を懐かしみ、そして新鮮に感じて頂ければありがたいです!是非このラインアップをミドルエッジでご堪能ください。
聴きなおしシリーズ!【1982年・昭和57年】のヒット曲ベスト10を振り返る

聴きなおしシリーズ!【1982年・昭和57年】のヒット曲ベスト10を振り返る

1982年のTOP10には、あのジャニーズの大御所が3曲ラインインしていました!また、サザンオールスターズやあみんなど、時代を象徴するアーティストもランクインされています。さっそく聴きなおしてみましょう(^^)/
つきねこ | 1,774 view
日本を代表する作曲家【筒美京平】の手掛けたシングル売上TOP10

日本を代表する作曲家【筒美京平】の手掛けたシングル売上TOP10

永きに渡り日本の音楽シーンをリードし続けてきた作曲家の筒美京平さん。まさに日本が誇る作曲家ですが、数多くのヒット曲を残してきています。今回はそんな筒美京平さんが作曲したシングルの売上TOP10を振り返ってみたいと思います。
つきねこ | 4,506 view
1975年の邦楽ヒット曲 ランキング。売上枚数「年間ベスト10」はこの曲だ!

1975年の邦楽ヒット曲 ランキング。売上枚数「年間ベスト10」はこの曲だ!

有望な新人が飛び出し、大御所も素晴らしい曲をヒットさせた1975年の邦楽シーン。演歌とポップスのバランスも良く、ヒットチャートを賑わせています。さぁ、売上枚数で見る1975年の邦楽ランキング、ベスト10です。
obladioblada | 1,116 view
サザン、森高千里、90年代にビールのCMソングに起用された8センチシングル

サザン、森高千里、90年代にビールのCMソングに起用された8センチシングル

アサヒ「スーパードライ」、サッポロ「冬物語」、キリン「ラガー」他、ビールを飲みたくなる懐かしいCM映像とともに紹介します

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト